サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ! 若いビジネスマン諸君!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ! 若いビジネスマン諸君!
TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ! 若いビジネスマン諸君! TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ! 若いビジネスマン諸君!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/13
  • 出版社: ワック
  • サイズ:18cm/233p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89831-701-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ! 若いビジネスマン諸君! (WAC BUNKO)

著者 上念 司 (著)

経済学は世の中全体の方向性を捉えるために有効なツール。最低限必要な経済学の知見について解説し、その知見を使って恩恵を受けるためのケーススタディや生き方を紹介する。【「TR...

もっと見る

TOEICじゃない、必要なのは経済常識を身につけることだ! 若いビジネスマン諸君! (WAC BUNKO)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

経済学は世の中全体の方向性を捉えるために有効なツール。最低限必要な経済学の知見について解説し、その知見を使って恩恵を受けるためのケーススタディや生き方を紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/12/06 10:05

投稿元:ブクログ

経済センスをプッシュした本かと思って読み進むと、ポジティブシンキングにドン引きしたり、起業家のアニマルスピリットを推奨したり、つまりは迷い挫折しているロスジェネ世代が世間の、特に訳知り顔の大人のウソに騙されたり、流されたりすることがないようにというエールだと感じた。
主張のポイントの部分は参考になるが、特定個人や事件、世界情勢などの見方が陰謀シナリオ的というか一面的かつ過激な感じがして、それをストレートに表現するところに薄っぺらさを感じた。
14-187

2015/03/22 21:24

投稿元:ブクログ

私よりも5歳若いこの本の著者である上念氏が、若いビジネスマン向けに書いた本です。それにも拘わらずこの本を読んだのは、タイトルのセンスに惹かれたのと、帯に書かれている内容が気になったからです。

さらに、読み進めていくと歴史に関する内容が多く取り入れられていて、特に、宗教改革の意味、その背景を知らないと「ポジティブシンキング」なるものが理解できない、なので日本人にとっては適合させにくいことも理解できました。

ポジティブシンキングに対して疑問を投げかけている本に何冊か出会いましたが、上念氏の解説が最も私は「しっくり」来ました。やはり、人々が何を信じていたかという「宗教」の問題は大切なのですね。

また、タイトルにあるように、外資系に勤務している私ですが、確かに英語ができるに越したことは無いのですが、外資系企業に転職してから経験を通じて学んだことは、英語が母国語の米国・英国人にとって、様々な訛りのある英語を聞きわける能力こそが「マネジメント能力」の一部とされていることがよくわかりました。

英語で何を発信するのかが大事であることを分かってきた私にとっては、この本のタイトルは十分に私を惹きつけてくれました。確かに語学や知識は大事ですが、それを踏まえた上での創造力を会社が求めていることを、現代の若者にも理解してほしいなとこの本を読んで感じました。

以下は気になったポイントです。

・過去において似たようなことは発生してる、もし同じことが繰り返すのなら、という仮定のもとに過去に得られた知見を未来に応用することは可能(p17)

・ブラック企業が増えた原因として、1)マクロ的要因(デフレ発生)、2)企業の過剰適応、3)人間心理(キャリア志向、ライフスタイルの変化)にある(p29)

・日本では大企業の役員ですら、非正規社員の12倍程度の年収(1900)である、アメリカでは350倍以上(p37)

・独立するには、十分な準備と、失敗したときのプランが多くなければ一回のチャレンジで失敗する(p46)

・写真フィルムの業界は、デジカメの普及、携帯カメラ普及の二回のショックがほぼ7年おきにあり、この対応の仕方が、コダックと富士フィルムで変わっていた(p71)

・日本が、アルゼンチンやギリシアのような国家破産状態にならないのは、変動相場制の国だから、固定相場制においては通貨の買い支えのために外貨準備高を投入する(p89)

・リーマンショック後に大幅な円高となったのは、日本円の通貨が他国通貨比較で極端に不足していたから(p93)

・ユニクロで代表される人件費の安い国で作った製品流入でデフレになるならば、北朝鮮はデフレでないと辻褄が合わない(p95)

・マクロ経済の恒等式とは、貯蓄-投資+財政収支(税収-政府支出)=輸出-輸入、である(p102)

・日本では自動車1台つくるのにTシャツ0.66万枚の労働力ですむが、インドではTシャツ2万枚分の労働力が必要。これを「日本は自動車に関して、インドに比較優位であ��」という、このとき、比較優位である財を輸出して、劣位にある財を輸入することで双方とも得をする(p107)

・アメリカ等の先進国で第三次産業の割合が高いのは、比較優位を究極の状態まで進めたから(p109)

・1960年代の高度経済成長時代に日本の輸出産業は大きく飛躍している、当時は欧米のほうが技術力が上だったにもかかわらず延びたのは、比較優位のおかげ(p110)

・ECBが金融緩和をするのをドイツが嫌っていたので、欧州各国でユーロ脱退を政策に掲げる政党が躍進し始めている。2014年に入りマイナス金利を採用したので先送りになった(p117)

・将来の人手不足に備えて、アルバイトの正社員化、地元で働き続けられる職種の待遇等の改善を始めている、新卒男子にこだわって採用する企業に生き残れるかが興味深い(p142)

・年金積立金が100兆円もある国は日本くらい、イギリス・ドイツ・フランスにおいては数か月程度の積立金しかない(p153)

・2013年の公的年金の運用益は、過去最高の18兆円、12年の9兆円から倍増。09年から4年間分の取り崩し額にほぼ見合う運用益を1年でかせいだ(p155)

・ポジティブシンキングの典型的な考え方(思いは実現する)には、「思い」と「実現」の間に全知全能の「神」が存在していて、その神が人間の思いを聞き届けてくれるという原則がある(p163)

・ローマ教会の宣教師達が免罪符を売りまくった理由は、法王を決めるコンクラーベにお金が必要であったから。そのため、各地からローマに金貨銀貨が吸い上げられ、他の地域はデフレとなり、宗教改革の原動力となった(p167)

・お金を貯めれば貯めるほど成功している証拠、すなわち神に選ばれた証拠でもあることになった。これが欧州での初期資本主義の誕生秘話(p172)

・ポジティブシンキングの元ネタは、1)神は敵対的でも冷淡でもない存在になった、2)神はどこにでも存在する(汎神論)、3)神と人間は理性を通じてつながっている、神と表裏一体、4)精霊の無限のパワーを手に入れれば、物質世界の支配力を行使可能(p175)

・今のシニア世代が経験したインフレ時代と、今のデフレ時代では、世の中は変わっていてシニアのアドバイスは役に立つかはわからない(p178)

・孫子の兵法が有効なのは、漢民族同士の戦争のときだけ。漢民族は北方民族の来襲には無力で何度も滅ぼされている(p183)

2015年3月29日作成

2014/09/18 08:05

投稿元:ブクログ

私が普段読まない分野の本なので、すべてを理解することはできなかったが、歴史や経済学も面白そうだと感じた。歴史を知って現在と向き合うという章で、「保守主義」が紹介されていた。現状の問題点を認めつつも、現実を無視して一気に改善するのではなく、現実と妥協を図りながら少しずつ改善していく。保守主義は、フランスで生まれた考えとされていて、さまざまな社会の仕組みは「何世代にもわたる無意識の人間の行為」によって形成されたもので、世の中が誰か特定の天才によって「設計」されたものではないということだそうです。誰かにすがるのではなく、自分でこれがいいのでなはないかということを考えて、行動していこうと思いました。私ももっと自由を感じられるように。

2014/10/10 11:09

投稿元:ブクログ

経済はもちろんのこと歴史の教養も必要なようだ。沈み行く業界にも成長企業があるし、伸び行く業界にもヤラレ役のダメ企業がある。年金は破綻しない。不安を煽るマスコミを鵜呑みにしてはいけない。ピンチはチャンス。日本ほど可能性に満ちた国はない。ポジティブシンキングの元ネタが基督教だとは知らなかった。恥の文化で安定志向で根暗の日本人にぴったりだと思ってたので驚いた。中小企業の社長は借金をしてでも社員の給料を払い続けてるというが、給料を延滞しても自分の取り分を確保していた社長の下で働いていた身としては甚だ疑問。

2015/01/31 15:30

投稿元:ブクログ

比較的好きな著者であるのだけれど、この本の内容とタイトルは一致してないんじゃないかなと思った。
経済のセンスを身につけたい。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む