サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クールジャパンとは何か?(ディスカヴァー携書)
クールジャパンとは何か?(ディスカヴァー携書) クールジャパンとは何か?(ディスカヴァー携書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

クールジャパンとは何か? (ディスカヴァー携書)

著者 太田 伸之 (著)

あなたの商品を海外に売り込むチャンス! 日本の何がクールで何がクールではないのか。世界のどんな地域のどんな消費者層に向け、具体的に何を発信するのか。著者が考える「クールジ...

もっと見る

クールジャパンとは何か? (ディスカヴァー携書)

1,080(税込)

「クールジャパン」とはなにか?

864 (税込)

「クールジャパン」とはなにか?

ポイント :8pt / 紙の本より216おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたの商品を海外に売り込むチャンス! 日本の何がクールで何がクールではないのか。世界のどんな地域のどんな消費者層に向け、具体的に何を発信するのか。著者が考える「クールジャパン戦略」をまとめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

太田 伸之

略歴
〈太田伸之〉1953年三重県生まれ。明治大学経営学部卒業。株式会社イッセイミヤケ代表取締役社長などを経て、株式会社海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)代表取締役社長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/10 22:10

投稿元:ブクログ

バイト先で貸してもらい。

この本を読むまでは、”クールジャパン”って言葉自体が”クール”じゃないし正直ださいっていう印象さえあった。

でも、本書に書かれている”クールジャパン”機構なるものを設立して何をしたいのか、そこに書かれていることは至極全うなことばかりで、”うんうん、そうだよなぁ”って素直に頷きっぱなし。
逆に何故今までこんな当たり前のことが出来る人がいなかったのか、してこなかったのか。疑問さえ感じずにはいられない。これ以上手遅れになる前に”クール”な日本の商品たちを日本人ふくめ世界のひとたちに広く深く認知してもらいたいなと思った。

2016/01/29 16:34

投稿元:ブクログ

たとえば、最近の日本酒はパッケージがかわいくなってきていること。
→http://ameblo.jp/sunnyday-tomorrow/entry-12011020705.html

2015/03/08 18:18

投稿元:ブクログ

[2015.11] 「クールジャパン」よく耳にするようになった言葉だが、正直どんな意味なのか知らなかったので、読んでみた。
物だけではなく、日本の文化であったり、考え方もクールの要素に含まれるようだ。
さらにクールジャパンとは、将来の日本の目指すべき方向を提案している。
日本の製品・技術をどのように販売していくのか、「束になる」ことや「安売りしない」ということの必要性を感じた。
中でも、製品の「魅せ方」という点は、自分の仕事でもクールジャパンを意識すべきところなのだと思う。
テレビのニュースの構成は、小売店では「商品の陳列」のようなもの。並べ方一つで、見え方は全く異なるということは、共感できた。
地方にいる人間として、我々はこれからクールジャパンをさらに強く意識していくべきだと感じた。

2015/09/13 19:48

投稿元:ブクログ

・Tokyo Otaku Mode(TOM)
・機構が精査して一定割合を投資しているから、ぜひあなたも安心してこの案件の投資してくださいと世界の市場に呼びかけるという役割
・ヨックモック
・東京をスルーしていきなり地方から世界へ
・能作

2014/12/21 22:21

投稿元:ブクログ

クールジャパン機構の代表取締役社長による著書。取組内容の全体像を理解することができた。インドネシアにいた際、日本のマンガ・アニメが非常に人気だったことを思い出す。現地の人々のほとんどがナルトやワンピース、るろうに剣心、セーラームーン、そしてもちろんドラえもんを知っていたし、グッズもたくさんもっていた。今思えばそれらの中には海賊版もたくさん混じっていたのだろうと思う。いや、むしろ海賊版が横行しているからこそ、多くの人々が知っていたのだと思う。

クールジャパン機構の支援も踏まえながら、日本のアニメやマンガがきちんとビジネスとして稼げる仕組みが構築されることを願っている。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む