サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゼロの日に叫ぶ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/14
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:19cm/399p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-02333-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

ゼロの日に叫ぶ (戦力外捜査官)

著者 似鳥 鶏 (著)

白昼堂々、都内の暴力団が何者かに殲滅され、偶然駆けつけた刑事2人も重傷を負う事件が発生。警視庁の威信をかけた捜査が進む中、例のごとく失態をおかし戦力外となった海月と設楽は...

もっと見る

ゼロの日に叫ぶ (戦力外捜査官)

1,512(税込)

ゼロの日に叫ぶ

1,210 (税込)

ゼロの日に叫ぶ

ポイント :11pt / 紙の本より302おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

白昼堂々、都内の暴力団が何者かに殲滅され、偶然駆けつけた刑事2人も重傷を負う事件が発生。警視庁の威信をかけた捜査が進む中、例のごとく失態をおかし戦力外となった海月と設楽は、暴力団同士の抗争であるという捜査本部の見立てからあえて外れて、単独で事件を追うことに。しかし、必死に駆け回る警察をあざ笑うかのように、東京中をパニックに陥れる夜が迫っていた…。凸凹コンビが活躍する、人気シリーズ第3弾!【「BOOK」データベースの商品解説】

都内の暴力団が何者かに殲滅され、駆けつけた刑事2人も重傷を負った。失態をおかし戦力外となった海月と設楽は単独で事件を追うことに。しかし、警察をあざ笑うかのように、東京中をパニックに陥れる夜が迫っていた…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

似鳥 鶏

略歴
〈似鳥鶏〉1981年千葉県生まれ。ミステリ作家。2006年「理由あって冬に出る」で鮎川哲也賞に佳作入選し、創元推理文庫でデビュー。ほかの著書に「午後からはワニ日和」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/04 21:24

投稿元:ブクログ

戦力外捜査官シリーズ3作目。海月警部のボケが減りどんどんシリアスになってきました。アクションシーンも満載です。シリーズを通して大きな謎が隠されているのかも…

2015/01/04 14:58

投稿元:ブクログ

うっかり拉致されそうになったり、現場の床を踏み抜いたりして、今回も早々に戦力外通告を受けてしまう海月警部と設楽。そんな中、上野の牛丼屋に押し入った不審者に、暴力団の幹部二名と一般人一名が射殺されるという最悪の事件が起こる。遊軍として捜査を進めるうちに、捜査中だった放火事件とのつながりが見えてくる。事件は日本全国を巻き込んだ災厄へとつながっていく。

戦力外捜査官シリーズ第三弾。相変わらず怪我しまくり一人ダイハード状態の設楽くん。むしろ今回設楽くんひたすら怪我して振り回されてるだけで何も出来てないような…不憫……。ちなみちゃんはもうちょっと設楽くんをいたわってあげてほしい。
叙述トリックしこんであったりするけどいよいよ警察サスペンスになってきたなあ。しかし前回、わりと一般人のちょっとした頑張りで助かりましたーみたいなノリだったような気がしてたんだけど、今回いやに市民に厳しいような。話が大掛かりになってきてどこを落とし所にするのかと思ってたけど、あっさり落ちたなあ。しかしこれだけ大掛かりな仕掛け作れるなら、最初の犯人たちくらいあっさり見つけられそうな気もする。監視とか名無しとか前回のカルト教団とかいろいろ話がつながってきたので今後の展開が気になる。

2015/06/01 16:21

投稿元:ブクログ

おおう、このシリーズ、なにげに作品間で事件が関連してるんだな!(気づくのが遅い)
今回は、犯罪被害者と傍観者についてという、身につまされるお話でした。

2014/12/10 23:00

投稿元:ブクログ

シリーズ三作目。放火事件と銃撃事件、暴力団壊滅事件との繋がりは。そして恐るべき実行犯である「名無し」の目的はいったい何なのか。随所に挿入された謎の記号の羅列が表すものは何なのか。軽い読み口ながら、気になる謎はいっぱい。
うわあ……こんな手口のテロ、なんだかできてしまいそうに思えるのが怖い! 容易に想像できてしまうのが嫌なところ。そして犯人の動機も痛々しいながら、なんとなくわかる気がする……。
ラストの盛り上がりはスリリングで楽しかったー。ヒーローになりたかったあの人がなんとも微笑ましいような(笑)。いやいや、一般人はそんなものですよね。

2016/01/27 14:42

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。発売直後に買ってたのに未読山の中に埋もれててすっかり忘れてましたスイマセン。
冒頭からネタが重い感じではありますが、そこさえ抜けてしまえば、あとはサクサク。設楽くんが今回も落下してますね。
満身創痍になりながらの話の展開&でも登場人物が皆、頭が良いので頭脳戦の読み応えもありますね。
あ、三浦さんも良いキャラでお気に入りです。

2015/11/04 21:45

投稿元:ブクログ

相変わらず表紙に似合わぬシリアスでした。今回は特に…。設楽さんのけがも段々ひどくなっているような…。
1~3巻と事件が少しづつ繋がっていて、次巻あたりで幼女殺人事件の解決へといくのだろうか。

2016/12/30 11:33

投稿元:ブクログ

読了、78点

***
白昼堂々、都内の暴力団が何者かに殲滅され、偶然駆けつけた刑事2人も重傷を負う事件が発生。警視庁の威信をかけた捜査が進む中、例のごとく失態をおかし戦力外となった海月と設楽は、暴力団同士の抗争であるという捜査本部の見立てからあえて外れて、単独で事件を追うことに。しかし、必死に駆け回る警察をあざ笑うかのように、東京中をパニックに陥れる夜が迫っていた…。凸凹コンビが活躍する、人気シリーズ第3弾!
「BOOK」データベースより
***

第4弾の後に読み始めました。
第4弾の方のレビューでは物足りないようなことを言いましたがこちらはそれと比べるとグッと良くなっています。
刑事コンビの軽快なやり取りなどは同じですが、こちらは犯人サイドにも確固たる思惑が存在するのが読んでいてある種の共感が出来ました。
そう考えると2作目4作目は宗教がらみの狂信的な動機に共感できないあたりに不満を感じたのかもと思い至りました。

また、これを読んだことでシリーズ既刊全部読み終えたことになりましたが、そうしてシリーズを通してみると、
似鳥さんが思っていた以上に凄い作家さんなのだと改めて思いました。
これまでは文体やキャラクタ造詣が上手く、ミステリ的な論理性がある作家さんだと思っていましたが、それだけじゃなくて実はアクションシーンも上手く描けている(そう言えば動物園シリーズも割とその手のシーンが多かった気がする)。

そして、このシリーズ通してのテーマをしっかり立てているのが良くわかります。
人間の持っている醜悪な部分と善良な部分が隣り合わせで誰もがどちらに転んでもおかしくはないし、
その被害がいつ自分の元へ来てもおかしくないし、逆に助けられることもある。
そういう要素を大規模犯罪としてよりダイナミックに描いている作品としてみると非常にうまく出来ているシリーズだと思いました。

2014/10/17 13:00

投稿元:ブクログ

『戦力外捜査官』の第3弾ですね…。

前作(2作目)は、
遅くて盛り上がりに欠ける展開のため、
途中で、中だるみなどもしましたが…、

本作は、序破急の3パートの構成のためか、
序盤過ぎ(破)には、お話がぐぐっと動き、
終盤(急)では、さらにお話が大きく動き、
スピーディーかつ盛り上がりのある展開で、
とても面白かったです…。

犯人の動機と狂気にも、納得感はあったし、
その結果、引き起こされた通信パニックも、
可能性的には、現実にもあり得る恐怖だし。

張られた伏線や引っ掛けにも、
いぃ感じで引っ掛かったし…(笑)
シリーズのよぃ部分がうまく活きてました!

お話の読み堪えは、シリーズで一番かも…。

2016/03/11 16:19

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。今回も設楽さんが怪我しまくり…。実際に起きそうな事件で怖い。「名無し」の正体や前から続いてる事件についつも関連してきて次が楽しみ。

2016/03/01 08:46

投稿元:ブクログ

海月警部の拉致未遂からスタートしているので、多分伏線なんだろうなと思いつつ読み進めると案の定でした。携帯破壊オチは微妙かな。引っ張ら無くてもすぐに思いつく行動だし。うっすらとゲスい感があるのが似鳥ワールド。今回もその期待は裏切らずあっさり読めました。

2015/05/03 21:52

投稿元:ブクログ

シリーズ3作目。
冒頭から痛い描写で先行きが不安になる始まりだった。
今回のパニックは、身近に利用してるものだけに、あり得なくもないのではないかとゾッとした。今後につながる伏線もあり、次作も期待。
ただ、作品を重ねるごとに設楽の怪我の度合いがひどくなってる気がするので、設楽の今後が心配。。

2015/02/20 21:09

投稿元:ブクログ

戦力外刑事の三作目。
ストーリーのテンポの良さと絶妙のキャラ使いで、小気味良く読了するのだが、本格ファンとしては不満が残る。
冒頭シーンで海月警部のピンチトラブルが必ず事件解決の伏線に成っているのと、犯人逮捕の筋書きが叙述トリックではないかと思われる。
もとより警察小説として読めば善いのだが、本格作家の作品だけに、謎解きは共有したい。
最近この作家は読者を煙に巻く嫌いが強い!後書きはデビューの時からハテナの連続だが、要注意かな。
次回は、逃げた「名なし」との死闘になりそうで目が離せいから、似鳥マジックとも言える。

2014/12/29 15:18

投稿元:ブクログ

表紙の絵が乙女チック調なので、そういうガラではない私がカバーもなしに持ち歩くには、相当恥ずかしい。

周囲が呆れるほどの海月のトロさはクセになる。迷惑かけないでくれよと願う反面、次は何をしでかしてくれるのか?周囲はそれを半ば温かく受け入れてくれるので、安心してドタバタを期待できる。いやいや、さてはわざとスキだらけのドジっ子風を装い、この人大丈夫?と思わせて、周りを油断させる作戦だな?優秀で能力に余裕があるからできるワザ。

ことあるごとに毎回綺麗なお辞儀をする海月さん。最近はそれが出来る人少なくなってきているから、ちょと感心してしまう。お育ちのよさが表れてるんでしょうね。

世の中が大騒ぎになるようなテロを仕掛けることなんて、その気になれば、意外と簡単ってことでしょ?だからやたらとヘンなアプリを入れたら危ないんだって・・・。

2015/02/08 23:05

投稿元:ブクログ

20150208 図書館
シリーズが進むに連れて、事件がシリアスに。
携帯を使うのが怖くなります。

2015/01/15 11:08

投稿元:ブクログ

このシリーズは、海月千波警部の脱力キャラと社会問題を盛り込んだ生々しい事件とのギャップが一つの魅力だと思っていましたが、今回の海月は結構まともでした。第一作目から比べると個性が弱くなっていて残念です。
事件も、ある人物への復讐のためにテロを起こし日本を震撼させるという設定が非現実的で興醒めしてしまいました。