サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 「情」と「理」話し方の法則 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「情」と「理」話し方の法則 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない
「情」と「理」話し方の法則 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない 「情」と「理」話し方の法則 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/10
  • 出版社: 三笠書房
  • サイズ:19cm/238p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8379-2555-2
  • 国内送料無料

紙の本

「情」と「理」話し方の法則 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない

著者 岩田 松雄 (著)

いいコミュニケーションには、「情=話す人の人間性」と、「理=相手にわかりやすい伝え方」のバランスを意識することが大切。ザ・ボディショップなど3社のCEOを務めた著者が、「...

もっと見る

「情」と「理」話し方の法則 「言葉」は不器用でも、足りなくてもかまわない

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

いいコミュニケーションには、「情=話す人の人間性」と、「理=相手にわかりやすい伝え方」のバランスを意識することが大切。ザ・ボディショップなど3社のCEOを務めた著者が、「情」と「理」の「伝え方」を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

相手は、話す人の「すべて」を見て、聞いている。
だからこそ、コミュニケーションには、
【情】(話す人の人間性)と
【理】(相手にとってわかりやすい伝え方)
が常に求められているのです。 ――著者

「スターバックス」「ザ・ボディショップ」
元CEOが初めて明かす、
「人を動かす」「強い信頼関係をつくる」26の実践法。

◎その「行動」がメッセージを発している
◎「口に出す前」に自分に問いかける2つのこと
◎常に意識すべきは「状況・相手・内容」
◎会議は「いい話」から始める
◎互いの理解の「ずれ」をなくす一番の方法

「伝える」が「伝わる」に変わると人間関係に恵まれ、
あなたの“ミッション”は必ず実現する!【商品解説】

著者紹介

岩田 松雄

略歴
〈岩田松雄〉1958年生まれ。大阪大学経済学部卒業。リーダーシップコンサルティング設立。著書に「ミッション」「スターバックスCEOだった私が社員に贈り続けた31の言葉」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/20 10:34

投稿元:ブクログ

一人で成果を出す事は難しい。そしてこれからは、もっと難しくなっていくだろう。
その反面、他人と協力して成果を上げていく割合が増えていくことにって来ている。
その為、他人に対して自分の要求を伝え、意図した成果を出して貰うように行動をしてもらうよう、相手に自分の意図や情報が「伝わる」事がますます重要になってくる。

そのために、「何」を言うかよりも、「誰」がいうか。つまり「話す人の人間性」を「情」。
そして、「どのように」伝えるか、つまり「相手に分かりやすい伝え方」を「理」と定義して両方のコミュニケーション力を意識する事が大きな成果を出す人に必須だと説いている。

リーダーは役割であり、地位ではない。
リーダー湿布を発揮する場合、リーダーと言う役割を「演じる」事が必要と言う主張は、リーダーとなる人は先天的な能力があるわけではなく、スキルであるというのは非常に力となった。
今後仕事でもプライベートでも意識してリーダーを演じる事が出来る様に行動したいと思った。

気に入ったフレーズ
リーダーシップとは人に影響を与える事であり、そこで重要な事は「to do good」より「to be good」
口に出す前に「自分は何を伝えたいのか?」「相手は何を知りたがっているのか」を自分自身に問いかける。
本質おいて一致、行動において自由、全てにおいて信頼

2014/12/06 22:59

投稿元:ブクログ

話し方をはじめとするコミュニケーションの本です。
コミュニケーションは、相手に「伝える」のではなく「伝わる」ことが大切であると結論づけ、自信の経験に基づいて、いかに「伝わる」コミュニケーションを行うかが主題になっています。

タイトルにある「情」と「理」については、

「情」・・・話す人の人間性
「理」・・・相手にわかりやすい伝え方

としています。

「情」については、相手に「伝わる」内容は、伝え手・話し手の「人となり」が影響することを主張しています。
そのため、伝える内容よりも、話し手の姿勢・謙虚さ・相手への気配り等々を相手に示すことが大切だとしています。
また「理」については、自分から一方的に話すだけは、独りよがりの内容になって、伝わるものも伝わらなくなります。
そこで、相手にメールでも電話でも口頭でも、相手に伝わりやすい伝え方が必要だとしています。

筆者がいう「情」と「理」、どちらも共通していえることは、相手を意識してコミュニケーションをとる、ということ。
そもそもコミュニケーションは、相手がいることが前提なのだから、相手を想って話す・伝えることが必要なのです。

「情」にせよ「理」にせよ、どちらが重要というわけでもなく、どちらも重要なのでしょう。
本書を読んで夏目漱石の草枕の「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ」の一節を思い起こしました。
「情」と「理」をうまくバランスをとってコミュニケーションをとることが「とかく人の世は住みにくい」にならなくするコツなのかもしれません。

2016/05/24 14:17

投稿元:ブクログ

みんなに思いを伝えるには…
「情」(話す人の人間性)
「理」(相手に分かりやすい伝え方)
の両方が必要、というのがタイトルのもと。
「情」と「理」という漢字がピッタリとはまっているかというと少し違和感がありますが、()の表現は全くその通りだと思います。それでは自分が磨くものは何か?独りよがりはもっともこのテーマから縁遠い姿勢だと思いました。

2015/01/19 20:35

投稿元:ブクログ

経験も立場も年収も年も学歴も自分とかけ離れている人だけど、心がけていることや発想や核心はこんなことなんだな、こんなすごい人でもこういう意識でいて日々の積み重ねなんだな、という親近感みたいな感覚が新発見。わかりやすいよう簡単に書いてくれているんだろうけど。

2015/06/30 21:21

投稿元:ブクログ

2015年の24冊目です。

著者の岩田松雄さんは、スターバックスコーヒージャパンの元CEO、ザ・ボディーショップの元社長さんです。
経歴からは、スマートはコミュニケーションスタイルについて語られているのかなと想像してしまいました。

しかし以外にも、いいリーダー、いいコミュニケーションには「情」と「理」の二つが必要だと説かれています。
「情」とは、話す人の人間性。
「理」とは、相手にわかりやすい伝え方です。
この2つを兼ね備えて初めてリーダーとしての仕事がきちんとでき、いいコミュニケーションがとれ、
人間関係と仕事が上手くいくと書いています。

先ずは、「to do good」ではなく「to be good」になれ!
It is much more important how to be good rather than how to do good.
経済学者ケインズの言葉を基にしたものです。
”いかになすか”より、”いかにあるか”ということのほうが大事であると。
「理」だけでも「情」だけでも上手くいかない。
これらをバランス良く保って事をなすには、「徳」を身に着けていかなくてはだめという主旨だと読み取りました。

陽明学者の安岡正篤氏は、才より徳が勝る人を「君子」、徳より才が勝る人を「小人」として、
前者の代表例を西郷隆盛、後者の代表例として勝海舟を挙げています。
どちらも後世に名を残した偉人ゆえに、どちらかが突出していたんだと思います。
私たち凡人には、そんな高いレベルでのバランスは必要ないですが、
日常のコミュニケーションは、やはり、「何」を話すかより「誰」が話すかで決まると思うので、
「徳」を高める生き方に向き合っていくべきかと感じました。

徳を身に着ける一つの行動として、挨拶を取り上げています。
相手との信頼関係を築くには、「いつもあなたを見てますよ」というメッセージが大切。
それは、人には必ず「承認欲求」があるからです。
「相手への承認」を表す一番の方法は、「あなたのことを気にしています。ちゃんと見ています」という
メッセージを言葉にした”挨拶”がとても重要です。「おはよう」「ありがとう」「お先に失礼します」といった言葉が
自然に掛けれるようにしたいものです。
「挨拶」は、もともと禅宗の言葉で、「挨」は押す。「拶」は迫るの意で、修行者が互いの修行の成果を質問し合うことによって、
悟りや知識、見識などの度合いを、確認する行為を示していたとのことです。
深い意味をしっかり知ってから「挨拶」から徳を積んでいきたいと思います。

「何」をやるのではなく、「何故」やるのか。自分たちのミッションは何なのかを理解できていれば、
「何」をすべきかをいちいち指示し決めなくても組織は最高の結果を生み出すことができる。
本質において一致するミッションをが共有できて、お互いに信頼し合えれば、細かなルール何で必要ない。
時々の状況に応じて自分で判断して行動する自由が与えられます。
スターバックスのシナモンロールが食べたいという心臓病の女子高校生の願いを内��に外れても実現した
社員の話が紹介されていました。スターバックスがお客様に対してどうありたいかという
ミッション(何故を理解)を理解し、自分で判断して行動した事例です。

おわり

ビジネス実務・自己啓発 ランキング

ビジネス実務・自己啓発のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む