サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

光の河
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/03
  • 出版社: 潮出版社
  • サイズ:20cm/318p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-267-01965-4
  • 国内送料無料

紙の本

光の河

著者 道浦 母都子 (著)

ヒロシマ、チェルノブイリ、そして福島。「核」の歴史に翻弄された女性歌人が歩んだ道。生きるとはなにか−、死とはなにか−。旅路の先にある人間の「根源」に迫る。万感こもる長編小...

もっと見る

光の河

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヒロシマ、チェルノブイリ、そして福島。「核」の歴史に翻弄された女性歌人が歩んだ道。生きるとはなにか−、死とはなにか−。旅路の先にある人間の「根源」に迫る。万感こもる長編小説の傑作。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

道浦 母都子

略歴
〈道浦母都子〉1947年和歌山県生まれ。歌人。早稲田大学在学中の71年短歌結社『未来』に入会。近藤芳美に師事。歌集「無援の抒情」で第25回現代歌人協会賞を受賞。ほかの著書に「百年の恋」。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/29 07:51

投稿元:ブクログ

歌人・道浦母都子氏の小説。
自伝的小説なのか? 結婚、離婚、そして再会、愛。
現実にはひとつになれないふたりを結びつけるもの、それは被曝による癌。
ひとりは広島。そして、もうひとりはチェルノブイリ、福島で。
ひとりは、癌によってだんだん弱っていく。そしてもうひとりはインドに旅たち生を捜しつづける。
結構動きがある筋書きなのだが、文章は一環して淡々としている。ふたりの生の流れを書き留めているが、小説としての結論はない。

2014/12/26 19:35

投稿元:ブクログ

人生は旅。
人生は誰でも渡る橋。
私は自分の死にさえも愛を感じる。

 旅路の先で・・・人間の「根源」に迫る。
 歌人、道浦母都子が綴る長編小説。

 歌人、遙子は不安に苛まれていた。
 思い返せば波乱の人生だった。
 大学時代の学生運動での逮捕。短歌の道を志すが、夫との不和で離婚。
 ヒロシマの地で出会った人々。歌人として目の当りにしたチェルノブイリ。

 偶然再会した ―― 自分は気付かずにいたが、恐らくは愛していたであろう ―― 男性から「被曝二世」で甲状腺ガンの末期だと告白される。

「あなたを愛してもいいのかしら」

 そして、東日本大震災と福島の原発事故。やがて遙子は“彼”と同じ甲状腺ガンに。
 これは運命なのか――、それとも……。

 貴方に、届けたい「歌」がある。ヒロシマ、チェルノブイリ、そして福島。

 「核」の歴史に翻弄された女性歌人が歩んだ道。
 生きるとはなにか――。死とはなにか――。
 自らの「いのち」を見つめ、遙子は仏教生誕の地インドへと誘われる。
 ガンジス、そこで彼女が見たものとは――。

日本の詩 ランキング

日本の詩のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む