サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. まんがでわかるセブン−イレブンの16歳からの経営学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

まんがでわかるセブン−イレブンの16歳からの経営学
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/11
  • 出版社: 宝島社
  • サイズ:19cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8002-3029-4
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

まんがでわかるセブン−イレブンの16歳からの経営学

著者 迫 ミサキ (まんが),セブン−イレブン・ジャパン (監修)

個の力を引き出し、組織力を生み出す仕事のヒントは身近にあった! セブン−イレブンでバイトを始めた高校生・奈々子が成長していくまんがを通して、セブン−イレブンの経営思想を紹...

もっと見る

まんがでわかるセブン−イレブンの16歳からの経営学

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

個の力を引き出し、組織力を生み出す仕事のヒントは身近にあった! セブン−イレブンでバイトを始めた高校生・奈々子が成長していくまんがを通して、セブン−イレブンの経営思想を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.8

評価内訳

2015/01/18 20:28

投稿元:ブクログ

院長が朝礼で話してた本。帰りの電車で読破できるくらい簡単。『今の仕事は未来から逆算して決める』『作業と仕事』

2015/12/20 07:28

投稿元:ブクログ

マンガで読みやすい。
女子高校生が7-11でのアルバイトを通じて、ただ指示に従うのではなく、自分で考えながら行動する、すなわち作業ではなく仕事をする中で、7-11の経営の学んでいく本。
読みやすいが、もう少し7-11の経営内容に踏み込んでほしかった。

2016/03/01 19:16

投稿元:ブクログ

会社の推薦図書みたいになってたので順繰りに。マンガなのに意外に時間かかった。さすがビンブン。

以下メモ。
●作業ではなく仕事。仮説に基づく行動。
●顧客から見れば「完売」は不都合。
●「顧客の立場で」と「顧客のために」は全く違う。顧客も気づいていない潜在ニーズを探す。

2014/12/27 21:52

投稿元:ブクログ

アルバイトにも経営者目線の仕事をしてもらうって、それで時給はいくらぐらいなんだろかと。まあ、就職面接の話のネタにはなりそうな気はする。
ところで、会社の近くのセブン-イレブンに金曜日の夕方にパンを買おうと立ち寄ると、だいたい売り切れになってるのだけど、それは機会ロスじゃないのか。土日が確か休みだから売り切れてるのだろうけど。

2015/05/03 15:34

投稿元:ブクログ

一時間くらいで読めた。
漫画シリーズは手軽でいいね!

吸収できたのは以下のポイント。

自分で考えること、
考えさせることは凄く大事。

相手の立場で考える事、
自分の満足が相手の不満足かもしれない。

過去の成功体験をあまり頼りすぎない。

2016/09/11 16:56

投稿元:ブクログ

経営、リーダーとか様々か視点で書かれていて学ぶところが多かったが、マンガを含めるとどうしてもボリュームがない、、、

2015/01/04 23:24

投稿元:ブクログ

今年の目標は「リアル書店に足を運ぶ」なので、それを実践すべく本屋さんに行ったら目についたので読み始めたら止まらなくなってしまい、買ってきた一冊。
うーーん。書いてあることはもっともだと思う。
ただこれ書いてるのが、廃棄前のお弁当の値下げを禁止してオーナーに負担させてたセブンだと思うと、どうよと思わなくもなく。
発注とかさせて時給変わらないなら、(物理的に人件費が出せるかどうかは別として)本来はそれダメな奴だよね。ディズニーで問題になった「やりがいの搾取」ってゆーか。
あ、一か所誤植(?)めっけ。「鈴木氏敏文氏」って「鈴木敏文氏」だよね。

2015/02/24 07:18

投稿元:ブクログ

女子高校生の奈々子が家にいる時間を減らすためにコンビニでバイトを始める。
そこでさまざまな経営学を学び成長していく。

マンガがベースになっているので、読みやすいが、内容はしっかりしている。
指示通りに動くのは単なる作業。ではなく自分で考えて答えを出す仕事を任せればやりがいを感じて自主的に仕事ができるようになる。
ここまで三カ月というが実際のセブンイレブンでバイト教育がおこなわれているのかと思うと素晴らしい・・

・地域集中出店・・ドミナント戦略のメリット
・人がやらないようなことにも実践。過去の経験を捨てて否定する力
ATM設置・お届け便・住民票・セブンカフェ。どれも未来型で、当初は反対されてきたもの。
鈴木氏の未来に自分を投じ、差別化して実践したきたこその結果である

2014/10/06 09:52

投稿元:ブクログ

なかなか、勉強になるしわかりやすいお話だったにゃん
あとは、この本の理想と現実のギャップなのだが…
こればっかりは、実際にバイトしてみないとわからないよにゃ~
(モノクロ)

2014/09/20 01:09

投稿元:ブクログ

コンビニでひとり勝ちしてるって他系列の同種店からも意識されてるセブンイレブンの「経営学」というより、そこで働く高校生バイトを主体にしたストーリーにキョーミ惹かれて読んでみた。

鈴木敏文さんの経営理論が基軸になってるんだろーけど、この「コンビニでバイトする」っていう部分は、セブンイレブンだけに限らない話だった。
上がどんな母体であっても、扱う商品の独自性が違ってたとしても、地域に密着して小規模のフロア面積で同地区の大型店に負けないサービスをしていく、っていうのは、おなじ営業努力を問われるよね。

実際、わたしが働くお店では、おんなじことしてるよねー、っていう話が多かった。
発注の予測をなにを根拠にするか、とか。
お客さんの欲しがってるものはなにか、とか。
その地域ごとの客層。
売れる陳列法。
お客さんとのコミュニケーション。
新人指導。

データに基づいてなにかを決めていく、っていうのは当たり前のよーに思うけど、データって「過去のもの」なんだよね。
そのことがこの本にも書かれてたけど、わたしのいる現場では従業員たちが「これは過去の話で明日はちがうかもしれないんだからねー」っていう考えは、だれから教わらなくても湧かせてる。

わたし自身、ここに書かれてたこと、本部の社員や店長たちにぜんぶ教わったりしてなくて、じぶんが実際に働いてきた中で考えたり気づいたりしたことばかりだった。

こーいう業種の店員は、経営学なんて教わらなくても「経験」から学ぶ。
それを改めて、この本読んで感じた。

『どんなデータがあっても人の能力には敵わない』
って、この本にも書かれた。
上からすべてを指導する体制でなく、現場の人間たちに考えさせて判断させる。
(たとえば高校生のバイトでも発注やるし、発注はどんなアイテムを今日はどれだけとるとか担当者がぜんぶ決めて、その許可をいちいち店長に必要としない)

そーやって現場の人間に主体性を持たせることで、高校生でも戦力になる、って書かれてたけど、それはほんと。
セブンイレブンに限らない話。
コンビニにも限らない話。
どんな業種でも、通じる話だと思った。

わたしはこの本を読んで、セブンイレブンからなにかを学んだ、というより、コンビニ勝ち組のセブンイレブンが「これが自社の経営学」って打ち出してることを、同系列他系列問わず現場ではとっくにやってるよー、っていう認知と、現場がやってきたことの答えあわせみたいなものが出来た本だった。

わたしもこーいう本書きたいなー、って思ったし。
書けるよねー、って思ったし。

これは、「コンビニで働くこと」の本だよね。
セブンイレブンっていう会社を知りたいっていう知識欲はそんなに満たされなかった。
だから、セブンイレブンじゃない系列で働いてるコンビニのバイトの人たちもたのしめるし、いろいろじぶんの仕事に取り込むことが出来る本だと思う。

この本はマンガになってて、絵柄も可愛くて好み。
でも1000円って価格���ら、マンガじゃなくて、もっとセブンイレブンの業態や、それかコンビニ全般の業態に突っ込んだ話を読みたかったかも。

2015/03/02 20:13

投稿元:ブクログ

セブンが実践しているらしい経営の仕方が分かりやすく説明されている。十六歳でも十分理解できる!
マンガはいい話だった。

2015/10/08 22:19

投稿元:ブクログ

再読

作業ではなく仕事
→たとえバイトであろうと

機会ロスと廃棄ロスの関係性
→バランス関係


まんがで大枠を理解出来たので原著を読みたいと思った。

2016/01/04 23:00

投稿元:ブクログ

顧客ニーズに変化を起こしてこちらから売れ筋を作っていく。そんな発想も大切。

「自分が何をやりたいか」
じゃなくて
「お客さんは何が欲しいのか」で考える。

「どれが売れたんだろう」
って売る側のめせんじゃなくて
「どれが一番欲しかったんだろう」
って買う側の目線でかんがえる。


「顧客の立場で」と
「顧客のために」は全く違う。

メーカーとの関係は「取引」ではなく「取組」

知識には言葉やデータでほとんど伝わる「形式知」と経験や感覚を通さなければ理解できない「暗黙知」がある。
仕事の意味や目的に関わる暗黙知は言葉の指示だけては伝わらない。
一緒に体験したり、具体的な業務内容には一見関係なく見える思いや理想、価値観なんかをきちんと伝えなければならない。
そのためには出来るだけダイレクトなコミュニケーションを重ねるしかない。
そのためには相手の立場に立ってコミュニケーションするよう心がける。

「言葉では伝わらないもの」を伝える努力が必要

相手目線の言葉が「この人とならやれる」を引き出す。
どんなにデータがあっても人の能力には敵わない。
コミュニケーション能力と創造力は、どれぼと大量のデータを有するコンピュータでも、人間に勝ることは無い。

上から目線で指導する様なコミュニケーションでは、主体的に動く人を作ることはできない。
それぞれが、自分で考え、行動してもらうことから始まる。

セブンイレブンが考えるトップの条件
当たり前のことに気づき行動し続ける
・理念を掲げてぶれない事
・決める力
人を動かす事
・過去を否定する力
・徹底する力
・伝える力
・未来型の発想を持つ事

2016/06/05 21:52

投稿元:ブクログ

前々からPR戦がつよいと思っていたコンビニ、そのノウハウやバイトでもやりがいのある教育とやらを勉強できたがフランチャイズのシステムについて知りたかったがこの本には書いていなかった。

2017/03/17 20:59

投稿元:ブクログ

天気や週末のテレビ映画などがあることから、仮説を立てて、商品発注したりしているのは、なるほどと思った。

商業 ランキング

商業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む