サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 僕たちの国の自衛隊に21の質問

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕たちの国の自衛隊に21の質問
僕たちの国の自衛隊に21の質問 僕たちの国の自衛隊に21の質問

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発売日:2014/10/31
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:19cm/237p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:978-4-06-287008-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

僕たちの国の自衛隊に21の質問

著者 半田 滋 (著)

自衛隊はどうやってできたの? 日本国憲法が変わると、戦争が起きるの? これからを生きる若者たちが知っておくべき日本の国防の基礎知識を、防衛記者歴20年以上の半田滋が解説し...

もっと見る

僕たちの国の自衛隊に21の質問

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

僕たちの国の自衛隊に21の質問

1,134(税込)

僕たちの国の自衛隊に21の質問

ポイント :10pt / 紙の本より270おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自衛隊はどうやってできたの? 日本国憲法が変わると、戦争が起きるの? これからを生きる若者たちが知っておくべき日本の国防の基礎知識を、防衛記者歴20年以上の半田滋が解説します。【「TRC MARC」の商品解説】

尖閣諸島と竹島の問題に象徴されるように、日中、日韓関係が悪化しています。拉致問題をはじめ、北朝鮮との関係も光明が見えません。安倍晋三首相は、解釈改憲で集団的自衛権を認めました。日本と直接関係がなくても、自衛隊は仲の良い他の国のために、戦争に行かなくてはなりません。安倍首相の狙いは、あきらかに、「戦争のできる日本」へと国を変えることです。

アジアにおける日本、世界における日本のあり方が、どんどん変わってきているのは事実です。では、日本は「戦争のできる国」を選択するべきなのでしょうか。

そのことを知り、未来の日本で選び取るのは、戦場に行かされる可能性のある若い世代です。本書はQ&A形式で自衛隊と日本の国防、米軍との関係について基本的な知識を盛り込みました。中学生でも読めるような設計にしております。

東京新聞論説兼編集委員の半田滋氏は、防衛省・自衛隊の取材を四半世紀にわたって経験しているベテランで、国防関連の講演を相当数こなしています。その半田氏が、平易、かつ、新聞やテレビでは決して触れようとしない国防の本当を語ります。

「北朝鮮からミサイルが飛んできたとき、それを撃ち落とせるの?」「日本国憲法を変えたら、戦争になってしまうの?」「自衛隊に無理矢理入れられる時代は来るの?」といった、だれもが知りたくて、でも、だれも答えてくれなかった疑問に、明快な答えが出ます!【商品解説】

目次

  • はじめに
  • 陸・海・空の自衛隊の組織図
  • 防衛省の組織図
  • 陸・海・空 各自衛隊のエリア区分
  • 日本全国の自衛隊基地・施設
  • 第1部 自衛隊って、なにをしているのですか?
    • Q1 日本国憲法には戦争をしてはいけないと書かれているのに、なんで自衛隊があるの?
    • Q2 自衛隊はどうやってできたの? どんな組織になっているの?
    • Q3 第二次世界大戦が終わった後、日本はどうやって国を守ることにしたの?
    • Q4 自衛隊って、世界の軍隊の中でどれくらい強いの?

著者紹介

半田 滋

略歴
〈半田滋〉1955年栃木県生まれ。防衛庁防衛研究所特別課程修了。東京新聞論説兼編集委員。著書に「闘えない軍隊」「自衛隊vs.北朝鮮」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/07/30 19:12

投稿元:ブクログ

どちらかというと反政府派の意見。自衛隊の組織や活動について詳しく書いてあるので、入門書として相応かなと。恥ずかしながら自分も知らなかったことが多々あった。それにしてもこういったことは知れば知るほど自分の存在の小ささを感じてならない。あと生徒にすすめるなら賛成派の本も合わせて紹介することも大事かと。

2015/02/15 18:48

投稿元:ブクログ

世界から「平和国家」と思われるようになった日本。第二次大戦後、日本国憲法で戦争の放棄を設定し、70年に渡って戦争に関わらずにきたからだ。けれど、2014年7月1日、安倍晋三総理大臣は憲法の解釈を変え、集団的自衛権の行使を認めることにしたのです。

日本は現在、確かに平和だ。けれど、
北朝鮮は核兵器の開発をすすめているし、韓国や中国やロシアと領土問題がある。
日米安全保障条約を理由ににほんにきちをおくアメリカ軍が眼を光らせているから戦争がおきないのか?では、日本に米軍基地は必要不可欠なものなのか?
戦争をしない日本に自衛隊あるのはなぜ?
世界で紛争が起こっている時、アメリカと協力関係にある日本はどのようにしてきたのか。

集団的自衛権が認められるとは、どんな事につながってゆくのか。

未来については、少し飛躍的に描いているようにも思うが、歴史をふりかってもても、絶対に日本は二度と戦争をしない、とは言い切れない。悲しいことだけど。

2015/06/06 16:03

投稿元:ブクログ

長年新聞記者として活躍してきた著者が自衛隊やそれに関わる政策や法案などについてQ&Aスタイルで述べてます。児童生徒向けに書かれているので、わかりやすい本です。
著者の立場は完全に安倍とは反対で、憲法改正や集団的自衛権の問題点がよくわかります。また、本の中に自衛官の言葉が時折引用されていて自衛官の気持ちもわかりました。
戦争が確実に近づいている現在、保護者や教員に読んでもらいたい本です。

2015/02/06 22:14

投稿元:ブクログ

自衛隊に対する認識が変わった。阿部総理に対する認識も変わった。ニュースはあまり見ない人間だから結構役に立った。