サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 趣味・ホビー
  4. 弾丸列車計画 東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

弾丸列車計画 東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/12
  • 出版社: 交通研究協会
  • サイズ:19cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-425-76211-8
  • 国内送料無料

紙の本

弾丸列車計画 東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術 (交通ブックス)

著者 地田 信也 (著)

弾丸列車計画とは、昭和15年事業に着手した東京−下関間線路増設計画のこと。戦況の悪化により中断したものの、東海道新幹線の下敷きとなったこの計画の全体像を、文献や資料を用い...

もっと見る

弾丸列車計画 東海道新幹線につなぐ革新の構想と技術 (交通ブックス)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

弾丸列車計画とは、昭和15年事業に着手した東京−下関間線路増設計画のこと。戦況の悪化により中断したものの、東海道新幹線の下敷きとなったこの計画の全体像を、文献や資料を用いて明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

地田 信也

略歴
〈地田信也〉国鉄建設局勤務等を経て、日本鉄道建設公団に移籍。新幹線・都市鉄道の調査、計画、建設業務に従事。技術士(建設部門)。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/16 13:27

投稿元:ブクログ

戦前の弾丸列車計画について記した本。
当時、朝鮮半島や満州との連絡かわ非常に重要だったことがよくわかります。
また、国内各都市の重みが現在とは異なっていることがわかります。
技術屋さんではないので、そのあたりのことは何ともわかりませんが、全般に良書だと思いました。

2015/02/04 16:11

投稿元:ブクログ

弾丸列車に限定せず、鉄道敷設の全体像がわかるのはよかったです。年表記がゆらいでいるのは、気になりました。

2014/11/15 22:52

投稿元:ブクログ

弾丸列車計画とは、昭和15年事業に着手した東京ー下関間線路増設計画のこと。高速列車の走行を考えていました。戦況の悪化により中断しましたが、東海道新幹線がわずか5年で完成できたのは、この計画が下敷きとしてあったからです。
しかし当時の鉄道の技術水準や計画の詳細は、一部の関係者を除いてほとんど知られていません。
本書では、これまでに蒐集できた文献・資料を用いて、その全体像を明らかにします。(2014年刊)
・第1章 新幹線計画の萌芽
・第2章 輸送の状況
・第3章 新幹線の軌間選定
・第4章 新幹線計画の基本事項
・第5章 新幹線の建設規格、基準
・第6章 新幹線計画の基礎的検討
・第7章 新幹線計画の概要
・第8章 特記事項
・第9章 事業の経過と中断
・第10章 戦後の両本線の状況と東海道新幹線への道

本書は、戦前の弾丸列車計画を取り扱った本である。予定されていたダイヤグラム、車両の設計図、計画図面など貴重な資料が収録されており、貴重である。
弾丸列車計画については、東海道新幹線に関連するエピソードとして触れられることがあり、十河信二や島安次郎、秀雄親子を始めとする技術者達の人間模様を軸に取り上げられることが多い。(ゲージ論争や政党の争い、我田引鉄、建主改従など)
ところが本書では、人物についてはあまり詳しく触れられていない。
残された資料をもとに、弾丸鉄道計画とはどの様なものだったのかを淡々と解説している。まるで鉄道省の会議資料を読んでいるような錯覚を覚える。(もちろん資料をそのまま掲載している訳ではない、図表も多く読み易く解説も加えられている。)

人間模様と異なり、血湧き肉躍るという内容ではないが、東海道線と山陽線の輸送量が逼迫している様子や、ルートの検討状況などを知ることができて面白い。個人的には、大陸へのルートでもあった下関がいかに重要だったのか、感じることが出来たのが良かった。
本書は、弾丸列車計画を知る上で、オススメの本である。

2016/01/04 19:39

投稿元:ブクログ

淡々と資料を基に過去の計画に迫る点が面白い。現在の東海道新幹線はこの計画がなければもっと時間がかかったであろうことが容易に想像できる。

鉄道 ランキング

鉄道のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む