サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応
国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応 国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/20
  • 出版社: 同文舘出版
  • サイズ:21cm/227p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-495-46501-8
  • 国内送料無料

紙の本

国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応

著者 山口 利昭 (著),井上 朗 (著),龍 義人 (著)

実際に企業で米国司法省との厳しい対応を経験した元担当者と専門家である弁護士との対談をもとに、国際カルテル事件への日本企業の対応を紹介する。対談のレビューや解説、国際カルテ...

もっと見る

国際カルテルが会社を滅ぼす 司法取引、クラスアクションの実態と日本企業の対応

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

実際に企業で米国司法省との厳しい対応を経験した元担当者と専門家である弁護士との対談をもとに、国際カルテル事件への日本企業の対応を紹介する。対談のレビューや解説、国際カルテルの脅威を伝えるメッセージも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山口 利昭

略歴
〈山口利昭〉山口利昭法律事務所代表。弁護士。公認不正検査士。著書に「法の世界からみた会計監査」など。
〈井上朗〉ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)パートナー。弁護士。法学博士(中央大学)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今までにはなかった素晴らしい実務本!法律本ではない!

2014/11/02 00:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:NO DOJ - この投稿者のレビュー一覧を見る

米国を中心に、しかしEUにも簡潔に言及した実務本!
これまで独禁関係の本はたくさんあったが、どれも小難しい法律解説本ばかりで、実務にはそれほど役には立たない単なる理論本だった。しかしこれは違う!!
実際に国際カルテルに巻き込まれると、米国の刑事や民事、あるいはEUでの手続等でどれほど痛い目に合うかが本当に詳しく書かれてある。しかも対談形式がほとんどなので、たいへん読みやすく、わかりやすく、しかし読み終わったら自然と最低限必要な法律知識や実務対応等が頭に入っている。値段のわりに読みごたえが十二分にあり、現在および将来、国際的にビジネスを行う経営者や役職員にはまさに「最高の指南書」、「これまでにはない大変素晴らしい実務本」、「必読の書」と言えよう。
カルテルをめぐる今後の世界の状況を考えると、すべての会社の経営者や役職員が、一度は目を通すべき本とさえ言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/29 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/28 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/27 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/27 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ビジネスの法律 ランキング

ビジネスの法律のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む