サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 哲おじさんと学くん 世の中では隠されているいちばん大切なことについて

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

哲おじさんと学くん 世の中では隠されているいちばん大切なことについて(日経プレミアシリーズ)
哲おじさんと学くん 世の中では隠されているいちばん大切なことについて(日経プレミアシリーズ) 哲おじさんと学くん 世の中では隠されているいちばん大切なことについて(日経プレミアシリーズ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

哲おじさんと学くん 世の中では隠されているいちばん大切なことについて (日経プレミアシリーズ)

著者 永井 均 (著)

自分をとりまく社会の成立に不思議さを感じる学くんの問いに、哲おじさんが答えることが、さらなる問いを生む。独自の哲学的問題をめぐる議論を対話形式で展開する。『日本経済新聞』...

もっと見る

哲おじさんと学くん 世の中では隠されているいちばん大切なことについて (日経プレミアシリーズ)

918(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分をとりまく社会の成立に不思議さを感じる学くんの問いに、哲おじさんが答えることが、さらなる問いを生む。独自の哲学的問題をめぐる議論を対話形式で展開する。『日本経済新聞』朝刊連載に書き下ろしを追加。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

永井 均

略歴
〈永井均〉1951年東京生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位所得。日本大学文理学部教授。専攻は哲学・倫理学。著書に「転校生とブラック・ジャック」「哲学の賑やかな呟き」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

哲学は悟れない

2015/08/28 14:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LOW-FI - この投稿者のレビュー一覧を見る

「本書は(略)哲学入門書の類ではない。対話体をとって(略)哲学的議論を展開した、純然たる哲学書であり、私のこれまでの議論を一歩進めたものである」(前書きより)

前半が日経新聞で連載、後半は書下ろし。新聞連載という制約された文字数を踏襲し、各話が見開き2ページに収まっている。新聞連載時の読者は途中で放り出されたような感じだったのかもしれないが、書下ろし部分になってもさらに問題に執拗に「ひたりついた」ままである。しかし、ようやく最後の方では全体の見通しが付いてくる。連載時に気になっていた人は、改めて通読すべき。

『<子ども>のための哲学』で示された「私」と「悪」の二大問題、『私・今・そして神』で示された「私」と「今」の関係について、今までよりもさらに大きな視点からの思考が続けられる。もちろん「結論」などない。著者はただ、各自が自分で考えるための一つのやり方を模範演技してくれているにすぎない。

考えることは楽しい。学くんは哲おじさんから離れて行ってしまうが、悟じいさんの境地に行ってしまっては、「生まれて生きた甲斐」がないというものではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/23 21:17

投稿元:ブクログ

哲学の前知識なし、全く興味が無かった自分にはピッタリと思い読んでみた。でも堅い、読んでも頭に響かない。最後まで読んだけど、わからん。もしかすると、わからない事がわかったのかもしれない。

2015/02/19 20:05

投稿元:ブクログ

評価しないっていうか、評価できない。これまでに何冊かは永井氏の著作は読ませていただいているけれど、これまでで一番、なんというか手応えがない。難しいとも言えるし、珍粉漢粉だとも言えるけれど、面白くないかと言われたら、なんだかんだで読み終わってしまっているので。
なんとなく10年後とかに本棚でふと目に留まってもう一度読み返す、そんな本である気がする(その時もきっと珍粉漢粉だろうけれど)。

2014/12/14 20:42

投稿元:ブクログ

哲おじさんの元にとどまるには稀有な才能が必要なのだろう。人生の価値を感じたい人はどうしても悟じいさんの方へ寄ってしまう。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む