サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

裏窓クロニクル
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/31
  • 出版社: 東京創元社
  • サイズ:19cm/380p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-02739-1
  • 国内送料無料

紙の本

裏窓クロニクル

著者 友桐 夏 (著)

数々の黒い噂がつきまとう、いわくつきの一族・篁。その当主の義理の娘であり、愛人の連れ子ということで蔑まれている「私」。ある日、私は篁を狙った事件の解決を依頼しに、何でも願...

もっと見る

裏窓クロニクル

1,836(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

数々の黒い噂がつきまとう、いわくつきの一族・篁。その当主の義理の娘であり、愛人の連れ子ということで蔑まれている「私」。ある日、私は篁を狙った事件の解決を依頼しに、何でも願いを叶えてくれるチカラを持つという「教会の魔女」に会いに行く。まもなく事件は解決したかに思われたが、私が魔女に頼んだのは別の願いだった…。謎めいた魔女に願いを告げた少年少女と、彼らに関わった人々が巻き込まれた30年にわたる悲劇。教会、学校、山間の豪華ホテル、それぞれを中心に起きた事件の真相とは?連作形式で送る、著者渾身の力作。【「BOOK」データベースの商品解説】

私の願いが悲劇の引き金を引いた−。謎めいた「魔女」に関わった少年少女。教会、学校、山間の豪華ホテル、それぞれを中心に起きた事件の真相とは? 華やかな陰謀と愛憎に彩られた著者渾身の力作。【「TRC MARC」の商品解説】

「魔女」に願いを告げた少年少女たちと、彼らに関わった人々が巻き込まれた30年にわたる悲劇。教会や豪華ホテルなどで起きた事件の真相とは。連作で送る鬼才渾身の傑作。【商品解説】

収録作品一覧

願いを叶える 5−76
地図と待ち針 77−111
大きな振り子 113−150

著者紹介

友桐 夏

略歴
〈友桐夏〉1976年滋賀県生まれ。2005年「白い花の舞い散る時間」でロマン大賞に佳作入選し、デビュー。12年に初の一般文芸作「星を撃ち落とす」を刊行。他の著作に「春待ちの姫君たち」がある。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/04/18 10:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/14 02:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/12 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/12 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/04 13:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/04 01:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/01 07:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/05 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 08:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/13 15:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る