サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

試練(ハーレクイン・イマージュ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

試練 (ハーレクイン・イマージュ)

著者 イヴォンヌ・ウィタル (作),高山 恵 (訳)

弁護士が読み上げた父の遺言に、ケイトは耳を疑った。代々受け継がれてきた父の地所は、ケイトとライノ・ファン・デル・ベルの結婚を条件として二人の共同所有となるというのだ。しか...

もっと見る

試練 (ハーレクイン・イマージュ)

710(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弁護士が読み上げた父の遺言に、ケイトは耳を疑った。代々受け継がれてきた父の地所は、ケイトとライノ・ファン・デル・ベルの結婚を条件として二人の共同所有となるというのだ。しかも、1年以内に離婚すれば土地は売却され、寄付されてしまう。父の土地を管理していた冷徹なビジネスマンのライノはあくまで“契約”として、期限付きの結婚をケイトに迫った。傲慢な態度に反感を覚えつつも、ケイトは応じざるを得なかった。大切な実家を守りたいという強い思いと、初めて彼に会ったときから感じている、奇妙な胸の震えのせいで。【「BOOK」データベースの商品解説】

ケイトの父の遺言により、父の地所はケイトとライノの結婚を条件として2人の共同所有になる。しかも1年以内に離婚すれば土地は売却されてしまう。ライノは、あくまで“契約”として、期限付きの結婚をケイトに迫り…。【「TRC MARC」の商品解説】

弁護士が読み上げた父の遺言に、ケイトは耳を疑った。代々受け継がれてきた父の地所は、ケイトとライノ・ファン・デル・ベルの結婚を条件として二人の共同所有となるというのだ。しかも、1年以内に離婚すれば土地は売却され、寄付されてしまう。父の土地を管理していた冷徹なビジネスマンのライノはあくまで“契約”として、期限付きの結婚をケイトに迫った。傲慢な態度に反感を覚えつつも、ケイトは応じざるを得なかった。大切な実家を守りたいという強い思いと、初めて彼に会ったときから感じている、奇妙な胸の震えのせいで。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/29 15:36

投稿元:ブクログ

☆3.5
昔の作品らしく、キャンキャン吠えて欲望に流されたくないけど流されちゃうヒロイン
ヒーローはヒロインのことを好きなのでは?と思ったら、ラストで「やっぱりね」という感じ。なので、ヒーローが傷つき耐えつつも我慢の限界とか、推測しながら読んだら楽しかった

2014/10/09 18:34

投稿元:ブクログ

"弁護士が読み上げた父の遺言に、ケイトは耳を疑った。
代々受け継がれてきた父の地所は、
ケイトとライノ・ファン・デル・ベルの結婚を条件として
二人の共同所有となるというのだ。
しかも、1年以内に離婚すれば土地は売却され、寄付されてしまう。
父の土地を管理していた冷徹なビジネスマンのライノは
あくまで“契約”として、期限付きの結婚をケイトに迫った。
傲慢な態度に反感を覚えつつも、ケイトは応じざるを得なかった。
大切な実家を守りたいという強い思いと、
初めて彼に会ったときから感じている、奇妙な胸の震えのせいで。"