サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応
国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応 国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/20
  • 出版社: 同文舘出版
  • サイズ:21cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-495-46501-8
  • 国内送料無料

紙の本

国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応

著者 山口 利昭 (著),井上 朗 (著),龍 義人 (著)

実際に企業で米国司法省との厳しい対応を経験した元担当者と専門家である弁護士との対談をもとに、国際カルテル事件への日本企業の対応を紹介する。対談のレビューや解説、国際カルテ...

もっと見る

国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

実際に企業で米国司法省との厳しい対応を経験した元担当者と専門家である弁護士との対談をもとに、国際カルテル事件への日本企業の対応を紹介する。対談のレビューや解説、国際カルテルの脅威を伝えるメッセージも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山口 利昭

略歴
〈山口利昭〉山口利昭法律事務所代表。弁護士。公認不正検査士。著書に「法の世界からみた会計監査」など。
〈井上朗〉ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)パートナー。弁護士。法学博士(中央大学)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今までにはなかった素晴らしい実務本!法律本ではない!

2014/11/02 00:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NO DOJ - この投稿者のレビュー一覧を見る

米国を中心に、しかしEUにも簡潔に言及した実務本!
これまで独禁関係の本はたくさんあったが、どれも小難しい法律解説本ばかりで、実務にはそれほど役には立たない単なる理論本だった。しかしこれは違う!!
実際に国際カルテルに巻き込まれると、米国の刑事や民事、あるいはEUでの手続等でどれほど痛い目に合うかが本当に詳しく書かれてある。しかも対談形式がほとんどなので、たいへん読みやすく、わかりやすく、しかし読み終わったら自然と最低限必要な法律知識や実務対応等が頭に入っている。値段のわりに読みごたえが十二分にあり、現在および将来、国際的にビジネスを行う経営者や役職員にはまさに「最高の指南書」、「これまでにはない大変素晴らしい実務本」、「必読の書」と言えよう。
カルテルをめぐる今後の世界の状況を考えると、すべての会社の経営者や役職員が、一度は目を通すべき本とさえ言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/29 19:43

投稿元:ブクログ

 先週の土曜日のニュースで、26日に米司法省(DOJ)が海運大手の川崎汽船が運賃に関する価格不正操作で罰金74億円支払いに同意と言う記事があった。自動車部品業界でビシビシ取り締まりの対象にあい、多額の罰金場合によっては関係者が懲役刑も課されるという厳しい事態に陥ることもある。

 そんな国際カルテルに対する日本企業の対応の甘ちゃんぶりに警鐘を鳴らすのが今回の著者たちだ。実際にDOJとの対応をして苦労をした経験が書かれているだけにこれから対象になるあるいはもうすでに対象になり始めている企業の方には参考になる。

 読んでいて驚いたのが、DOJから質問をしたいということで対応したのがある企業の子会社の日本人幹部社員。その社員は、弁護士と綿密に協議して同伴で聞き取り捜査に対応しないで、「大丈夫だから」と1人で質問に応じたとある。きっと、話せばわかる、自分から調査に協力するのだから悪いようにはしないなんて言う妄想を抱いていた可能性がある。著者は、「日本人らしい対応をしてしまうこと」は、後で取り返しのつかないことになる可能性があるので、弁護士に相談して指示を仰ぐと言った対応をしないとまずいと述べている。

 アメリカの独占禁止法に関する本や雑誌の特集を見ていると著者も指摘しているが、調査の対象で行われる「ディスカバリ」あるいは「eディスカバリ」と言う作業を中心にして書かれているものが多いと指摘している。

 確かに、ディスカバリは、対象となる人物(カストディアン)のパソコン、手帳、書類をかき集めて、後は弁護士の指示のもとにキーワードで必要な情報を検索して「仕分ける」ので、時間と費用が掛かるのは事実だ。しかし、著者が指摘しているように、「現実には、被害を受けたと主張する私人の損害賠償請求訴訟の対応が重要」である。あまり「発掘調査」にばかり気を取られると肝心な点、訴えらえた企業や対象となっている社員の負担を軽減するところがかすんでしまう可能性があるので注意が必要になる。

 最近では、あらかじめ不正を予測する装置を開発していて宣伝している企業がある。未然に防ぐ、あるは最小限度にダメージを防ぐにはいいが、宝の持ち腐れになってしまう可能性がある。結局テクノロジーではなく、それを使いこなす人間がしっかりしていないと東京電力のようになってしまう。そういう意味でも、外国に支社や子会社を持っている企業の法務部や経営者には一読していただきたい本だ。

川崎汽船に罰金74億円、海運カルテルで米司法省

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140927/fnc14092708320003-n1.htm

2015/09/28 19:13

投稿元:ブクログ

必要な人以外は手に取ることはないだろうけれど、必要な人が見つけたらこれ以上はない、というくらい実用的な本。
どれだけ本気で対策をしなければならないのか、もしくはちょっと気を抜くとどのような目に遭うのかが痛いほどわかる本。

2014/10/27 18:46

投稿元:ブクログ

これは読み応えのある本でした。対談の内容に迫力があるのはもちろん、解説編2のメッセージが強烈で勉強になりました。

2015/02/27 11:58

投稿元:ブクログ

山口先生と、米国州弁護士としてカルテル被疑の現場マネジメントに携わる龍氏の対談形式。

司法取引のエゲつなさに思わず「それが法的正義を担う検察官たる司法省のすることですか!」と山口先生も絶叫。 それもその筈。米国でのカルテル調査は司法省のみならずFBIも動く案件、Felony として殺人に並ぶ一級の犯罪として取り扱われるからだ。 生産者も消費者も一緒になって負担しよう という信頼ベースの経済とは、土台が違うことを知らねばならない。

現場を数多く経験した人のコトバはハラワタを掴むような説得力がある。大変ためになりました。

ビジネスの法律 ランキング

ビジネスの法律のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む