サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

未婚30
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/17
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02632-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

未婚30

著者 白岩 玄 (著)

過去に大ヒット作を出したきり、売れなくなった作家の佑人。仕事は真面目にやりつつ、掃除も料理もできない編集者の里奈。30代の結婚は、好きだけじゃ無理。『野ブタ。をプロデュー...

もっと見る

未婚30

1,512(税込)

未婚30

1,210 (税込)

未婚30

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

過去に大ヒット作を出したきり、売れなくなった作家の佑人。仕事は真面目にやりつつ、掃除も料理もできない編集者の里奈。30代の結婚は、好きだけじゃ無理。『野ブタ。をプロデュース』から10年。隠された心情をあばく、本音小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

過去に大ヒット作を出したきり売れなくなった作家の佑人。仕事は真面目にやりつつ掃除も料理もできない編集者の里奈。30代の結婚は好きだけじゃ無理…。隠された心情をあばく本音小説。『ポンツーン』連載に加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

結婚問題 5−151
葉子の離婚 153−204

著者紹介

白岩 玄

略歴
〈白岩玄〉1983年京都生まれ。「野ブタ。をプロデュース」で第41回文藝賞を受賞しデビュー。他の著書に「空に唄う」「愛について」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/08 00:57

投稿元:ブクログ

「でもそれは嘘だったんだと今ならわかる。(略)私たちは合わせ鏡をしているみたいに似た者同士のカップルだった。」
という一節が印象的でした。
前半の作品は状況的に感情移入しちゃう部分も多かったな…。

2015/01/12 17:16

投稿元:ブクログ

2015.1.12
結婚についてのあれこれ。
こんな風に悩み、決断するんだなって思った。
人それぞれだろうけど、決断したり、そのあとでも、一生にかかわることだから悩み続けるんだろうな。

2015/01/21 14:59

投稿元:ブクログ

結婚直前の揺れ動く気持ちを男女交互に描いた中編と
その友人の話を描いた短編。
短編のがよかった。

【図書館・初読・1/21読了】

2014/10/30 11:44

投稿元:ブクログ

結婚を控えたヒットを一本だけ放ったことのある作家と出版社勤務の編集者。優しい気持ちの中に残酷さや甘えが混じって、関係が悪化していく。
ケンカするときってこうだよな。
一緒に暮らすってそうだよな。
大切な人って言い表すの難しいよなと思わせてくれる。
作家が語る言葉が、硬くもなく気分に流されることもなく、心地よい。

2014/11/19 10:43

投稿元:ブクログ

婚約中の佑人と里奈。
作家として生活はしているが年収も定まらず
不安定な毎日を過ごす佑人。
里奈の揺れ動く気持ちに佑人も気付いてはいるが・・
「結婚問題」
傷ついても、ちゃんと悲しむことのできない葉子・・
「葉子の離婚」2編が収録されている。

佑人と里奈の、もっとドロドロとした愛憎劇が描かれていても良かった。
どちらも好い人過ぎる。
サラッとした展開に少しの物足りなさを感じた。
「葉子の離婚」悲しみを閉じ込めてしまう葉子の葛藤は共感できる部分がある。次回作も楽しみ。

2015/05/16 11:42

投稿元:ブクログ

結婚ってなんだろうと、改めて考えさせられた。

結婚生活って、結局ただの日常、
そんな里奈の言葉に共感。

でも、その当たり前が幸せなのかもしれない。

2015/02/06 22:47

投稿元:ブクログ

すげー好きになったりとかさ、大事やなって思う人ができたりするともう一人の人が自分の人生に入ってくる。どうあがいても無視できない存在になる。身軽ではなくなるけどその分得るものもある。

結婚はドライブの助手席に乗って欲しいひと。
渋滞の時どう対応して欲しいか。別に優しいことが正解でもないし人それぞれの物差し。

2014/11/11 16:09

投稿元:ブクログ

売れない作家の佑人と編集者の里奈の結婚までの2人の心の動きを描いた小説。なんだか二人ともテンションが低くてどうなることかと思いましたがこうやって結婚したカップルって以外と添い遂げたりするのかなあとその後に興味が湧きました。
もう一編の「葉子の離婚」の方が好きでした。潔くけじめをつける葉子ですがやはり寂しくてたまらなかったりもして、弟がそっと支える感じがたまらなく良かったです。

2015/04/02 11:08

投稿元:ブクログ

婚約中の人が別の人から言い寄られることによって、その結婚が加速してしまうことってわりとあるのかもしれない。

2015/06/27 17:25

投稿元:ブクログ

2015.6.27 読了

サラリと読めました。

男女の結婚前の心の動きが
交互に描かれてた。

このまま結婚してしまっていいのか?
思い悩んで お互い どんな結論を?


そのあと 短編で、
主役の女の子の
友だちの話があったのですが、
その話が 意外と好きだった!

2014/10/26 21:10

投稿元:ブクログ

衝動買い。

何か私の求めている、答えというか、
一節というか、
同じ状況というか、
何か答えを貰えそうだったから。

なかなか良かった。

いつも頼りない?と思っていた
婚約者、男に
ああいう風に言われたら
結婚を考えられるかも
しれないと思った。

あの男は、ハリボテだったのか、とも。
そこが、リアルに描かれていて、
私も一瞬で、あの男が
色褪せてきたというか、
感情移入して読めた。

私は、里奈と同じだったのか、とも。

もうひとつの話も良かった。

弟に救われた。
自分も救われた気がした。

こんな成長した弟いいな、と思った。

2015/02/24 01:02

投稿元:ブクログ

こんなふうにていねいに心の動きを描かれたら、そりゃあ、素晴らしいと思うしかないよ。なんか、ほんとよかった。しばらく気持ちがしんどかったんだけど、久しぶりにほんわかした気分。人って、複雑なのだ。

2015/11/25 15:18

投稿元:ブクログ

過去に1作当てた29歳の専門学校卒の作家。これ作者のことじゃないか。デビューから出した本の冊数とかも同じだし。そう当てはめて読むとなんかすごい葛藤を感じる。すごく個人的な作品なんじゃないかと勘ぐりたくなる。この時期に作者が結婚というものに向き合っていたらそう感じたくなる。里奈に言い寄っていた男は結局かませ犬にすらなれなかったなぁ。里奈の気持ちも結局そこまでぐらついていないし。装丁は水風船。「葉子の離婚」の印象的なアイテムだ。

2015/01/07 11:10

投稿元:ブクログ

B&Bにてお話を聞いて購入。
30未婚はいろいろ男女ともに大変なしがらみがあるのだなと思いました。

2015/01/17 07:43

投稿元:ブクログ

結婚する前こんな風に心が揺れ動くのだろうなぁと思った。

「たとえ傷口がふさがっても、傷あとは長いあいだ残るんだ。何もかもが元通りになるわけじゃない」

にその通り!と思った

日本の小説 ランキング

日本の小説のランキングをご紹介します一覧を見る