サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

現代社会の存立構造
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/30
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:20cm/341p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-255-00789-2
  • 国内送料無料

紙の本

現代社会の存立構造

著者 真木 悠介 (著),大澤 真幸 (著)

近代社会を成り立たせている論理を、その最も本質的な骨格において提示した、真木悠介の「現代社会の存立構造」を収録するほか、大澤真幸による解題、論文を掲載する。【「TRC M...

もっと見る

現代社会の存立構造

3,024(税込)

ポイント :28pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近代社会を成り立たせている論理を、その最も本質的な骨格において提示した、真木悠介の「現代社会の存立構造」を収録するほか、大澤真幸による解題、論文を掲載する。【「TRC MARC」の商品解説】

本書は、真木悠介――つまり私の社会学の師――の『現代社会の存立構造』(以下『存立構造』)の復刻版である。『存立構造』は1977年に筑摩書房から刊行された。現在は絶版になっており岩波書店から出されている『定本 真木悠介著作集』(2012-13)にも収録されなかった。本書には『存立構造』をそのまますべて再録すると同時に、後ろに、私、大澤による長めの解題と本書をめぐる論文とを収録した。 (まえがきより・大澤真幸氏)【商品解説】

目次

  • まえがき――大澤真幸
  • ■現代社会の存立構造――真木悠介
  • Ⅰ 現代社会の存立構造──物象化・物神化・自己疎外
  •   序 存立構造論の問題──社会科学へのプロレゴーメナ
  •   一 社会諸形象の〈客観的〉存立の機制──物象化の原基的論理
  •   二 疎外=物神化の上向的次元累進──物象化の重層的構成
  •   三 経済形態・組織形態・意識形態──物象化の総体的展開
  •   結 存立構造論の展開

著者紹介

真木 悠介

略歴
〈真木悠介〉1937年東京都生まれ。東京大学名誉教授。著書に「気流の鳴る音」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/02/24 17:57

投稿元:ブクログ

【メモ】
出版社の内容紹介
”“戦後社会学の必読文献、待望の復刻! /高弟・大澤真幸による懇切な解題および発展的論文を併録。

 ■現代社会の存立構造――真木悠介
──『現代社会の存立構造』は、日本を代表する社会学者・見田宗介による、透徹した近代社会論です(筆名:真木悠介、1977年、 筑摩書房刊)。
──マルクス『資本論』を社会現象や意識形態にまで拡張し、現代社会を理解するための基本的なフレームワークを提示しています。
──人間の労働と他者との交換を通じて、私たちの生が、いかにして疎外へと転回するのか。本来は他者との関係を媒介する道具にすぎないもの(貨幣、国家、理念など)が、いかにして神のごとき主体へと転ずるのか、を追究しています。
──世界的にも稀な達成であり、今日でもその重要性はいささかも薄れていません。これまで文庫や「定本著作集」(岩波書店)に未収録であった本書を完全復刻します。

 ■『現代社会の存立構造』を読む――大澤真幸
──本書の後半部、真木悠介の著作とほぼ同等の分量を占める「『現代社会の存立構造』を読む」は、前篇「解題」と後篇「『現代社会の存立構造』の行為事実を読む」から成ります。
──前篇「解題」は、『存立構造』を読もうとする初学者がつまずきかねない二つの要素――削ぎ落とされた文体、そして現在ではなじみの薄くなった概念や用語――をできるだけわかりやすくするために執筆されました。『存立構造』の互いに対応する第I部と第II部を統合し、懇切丁寧に解説しているので、正確な読解の確認、論点の整理にも役立ちます。
──後篇「『現代社会の存立構造』の行為事実を読む」は、『存立構造』を、著者・真木悠介の意図を超えて(著作の症候的、無意識的な水準において)読み解くものです。『存立構造』はトートロジーではないかとの嫌疑を晴らし、「Aへの疎外」「Aからの疎外」という二重の疎外の基底に、テクストには明示されていない、もう一つの疎外を見出します。「準古典」に対する、高弟・大澤真幸による創造的な読解です。””
<http://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255007892/>


【目次】
まえがき――大澤真幸

■現代社会の存立構造――真木悠介

I 現代社会の存立構造──物象化・物神化・自己疎外
 序 存立構造論の問題──社会科学へのプロレゴーメナ
 一 社会諸形象の〈客観的〉存立の機制──物象化の原基的論理
 二 疎外=物神化の上向的次元累進──物象化の重層的構成
 三 経済形態・組織形態・意識形態──物象化の総体的展開
 結 存立構造論の展開
II 疎外と内化の基礎理論──支配の論理と物象化の論理
 序 外化をとおしての内化──労働の回路と交通の回路
 一 外化の疎外への転回──収奪の論理と物象化の論理
 二 共同体的な回路の転回──第一水準・疎外=収奪
 三 商品世界の存立構造──第二水準・疎外=物象化
 四 市民社会的回路の転回──第三水準・物象化的な収奪
 五 資本制社会の存立構造
あとがき

■『現代社会の存立構造』を読む���―大澤真幸

読解の二つの段階
『現代社会の存立構造』解題
 序 外化をとおしての内化
 一 外化の疎外への転回──収奪の論理と物象化の論理
 二 共同体的な回路の転回──1〈疎外⇔収奪〉
 三 商品世界の存立構造──2〈疎外⇔物神化〉
 四 市民社会的回路の転回──3〈疎外⇔蓄積〉
 結 物象化の総体的な展開──経済形態・組織形態・意識形態

『現代社会の存立構造』の行為事実を読む
 一 トートロジーという嫌疑
 二 行為事実的な媒介
 三 社会現象の転換ヒステリー
 四 Rの謎とその発展
 五 三位一体論
 六 行為としての思考
 七 剰余価値の問題
 八 「Aからの疎外」から「Aへの疎外」へ、そしてもう一つの疎外
 結 「それ」を直視できるときは……

あとがき――大澤真幸

日本思想 ランキング

日本思想のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む