サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

オリーブ少女ライフ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/27
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02331-1
  • 国内送料無料

紙の本

オリーブ少女ライフ

著者 山崎 まどか (著)

人気コラムニストが、雑誌『オリーブ』と共に過ごした少女時代を綴る1980年代メモワール。『オリーブ』連載の「東京プリンセス」も完全収録。『KAWADE WEB MAGAZ...

もっと見る

オリーブ少女ライフ

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人気コラムニストが、雑誌『オリーブ』と共に過ごした少女時代を綴る1980年代メモワール。『オリーブ』連載の「東京プリンセス」も完全収録。『KAWADE WEB MAGAZINE』連載に加筆し書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山崎 まどか

略歴
〈山崎まどか〉1970年東京都生まれ。文筆家。本や映画、音楽などカルチャー全般に精通。著書に「乙女日和」「女子とニューヨーク」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/10/25 22:44

投稿元:ブクログ

「オリーブの罠」に続いて「オリーブ少女」もの。
著者の思い出話のよう、素直な感じが好ましい。
「東京プリンセス」掲載のショートストーリーも当時の流行が懐かしい。
パリは一番ゆっくり滞在したい街。
山崎まどかさん、酒井順子さん、お二方ともいわばお嬢様。
若くして雑誌に連載を持ち、すごいなあ。
(図書館)

2014/10/29 19:44

投稿元:ブクログ

全然オリーブ世代ではないのですが、女の子が憧れたり目指したりするものとして、こういう雑誌があったならどんなにいいだろうなぁと、憧れた。私にとってそれは「山崎まどかさん」というコンテンツなんじゃないかなぁと、最近すごく思う。まどかさんがいたから、私の好きなものって一体なんなのかっていう方向性がばちっと見えて、自分が何なのかっていうのが少しだけ分かって、安心できたんですよね。25歳くらいの時に「オードリーとフランソワーズ」に出会うまで、そういうの全くなかったから、真っ暗闇のなかに一筋の光を見つけたような気分でした。まどかさんについていけば、きっとこれからいくらでも素敵なものに出会えるという確信がある。その安心感たるや! 何物にも! 代え難い! 財産だ!

2015/03/15 18:37

投稿元:ブクログ

山崎まどかさんの青春時代を彩ったオリーブの思い出話を読んでると、クラスメイトにこんなにおしゃれな子たちがいる環境ってどんな感じなんだろう、とびっくりしてしまう。2001年〜2002年まで彼女が連載していた「東京プリンセス」というショートストーリーもたっぷり楽しめる、当時のオリーブの世界に浸れる一冊。

2014/12/08 18:57

投稿元:ブクログ

「オリーブの罠」に続けて又もやオリーブもの。
でも、なんだか酒井さんとの山崎女史は会わなかったらしい。自分とは違うグループと認識してるみたい。
オリーブ世代ではない私からみると、おんなじに感じますが。

2014/09/18 20:22

投稿元:ブクログ

Kawade Web Magazine|オリーブ少女ライフ |山崎まどか
http://mag.kawade.co.jp/olivegirl/

河出書房新社のPR(版元ドットコム)
http://www.hanmoto.com/jpokinkan/bd/9784309023311.html

2016/01/14 20:36

投稿元:ブクログ

オリーブ少女ではなかったけれど、10代の頃のオサレ欲求を思い出した。松田青子や山内マリコがオリーブの、というより山崎まどかの影響モロなんがよく分かる。

2016/11/19 21:43

投稿元:ブクログ

オリーブ、、、
わたしがファッション雑誌読む頃にはもうなかった。
でも、80年代ブームが、スローモーションをもう一度読んで来ちゃったもんだから、読んどこうと。
しかも、山崎さんの著書も初読みです。

80年代オリーブは、おしゃれが好きな人はオリーブ少女だったって書いてあって、そうなんだー!と思いました。どうも、読んでいるとわたしのオリーブの印象は90年代のものなんだなあと。
思春期の憧れの世界を映し出す雑誌って特別じゃないんだなあと。

2014/10/28 14:29

投稿元:ブクログ

女子カルチャー紹介の第一人者が、雑誌「オリーブ」と共に過ごした少女時代を綴る、1980年代メモワール。「オリーブ」誌で連載された伝説のコラム「東京プリンセス」を完全収録!

2015/11/28 16:45

投稿元:ブクログ

サブカル本と思って読み始めたけど、かわいらしい10代の女の子の成長を描いたアメリカン•ドラマをシリーズで観たような心温まる読後感。著者がわたしより10歳ほど年上の方なので、自分の経験していないガールズ•カルチャー考証としても面白い。花音ちゃんって「東京ガールズブラボー」のサカエちゃんみたいな子だったのかな。と言うか、たぶん年代を考えると年の差は3-4歳あると思うから(「東京ガールズブラボー」の主人公たちのほうが年上だろう。そして10代での4つの差は大きい)、サカエちゃんみたいな子に憧れた女の子なのかも知れない。

2017/02/02 04:06

投稿元:ブクログ

私はオリーブを見たことがないし、この本でオリーブという雑誌の存在を知った。でも私が10代の頃にもこういうふうに魔法みたいに自分と強く繋がりを感じられたものがあって、この本を読むと当時のことが鮮明に思い出された。あの特別な時間はもう戻ってこないのかもしれないけれど、いつまでも大切にしたい思い出だと思った。Tsukasa

女性ファッション ランキング

女性ファッションのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む