サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 作家の聖別 一七五〇−一八三〇年 近代フランスにおける世俗の精神的権力到来をめぐる試論

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

作家の聖別 一七五〇−一八三〇年 近代フランスにおける世俗の精神的権力到来をめぐる試論
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.2 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2015/01/08
  • 出版社: 水声社
  • サイズ:22cm/687p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8010-0028-5
  • 国内送料無料

紙の本

作家の聖別 一七五〇−一八三〇年 近代フランスにおける世俗の精神的権力到来をめぐる試論 (フランス・ロマン主義)

著者 ポール・ベニシュー (著),片岡 大右 (訳),原 大地 (訳),辻川 慶子 (訳),古城 毅 (訳)

19世紀前半、宗教的権力に代わり、世俗的な聖職者たらんとした詩人、文学者たちの「聖別」の過程を追い、文学がいかに高い精神的職務を担うよう求められるに至ったのかを論じる。フ...

もっと見る

作家の聖別 一七五〇−一八三〇年 近代フランスにおける世俗の精神的権力到来をめぐる試論 (フランス・ロマン主義)

8,640(税込)

ポイント :80pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀前半、宗教的権力に代わり、世俗的な聖職者たらんとした詩人、文学者たちの「聖別」の過程を追い、文学がいかに高い精神的職務を担うよう求められるに至ったのかを論じる。フランス・ロマン主義を解明するシリーズ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ポール・ベニシュー

略歴
〈ポール・ベニシュー〉1908〜2001年。アルジェリア生まれ。長くフランスで中等教育に携わった後、ハーヴァード大学に招かれフランス文学及びスペイン口承文学を講じた。著書に「偉大な世紀のモラル」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

力作

2015/10/10 17:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:匿名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

図書館で借りて読んだのですが、フランスでは「作家」をめぐる研究がとても進んでますねえ。続刊にも期待してます。絶版になりませんように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む