サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

古墳と続縄文文化
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発売日:2014/10/15
  • 出版社: 高志書院
  • サイズ:22cm/308p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:978-4-86215-140-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

古墳と続縄文文化

著者 東北・関東前方後円墳研究会 (編)

続縄文文化との接触に着目して、古墳築造の背景に迫る論集。北の古墳築造周縁域と東北北部の続縄文社会における主な遺跡の紹介も付す。東北・関東前方後円墳研究会が2014年2月に...

もっと見る

古墳と続縄文文化

7,020(税込)

ポイント :65pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

続縄文文化との接触に着目して、古墳築造の背景に迫る論集。北の古墳築造周縁域と東北北部の続縄文社会における主な遺跡の紹介も付す。東北・関東前方後円墳研究会が2014年2月に開催した第19回新潟大会の成果。【「TRC MARC」の商品解説】

古墳時代の前・中期に北方の続縄文文化を担う集団と、古墳を造営する集団とが交わる世界に注目することで、モノ・人の交流の具体像や古墳造営の歴史的な背景を解明する。日本海側と東北・太平洋側との違いや、多様な古墳時代の実相に迫った考古学論集。【商品解説】

目次

  •   第Ⅰ部 古墳文化と続縄文の世界
  • 古墳文化と続縄文文化の相互関係 ― 藤沢 敦(東北大学埋蔵文化財調査室 特任准教授)
  • 九州南部の古墳築造と南北周縁域の比較 ― 橋本 達也(鹿児島大学総合研究博物館 准教授)
  • 古代史研究と北疆の古墳 ― 小林 昌二(帝京大学文学部 教授)
  •   第Ⅱ部 日本海側の動向
  • 縁辺の古墳と在地社会 ― 水澤 幸一(胎内市教育委員会)
  • 続縄文土器と在地土器の併行関係 ― 滝沢 規朗(新潟県教育庁文化行政課)
  • スクレイパーの機能とその担い手 ― 沢田 敦(新潟県教育庁文化行政課)
  • 事例報告 ― 相田泰臣(新潟市文化財センター)・竹田純子(山形県教育庁文化財・生涯学習課)
  • ①南赤坂遺跡/②菖蒲塚古墳/③御井戸A遺跡・御井戸B遺跡/④山谷古墳/⑤緒立八幡宮古墳/⑥古津八幡山古墳/⑦城の山古墳/⑧天野遺跡/⑨兵衛遺跡/⑩菱津石棺/⑪山田遺跡/⑫大塚天神古墳/⑬寒川Ⅱ遺跡/⑭宮崎遺跡

収録作品一覧

古墳文化と続縄文文化の相互関係 藤沢敦 著 9−28
九州南部の古墳築造と南北周縁域の比較 橋本達也 著 29−44
古代史研究と北疆の古墳 小林昌二 著 45−53

著者紹介

東北・関東前方後円墳研究会

略歴
東北・関東前方後円墳研究会 本研究会は,『前方後円墳集成』東北・関東編(山川出版社,1994年)の出版にあたり,集成作業をとおして形成された研究者のネットワークをベースとして1996年1月に発足した。 2014年2月の会員数は約250名で,各地の研究会とも連携しながら全国的視野での古墳時代研究を目指している。年1回の総会・研究大会を開催し,シンポジウムをとおして意見交換を行うほか,連絡誌を年2回発行して各地の情報を発信している。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む