サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

福澤諭吉とフリーラヴ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/28
  • 出版社: 慶應義塾大学出版会
  • サイズ:20cm/260,8p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7664-2116-3
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

福澤諭吉とフリーラヴ

著者 西澤 直子 (著)

愛情を最優先する自由愛情を理想としながらも、偕老同穴を説いた福澤諭吉の真意とは。士族授産や女性教育といった「家」の変容を促す試みの実態を解明し、明治政府の政策や同時代の家...

もっと見る

福澤諭吉とフリーラヴ

3,024(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

愛情を最優先する自由愛情を理想としながらも、偕老同穴を説いた福澤諭吉の真意とは。士族授産や女性教育といった「家」の変容を促す試みの実態を解明し、明治政府の政策や同時代の家族論と比較。福澤のあらたな側面に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

自由愛情(フリーラヴ)か、偕老同穴か
福澤諭吉が新しい家族の姿に托した希望とは何か。
近代家族のゆくえを探る!

▼近代社会における新しい家族の姿はどうあるべきなのか。人びとの一生を左右する「家」をどのように考えるのか。「一身独立」した生き方を男女に説いた福澤諭吉の答えは、しかし曖昧に見える。愛情を最優先する「自由愛情(フリーラヴ)」の世界を理想としながらも、現実には「偕老同穴(かいろうどうけつ)」を説いた福澤の真意はどこにあったのだろうか。士族授産や女性教育といった「家」の変容を促す知られざる試みの実態を解明するとともに、論説を詳細に検討し、明治政府の政策や同時代の家族論と比較。さまざまな機会に揺れ動く姿を描きだし、両性関係と家族のゆくえを見つめ続けた福澤諭吉のあらたな側面に迫る。【商品解説】

目次

  • はじめに
  • <b>第一章 福澤諭吉の近代化構想と家族</b>
  •  一、 西洋の家族と日本の「家」
  •  (一) 『西洋事情』に描かれた家族
  •  (二) 江戸時代の「家」 ―― 福澤家を事例に
  •  二、 近代化への道程
  •  (一) 一身独立から一家独立、一国独立へ
  •  (二) 「一身独立」とはなにか
  •  (三) 「家」の変容

著者紹介

西澤 直子

略歴
〈西澤直子〉1961年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。慶應義塾福澤研究センター教授。著書に「福澤諭吉と女性」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本 ランキング

日本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む