サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 幻冬舎
  6. さみしくなったら名前を呼んで

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

さみしくなったら名前を呼んで
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/11
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:19cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02633-9
  • 国内送料無料

紙の本

さみしくなったら名前を呼んで

著者 山内 マリコ (著)

踊る十四歳、孤高のギャル、謎めいた夫妻、地元を置いてきた女…律儀に生きるから彼らは孤独で、でもそれは美しく見えた。おぼつかない夜の、騒ぐ心をなぐさめる11のショートストー...

もっと見る

さみしくなったら名前を呼んで

1,512(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

踊る十四歳、孤高のギャル、謎めいた夫妻、地元を置いてきた女…律儀に生きるから彼らは孤独で、でもそれは美しく見えた。おぼつかない夜の、騒ぐ心をなぐさめる11のショートストーリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

いつになれば、私は完成するんだろう−。踊る14歳、孤高のギャル、謎めいた夫婦、地元を置いてきた女…。律儀に生きる孤独な人々の美しさをすくう11のショートストーリー。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

さよちゃんはブスなんかじゃないよ 5−15
昔の話を聴かせてよ 17−37
大人になる方法 39−80

著者紹介

山内 マリコ

略歴
〈山内マリコ〉1980年富山県生まれ。大阪芸術大学映像学科卒業。京都でのライター生活を経て上京。「女による女のためのR−18文学賞」読者賞を受賞。2012年「ここは退屈迎えに来て」でデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

地方女子のリアルな心情が秀逸。

2017/01/25 00:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は短篇集。
前作よりも脚色が少ない分、落ちついて読めるし、作者のセンス
がびしばし伝わってくる。大化け期待大の作家さんではなかろうか。
ネットで検索したら、本人のブログや地元とのタイアップ企画の
ページなどがヒットして、この人のベースが分かって面白かった。
楽しませることが好きな人らしい。でも観察眼は鋭いよ。

自分も田舎町出身だから、この作品の感覚は手に取るように
分かる。人間は自分の身の回りをものさしにして判断する。
だから田舎の人は、TVの世界を横目で見つつも、まあこんな
もんでいいんじゃね的な馴染み感を持っている。

別に都会に勝とうとも思っていないし、有名デパートがなくても
悲惨な気分になることもない。でも、うらやましくは思う。
だから都会は憧れる対象であって、自分の町がダメだと評価
するものさしではない。

この作品にも出てくるが、田舎から都会に出た人のほうが、
よほど地元を田舎扱いする。ずっと都会に住んでいる人は、
田舎には関心が薄い。自分の感覚で申し訳ないが、そんな
感覚が多数派ではないかと思う。

「でもあんた、スゴいよね、東京とか」
「……」
「まさか本当に行くなんて思っていなかった」

主人公にそう語りかける昔の友人は、なんだか充実している
ようにも見えるし、都会にコンプレックスを持っているようにも
見える。
でも、じつは、田舎という守られたバリアの中でぬくぬくして
いる、そんな感じを作者は見抜いている。

だって田舎は楽だから。
田舎が人里離れた山の中なんてのは民話の世界。
田舎といっても都市部と周辺町と散居村があり、人数的には
市街地に住んでいる人が多くて、可もなく不可もなくの生活を、
刺激が足りねー給料やすいーなんて言いながらぬるま湯に
つかっている。

もちろん、田舎のバリアの中の居心地が悪ければ、都会という
憧れの地に飛び出したくなる、そんな感覚か。
でも、大都市部から見ると田舎なんて十羽ひとからげだし。

いいとか悪いとかではなく、そんな真実をえぐってくるあたりが、
そしてそんな状態をいろいろと考えてしまう登場人物たちが、
なんともリアルで面白いのである。
海外に行けば、日本で都会ぶっているのなんてまさに島国根性
なんだよなと思っちゃうのだが、上から目線すぎる感覚だけど、
自分のアイデンティティーにもつながるような気がして意識して
しまう。
オールニッポン、自分の中では都会も田舎もないんだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/16 18:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/15 20:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/08 01:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/06 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/12 01:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/06 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/11 21:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/27 03:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/17 20:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/18 20:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/23 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/05 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/22 09:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/17 11:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る