サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 宗教学名著選 第2巻 比較宗教学の誕生

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

宗教学名著選 第2巻 比較宗教学の誕生
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/07
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:22cm/629,15p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-336-05689-4
  • 国内送料無料

紙の本

宗教学名著選 第2巻 比較宗教学の誕生

著者 島薗 進 (編集委員),奥山 倫明 (編集委員),江川 純一 (編集委員),フリードリヒ・マックス・ミュラー (著),松村 一男 (監修),下田 正弘 (監修),山田 仁史 (訳),久保田 浩 (訳),日野 慧運 (訳),鶴岡 賀雄 (編集委員),山中 弘 (編集委員),深澤 英隆 (編集委員)

宗教研究にはじめて「比較」という方法を取り入れ、近代宗教学の祖となったミュラー。代表作「宗教学序説」をはじめ、神話研究の古典である「比較神話学」、当時の東洋研究の水準を示...

もっと見る

宗教学名著選 第2巻 比較宗教学の誕生

7,344(税込)

ポイント :68pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

宗教研究にはじめて「比較」という方法を取り入れ、近代宗教学の祖となったミュラー。代表作「宗教学序説」をはじめ、神話研究の古典である「比較神話学」、当時の東洋研究の水準を示す仏教関係の論文など全8篇を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

宗教研究にはじめて「比較」という方法を取り入れ近代宗教学の祖となったミュラー。宗教学を学ぶものがつねに参照すべき文献としてあまりにも有名な代表作『宗教学序説』をはじめ、神話研究の古典である『比較神話学』、当時の東洋研究の水準を示す仏教関係の論文など全8篇を収録。【商品解説】

収録作品一覧

比較神話学 山田仁史 訳 5−148
『宗教学論集』序文 山田仁史 訳 149−168
神話の哲学について 山田仁史 訳 169−210

著者紹介

島薗 進

略歴
1823年ドイツ、デッサウに生まれる。ライプツィヒ大学、ベルリン大学、パリ大学を経てイギリスに渡り、オックスフォード大学教授となる。1900年オックスフォードにて没。『リグ・ヴェーダ』テキストの校訂や宗教学、仏教学、比較神話学などの新分野の開拓者、そして『東方聖典叢書』の編纂者などの多彩な学術的活動により19世紀イギリスにおいて極めて著名であった。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/16 19:56

投稿元:ブクログ

宗教研究にはじめて「比較」という方法を取り入れ近代宗教学の祖となったミュラー。宗教学を学ぶものがつねに参照すべき文献としてあまりにも有名な代表作『宗教学序説』をはじめ、神話研究の古典である『比較神話学』、当時の東洋研究の水準を示す仏教関係の論文など全8篇を収録。