サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 甘城ブリリアントパークメープルサモナー 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

甘城ブリリアントパークメープルサモナー 1(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

甘城ブリリアントパークメープルサモナー 1 (富士見ファンタジア文庫)

著者 賀東 招二 (原案・監修),八奈川 景晶 (著),なかじま ゆか (イラスト)

「甘城ブリリアントパーク」そこは魔法の王国メープルランドからやって来た本物の妖精たちが働く遊園地。キャストたちは、傾いた経営を立て直すため、日夜奮闘していた。ところが―甘...

もっと見る

甘城ブリリアントパークメープルサモナー 1 (富士見ファンタジア文庫)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

甘城ブリリアントパーク メープルサモナー1

617(税込)

甘城ブリリアントパーク メープルサモナー1

ポイント :5pt / 紙の本より9おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「甘城ブリリアントパークメープルサモナー 1」が含まれるセット商品

商品説明

「甘城ブリリアントパーク」そこは魔法の王国メープルランドからやって来た本物の妖精たちが働く遊園地。キャストたちは、傾いた経営を立て直すため、日夜奮闘していた。ところが―甘ブリの隅っこにあるおみやげ屋。そこは、仮想敵国の転覆を狙う魔法の共産主義国家“ポ連”の前線基地となっていた!!ポ連軍の成金大佐ニャーソンや、下っ端軍人・紅衣はるの、ただのバイト宗方東司の目的とは、モッフルを打倒し、ニャーソンをNo.1マスコットにすること!?ムチャな任務を与えられてしまった破壊工作員たちの物語がいまはじまる―!?【「BOOK」データベースの商品解説】

ホイップ社会主義共和国連邦とメープルランド王国は、ライバル意識を100年も持ち続けていた。通称ポ連の下っ端軍人・はるのは、不可解な任を受ける。それは「甘ブリ」での極秘工作活動であった! 甘ブリのスピンオフ外伝。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/11 19:01

投稿元:ブクログ

 甘城ブリリアントパークの外伝であり、パーク内にファンシーショップを置く、メープルランドと敵対関係にあるポ連の人々と、ショップでバイトとして働く東司を描いた掌編集である。
 これは、どこまで真面目にレビューを書くべきなのかと、わりと本気で悩んでしまう。どこから手を付けていいのかも、ちょっとわかりかねるというか。
 まず、本編とのリアリティの差が大きすぎる。特に本編の五巻を読んでからこちらを読んでいるために、キャストとゲストの関係や効率と満足度の問題にどう折り合いを付けるかタフな選択を迫られていた本編に比べ、こちらではゲストは所詮端役、女の子を描くための舞台背景に過ぎないという落差は、困惑以外に言うべき言葉が見つからない。
 内容にしても、あまりに薄い。無防備なヒロインに対して接触を拒否する主人公、という図式は、もうこれまで何百回とライトノベルで繰り返されてきた形式であり、そこに工夫がないのはさすがに不味かろう。
 ギャグ物として考えても、ニャーソンというキャラクターに嫌われ役を押し付ける形式のギャグはあまり感心しないところだ。主人公によるツッコミの濫造がなされていて、緩急がない。これもまた、ライトノベルではよくよく見られる、それもあまりよろしくない類のものである。
 連作として見た場合、全体の展開が繋がっていないのも問題だろう。例えば、杏子がバイトを始めたところも「始めました」と地の文で記述して終わりでは、あまりにあまりである。そこに到る展開を描くのが、物語ではないか。

 せめてキャラクターに魅力があれば、もう少し好意的に読めたかもしれないが、その点であってさえ本編に見劣りしている。日常を描く物語において、この欠点は致命的だ。
 終始真顔で読むこととなったこの一冊は、イラストも加味して星三つと評価しておくことにする。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む