サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

イラン人このフシギな人々
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/22
  • 出版社: 彩流社
  • サイズ:19cm/172p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7791-2054-1
  • 国内送料無料

紙の本

イラン人このフシギな人々

著者 遠藤 健太郎 (著)

イラン・イスラム共和国の首都テヘランの下町で暮らした2年間の回想録。個性あふれる人々との思い出のみならず、イラン人の習慣や国民性、様々な文化、現代イラン社会の諸問題など、...

もっと見る

イラン人このフシギな人々

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

イラン・イスラム共和国の首都テヘランの下町で暮らした2年間の回想録。個性あふれる人々との思い出のみならず、イラン人の習慣や国民性、様々な文化、現代イラン社会の諸問題など、あらゆる角度から等身大のイランを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

名前は知っているけれど、いったいぜんたい、日本人には、どんな国なのか
よく分からない国・イラン。
2年間の滞在を通して、おもしろくも厄介で、
そして愛すべきイラン人との生活で知ったイラン人の生態。
 素朴だけれどもアクの強い、テヘランの下町の人々は、
こんなにもおせっかいで、あいさつを重んじて、多様性のない食生活……。 
50の短文から構成されている本書で「イラン人の不思議」が分かる!


実際に何かをしてほしいというときには、イラン人ほど頼もしい存在はないが、
一方でとくに何もしてほしくないときには、彼らほどうっとうしいものはない。
「自分はあなたのことを気遣っていますよ」というサインをいつも出し続けていないと
気が済まないイラン人は、たいした用事もないのに、家族や親友のあいだで
一日中電話をかけまくっている。僕自身もイラン人の友人たちから毎日のように
かかってくる電話にはほとほと悩まされたものである。
しかし、「うるさいなあ」と思って無視したりすると、次に会ったときにしっかり
覚えていて、「もう俺とは絶交か?」などと詰問される羽目になる。
「便りの無いのが良い便り」などという発想は、イラン人にはまず通用しない。
(本文「おせっかいなイラン人」より)【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 一、テヘラン下町、その日その日
  •  ◆モストウフィー横丁のこと
  •  ◆最初の喧嘩
  •  ◆アクバルの店
  •  ◆ルーティー
  •  ◆お昼はみんなで
  •  ◆レザーのこと
  •  ◆Mの思い出
  •  ◆肉屋のマフムードじいさん

著者紹介

遠藤 健太郎

略歴
〈遠藤健太郎〉1984年埼玉県生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。2011年より約2年間、イラン・イスラム共和国テヘラン大学にてイラン近代史を学ぶ。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/06/28 10:12

投稿元:ブクログ

私が踏み入れなかった地区で生活されていたので、なるほど!とかそういうことか…など新発見があったり、そうそう!、とかそれわかる!という共感があったりと、興味深い内容の一冊。
チン、チョン、チャン…言われたなぁ。。。この本のことを友達にも教えてあげようと思う☆

2015/03/07 14:58

投稿元:ブクログ

2011年から2年間、テヘランの下町で留学生として生活していた著者の回想記。
異文化の話を聞くのが好きな私にはもちろんそれなりに楽しめるものだったけど、不愉快な体験について書かれているページも多いので、そういう意味ではすっきり楽しいという本ではない。著者は結構怒りっぽく冷たそうな人のように思えてしまった。著者も「あとがき」で「イランとイラン人のことを批判し過ぎたかな」と書いておられて、二年間という短い時間での個人的な感想にすぎないことを断っておられる。とにかく比較的新しい時代のイランの日常生活を知ることができる点で興味深いことは確かだ。

興味深かったところを抜き書き

*酒を飲んだり売ったりしつつ、国の法律を犯してはいても、ムスリムとしてそれぞれに超えてはならない良心の一線があるようだった(p.121)
*(テヘランの街ではスリが多く路上強盗の被害にあった日本人もいるため)いつしか僕もスタンガンと催涙スプレーを常に携帯するようになった(p.154)
*(妻をもって初めて、チャドルの必要性を感じた)(p.161)
*(東京に帰ってきて、テヘランはよかったと思う。)日本ではよく「消費が落ち込んでいる」などと言って大騒ぎしているが、無駄な買い物にカネを使い続けないと景気が持たない仕組みのほうが、よほどおかしいと思う(p.167)

2016/05/12 12:00

投稿元:ブクログ

著者のテヘラン滞在中の出来事を通してイランの今(2014年初版なのでちょっと前ですね)が描かれる。
パフラヴィー朝 → 宗教革命 → 現在、と大きな動きで混乱する世の中で見せる人間の姿は生々しい~。
面倒見が良い、漢気が尊敬される、(この本ではあまり触れられていなかったけど)心身ともに美しい女性、など人間としての良い性質がたくさん見られる。反面、暴力に訴えたり、詐欺まがいなことをあたりまえのようにする、自己中心的な姿がある。

腐敗した王政を宗教により改革しよう、という構図はよくあるものなのかとも思うけれど、結局どんなに優れた宗教もそこに携わるのが人間であるという落ちになってしまう…。
体制派対反体制派という対立を人間は超えることができるのでしょうか。

著者がテヘランでの生活を通してお感じになったこと、奥さんとの普通の生活の幸せはこれからの世界が向かう方向のヒントなのかな。

最近の新聞見出しを見る限り、西欧社会的なものが生んだ軋轢は解消の方向を向いているのかな。
イラン人に幸せを!

2015/02/12 00:37

投稿元:ブクログ

異文化住んでみたものとしてはそれなりに面白い。でも、その先があるわけでもない。イスラムの女性の話を読みたくなったのが収穫。

外国の社会・文化 ランキング

外国の社会・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む