サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 教育・学習参考書
  4. 戦後保育50年史 第4巻 保育制度改革構想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

戦後保育50年史 第4巻 保育制度改革構想
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/20
  • 出版社: 日本図書センター
  • サイズ:22cm/446p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-284-30748-2
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

戦後保育50年史 第4巻 保育制度改革構想

著者 池田 祥子 (編著),友松 諦道 (編著)

約450点におよぶ戦後保育の研究者・実践者・行政の証言と史料を振り返り、これからの保育を展望する。4は、戦前から戦後50年に至る行政側の史料や、その他保育団体・個人の主張...

もっと見る

戦後保育50年史 第4巻 保育制度改革構想

6,480(税込)

ポイント :60pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「戦後保育50年史 第4巻 保育制度改革構想」が含まれるセット商品

戦後保育50年史 5巻セット

戦後保育50年史 5巻セット

  • 宍戸 健夫 ほか (編著)
  • 税込価格:32,400300pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

約450点におよぶ戦後保育の研究者・実践者・行政の証言と史料を振り返り、これからの保育を展望する。4は、戦前から戦後50年に至る行政側の史料や、その他保育団体・個人の主張などを収録する。〔栄光教育文化研究所 1997年刊の再刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

戦後の改革期における学校教育法・児童福祉法の制定にはじまり、
幼保制度に対する保育団体の動向、中教審・臨教審の答申、
行政管理庁による勧告、子育て支援政策をめぐる論議……
現代に繋がる保育施策、制度の変遷を浮き彫りにする――


本シリーズの特色
①保育制度の大きな転換点を迎えた今、これからの保育を展望する手がかりとして、戦後保育の研究者・実践者・行政の証言と史料を、約450点精選しました。
②保育のこれまでのあり方を多角的に捉え直すために、保育の思想・方法・制度をはじめとするテーマごとに、シリーズ全体を構成しました。
③各巻は、項目別・年代順にわかりやすく編まれ、章ごとに概説とまとめを付していますので、社会の変化に伴って発展を続けてきた戦後保育の全体像を見渡すことができます。



推薦します!
先人たちに学び、未来に豊かな展望を

無藤 隆(白梅学園大学子ども学部教授)

 今、我が国の幼稚園・保育所の保育体制は大きく変わろうとしている。それは何より、幼保を合わせた認定こども園が制度として確立したこと、すべての幼稚園・保育所を含めて、基本的には基礎自治体の監督下に入るようになったこと、さらに、すべての保育(幼児教育)関係の施設・事業に対して、国と自治体の補助が行われ始めたこと、といった変化によるものである。
 これらの改革が、保育の量的な拡充のみならず、質の改善さらに向上に、計画通りつながるのかは、今後の国・自治体・各園の努力次第であるに違いない。しかし同時に、私たちがいかにして、先人による開拓の労苦と成果、またそこでの考察と提言に学ぶかに掛かっているのではないだろうか。なぜなら、現在の改革がその最上のところに向かおうとするならば、それは何より、これまでの幼稚園と保育所の優れた実践の成果を統合していくべきところにあるからである。
 日本の保育は、世界的に見ても高い水準を先駆的に実現してきた。それは、明治以来の歴史を受けつつ、本シリーズで記述されるような戦後の実践者とそこに関わる研究者の協働のたまものである。さらに言えば、必ずしも十分に実現していない、あるいは一部の園や地域で実践されるのみで、広がりを持たなかった多くの試みがあったであろう。それらの実践の厚みを大切にしつつ、またそこでの志と芽生えをどう受け継ぎ、どう発展させていくかが、現在の大きな課題なのである。
 歴史は常に現在との格闘であるに違いないが、それは先を展望する意味でも、過去に学ぶことにより豊かになる。ここに、私を含めて多くの保育(幼児教育)に関わってきた人間が改めて学ぶことの出来る財産があるのである。その時宜を得た、本シリーズの刊行を喜びたい。


【商品解説】

目次

  • 第一章 学校教育法・児童福祉法の制定
  • ◇学校教育法・児童福祉法の制定について◇
  • [1 戦前の幼稚園令・社会事業法]
  • [2 学校教育法の成立]
  • [3 児童福祉法の成立]
  • [4 民間保育団体の動向]
  • [5 「保育要領」「保育所運営要領」の制定]
  • 第二章 児童福祉法の改正と戦後改革の手直し
  • ◇児童福祉法の改正と戦後改革の手直しについて◇

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

保育・幼児教育 ランキング

保育・幼児教育のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む