サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 放射線医が語る福島で起こっている本当のこと

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと(ベスト新書)
放射線医が語る福島で起こっている本当のこと(ベスト新書) 放射線医が語る福島で起こっている本当のこと(ベスト新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/04
  • 出版社: ベストセラーズ
  • レーベル: ベスト新書
  • サイズ:18cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-584-12448-2
  • 国内送料無料
新書

紙の本

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)

著者 中川 恵一 (著)

日本はリスクを避けようとして、リスクに向かって突き進んでいる! 避難などで増える震災関連死、「美味しんぼ」の罪…。放射線医・中川恵一が、行き過ぎた“ゼロリスク幻想”に警鐘...

もっと見る

放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本はリスクを避けようとして、リスクに向かって突き進んでいる! 避難などで増える震災関連死、「美味しんぼ」の罪…。放射線医・中川恵一が、行き過ぎた“ゼロリスク幻想”に警鐘を鳴らす。玄侑宗久との対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中川 恵一

略歴
〈中川恵一〉1960年東京生まれ。東京大学医学部医学科卒業。同大学医学部附属病院放射線科准教授。著書に「放射線のひみつ」「がんの練習帳」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2015/05/12 10:56

投稿元:ブクログ

有名な御用学者だと知っていたけれど、読んだ。
うちも福島出身で避難移住をした。
元からメンタル強いからニコニコ移住生活を楽しんでいる♪

もう、コレ本当胸くそ悪い本。老害。
対談も胸くそ悪い。老害。

チェルノブイリ、広島、福島、、苦しんでいる人はたくさんいるのに。。

でも、こういう本も読んでおかないと~と
イッライラしながら読了!!
ストレスでガンになりそう♪

御用学者を1列に立たせて
キヨシロウの「サマータイムブルース」と「ラブミーテンダー」を御用学者たちが『もう勘弁して下さいぃぃ』と泣くまで聞かせたい。キヨシロウ、生き返ってぇぇ\(^▽^)/

2014/10/24 10:27

投稿元:ブクログ

本書は、現状福島で放射線によるガンは増えないが、無理な避難生活によるストレス等が原因でガンになる、避難生活での生活習慣こそが問題、豊かさと寿命は関係がある、原子力を止めたままだと化石燃料を使うしかなく貿易赤字も膨らみまたエネルギー問題で日本が貧しくなり、また地球環境も悪くなり、地球規模で考えたら先進国が扱いにくい原発を使う必要がある、完璧主義的にリスクのある物はダメだというのではなく、相対的に考えてリスク管理をしっかりしながら原発を上手く使ったほうが人類全体の為になるのでは、という意見です。著者は放射線医なので現在過度に福島での放射線が問題視されていることに「本当のこと」を言う説得力がありますが、では今後原発を使ったほうがいいのかどうなのかなど、政治問題もあるしどこまで代替エネルギーの可能性があるのかなどもあるし、原発を使い続けるのを良しとする意見には素直には同意出来ません。
そんな事を考えていたらニュースで九州電力地域では買い取り問題こそあるものの、太陽光発電量が電力の必要量を上回っていると言うではありませんか。他の地域ではまだそこまでてはないにしても代替エネルギーとして太陽光発電でまかなえるというのは十分考えられる話で、この本に書いてあるように、原発が使えないなら従来の化石燃料しかなく、それは問題なのでリスクをとっても原発をやったほうが総合的にいいという意見にはやはりすぐには賛成出来ません。あくまでも現在過度に福島での放射線を怖がる必要はないよ、という放射線医の意見として読ませてもらいます。エネルギー問題についてはまた別に考えるべきと思います。

2014/12/13 06:19

投稿元:ブクログ

福島の人に放射能汚染によるガンの増加は見られないが、避難生活のストレスに依ってガンが増えているという事実。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む