サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 航空管制官はこんな仕事をしている

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

航空管制官はこんな仕事をしている
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/13
  • 出版社: 交通新聞社
  • サイズ:19cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-330-50314-1
  • 国内送料無料

紙の本

航空管制官はこんな仕事をしている (KOTSUライブラリ)

著者 園山 耕司 (著)

航空自衛隊で管制実務と航空行政に携わった経験を持つ著者が、コンピューターや人工衛星、レーダーなどの最先端技術が結集された航空管制業務の内容、“空の道”をつくる匠の技につい...

もっと見る

航空管制官はこんな仕事をしている (KOTSUライブラリ)

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

航空自衛隊で管制実務と航空行政に携わった経験を持つ著者が、コンピューターや人工衛星、レーダーなどの最先端技術が結集された航空管制業務の内容、“空の道”をつくる匠の技について、分かりやすく解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

園山 耕司

略歴
〈園山耕司〉1935年生まれ。防衛大学校応用物理科卒業。航行支援アナリスト。「図解座標科学でわかる航空管制」で第39回交通図書賞(第2部−技術)を受賞。ほかの著書に「航空管制システム」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/19 19:23

投稿元:ブクログ

 空自の管制官をしていた著者(と言っても25年前に退官した)による航空管制官の仕事を紹介する本。仕事内容と言うよりも、航空管制の仕組みやそれを支える技術、特に「第二の革新技術」と著者が呼ぶ「衛星の技術」の紹介に重きが置かれている。飛行場の管制だけでなく、航空路管制や洋上管制、またアメリカやヨーロッパの管制についても解説されているのが特徴で、さらに第二部ではガラッと雰囲気が変わって、著者の半生について書かれている。
 分かりやすく書かれてはいるが、結構専門的な内容の触りまで立ち入っている感じなので、タイトルに惹かれて「どんなお仕事をしているのかな~」という感じで読むと、難しいかもしれない。「お勉強」するつもりで読むべき本。
 ところで著者の夢は、「航空機を秩序よく並べる航空交通整理論と安全な飛行を保証する飛行力学とを融合させた航空交通論」(p.176)の体系化らしい。「航空管制の究極の目的は、航空機間に決まった感覚を設定して順番に誘導することです。つまりこの目的には、数学的ないしは物理的に解決できる解を含んでいると言えます。」(p.209)とあるが、航空路管制や洋上管制は必ずしも順番を決めるだけが仕事ではないだろうし、順番を決めるのも、その時の対象となる飛行機の機種の種類とか、風とかで臨機応変に決めていくものじゃないのか、とか思うのだけど。
 とは言っても、「ノンレーダー→レーダー→衛星」という、著者の示す「技術革新」の発展の構図は分かりやすいし、第二部の著者の話が、この本にはそぐわないと思いながらも面白かった。また、外国の管制の話など、視野が広がる。(15/08/19)

交通・運輸 ランキング

交通・運輸のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む