サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ポアンカレ予想(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/26
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/402,98p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-218591-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ポアンカレ予想 (新潮文庫 Science & History Collection)

著者 ドナル・オシア (著),糸川 洋 (訳)

宇宙の形は球体と証明できるのではないか? 1904年、フランスの数学者により提出された幾何学難問が、およそ100年の時を経て証明された。ポアンカレ予想とその証明の背後にあ...

もっと見る

ポアンカレ予想 (新潮文庫 Science & History Collection)

853(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宇宙の形は球体と証明できるのではないか? 1904年、フランスの数学者により提出された幾何学難問が、およそ100年の時を経て証明された。ポアンカレ予想とその証明の背後にある数学の物語を明らかにする。〔「ポアンカレ予想を解いた数学者」(日経BP社 平成19年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

1904年、フランスの数学者アンリ・ポアンカレにより提出された世紀の幾何学難問。「宇宙の形は球体と証明できるのではないか?」さまざまな数学者が挑み続け、ついにグレゴリー・ペレルマンが論文を発表した。およそ100年の時を経て果たされた「ポアンカレ予想」の証明。そこに至る数学を歴史的にひもときながら学べる入門書、待望の文庫化! 『ポアンカレ予想を解いた数学者』改題。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

難解、ではあるけれど。

2017/02/22 08:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

文系上がりの私が先日、興味本位で手に取った「フェルマーの最終定理」と言う本。これが意外にも楽しく読めてしまい、数学の面白さとロマンを改めて認識させられることになった。そこで調子に乗ったわけではないけれど、続いて手に取ってみたのが本作品「ポアンカレ予想」。フェルマーの最終定理と並んで稀代の難問とされていると言うことくらいは知っていた。位相幾何学を扱ったこの難問、さて読んでみて率直な感想を言えば、非常に難解だった。内容は一割も理解し得なかったかも。この作品のテーマとなるポアンカレ予想、すなわち「単連結な3次元閉多様体は3次元球面 S3 に同相である」を少しでも理解できるなら…うーん、高校レベルの数学をしっかりと理解してきた人ならそれなりに理解はできるのかも。私にはちょっとハードルが高すぎたかも。でもつまらなかったかと言えば、これまた数学の面白さとロマンを十二分に感じさせてくれ楽しく読めた。100年もの間多くの数学者が挑戦し跳ね返されて、とうとうペレルマンによって証明されるまでのドラマはやはり胸熱くなる。誰にでもオススメってわけにはいかないけれど、数学の面白さやロマンを感じてみたいと言う方は、ちょっとした覚悟を持って(笑)挑戦してみては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/28 07:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/25 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/06 22:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 10:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/10 14:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/15 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る