サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 近代日本政治思想史 荻生徂徠から網野善彦まで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

近代日本政治思想史 荻生徂徠から網野善彦まで
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/10
  • 出版社: ナカニシヤ出版
  • サイズ:21cm/399,7p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7795-0878-3
  • 国内送料無料

紙の本

近代日本政治思想史 荻生徂徠から網野善彦まで

著者 河野 有理 (編)

論争から読み解く近代政治思想史。賀茂真淵と本居宣長、加藤弘之と福澤諭吉など、各章おおむね2人以上の人物を扱い、その間に生じた論争的文脈について分析を加える。論者3人による...

もっと見る

近代日本政治思想史 荻生徂徠から網野善彦まで

4,320(税込)

ポイント :40pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

論争から読み解く近代政治思想史。賀茂真淵と本居宣長、加藤弘之と福澤諭吉など、各章おおむね2人以上の人物を扱い、その間に生じた論争的文脈について分析を加える。論者3人による討議や参考文献リストも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

言語 相原耕作 著 3−25
制度 高山大毅 著 27−49
風景 井田太郎 著 51−77

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/14 19:25

投稿元:ブクログ

@negadaikonさんの論文が載っていると聞き買った本。
その@negadaikonさんこと長尾さんの「高山樗牛と姉崎嘲風」の章だけ読んだ。
こういう風に近代思想史の研究とかって積んでいくんだなあ、というようなところがとても参考になる。

2015/10/29 00:47

投稿元:ブクログ

全体を通して、近代日本(開国~列強へのキャッチアップ~WWⅡ~戦後)の人々は常に「日本らしさ」について問い続けていたのかなと感じた。明治政府における国家としての正当性の根拠付けもそうであるし、欧米の思想が日本に受容する過程もそうであるし、中国伝来ではない日本固有の思想や文化の探求においてもそうであった(のかなと全体を読んでいて感じた)。
また、第14章は山本七平について無知であったこともあってとても面白かった。


「日本教とは、合理的な必要性に基づいて語られるロゴスの言葉(実体語)のみによって秩序が作られるのではなく、逆に合理性を欠くことが発話者にも認知されてはいるが、しかし心情心理としては噴出せざるをえないパトスの言葉(空体語)もまた口にされ、その両者の力関係の平衡を目指して社会は運営されるべきだという発想をいう。」第14章「歴史 山本七平と網野善彦」p.349

「日本教の社会では、実体語のみに依拠して空体語の世界を否定するのではなく、両者を天秤にかけて平衡を取る姿勢が求められるが、『この天秤の視点が実は『人間』という概念』である。この国で人間らしいと認められるためには、空体語にも耳を傾け、理解を示さないければならないという訳だ。しかしその天秤の釣りあいをとるには、実体語の存在感(たとえば敗戦の不可避性)が重くなればなるほど、空体語(本土決戦・玉砕思想)のほうもエスカレートさせざるを得ず、どこかで破局が訪れざるを得ない。」同上 p.350

政治哲学 ランキング

政治哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む