サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-277930-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社文庫 西尾維新文庫)

著者 西尾 維新 (著)

「無関係でも関係なく無抵抗でも抵抗なく没交渉でも交渉なく貪るように喰らい尽くす―『人喰い』の出夢だ」これは、ひょっとしたら実ったかもしれない、小さな恋の物語だ。「人間シリ...

もっと見る

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係 (講談社文庫 西尾維新文庫)

713(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係

713(税込)

零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「零崎人識の人間関係 匂宮出夢との関係」が含まれるセット商品

商品説明

「無関係でも関係なく無抵抗でも抵抗なく没交渉でも交渉なく貪るように喰らい尽くす―『人喰い』の出夢だ」これは、ひょっとしたら実ったかもしれない、小さな恋の物語だ。「人間シリーズ」―完結編―関係四部作。【「BOOK」データベースの商品解説】

「零崎一賊」−それは“殺し名”の第3位に列せられる殺人鬼の一賊。中学校に通う零崎人識の許に、序列1位の匂宮雑技団、匂宮出夢が現れ…。人間シリーズ完結編「関係」4部作。【「TRC MARC」の商品解説】

汀目俊希として中学校に通う零崎人識の許に友人として現れたのは、“殺し名”序列第一位、匂宮雑技団の次期エース、匂宮出夢だった。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

個人的には残念な展開

2016/01/30 00:17

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:hiro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーは相変わらず面白いんだけど、自分的には出夢が好きなので、人識と仲違いするような展開になってしまうことが残念。本当は、不思議な朋友という感じで仲良くやっていてもらいたかったんだけどね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/02 23:14

投稿元:ブクログ

文庫版になるのを待ってました人間シリーズ4冊同時刊行の一冊目。久しぶりすぎてそれぞれのキャラがどんなだったか思い出しながら、と言いたいけど、粗方すんなり思い出せたのはどいつもこいつも濃いからだろうか(笑)人識と出夢の喧嘩トモダチから敵への関係移行の理由が明らかに。といってもそうなるのはラストですが。人類最悪はホント図ったように最悪のタイミングで出てくるんですな。久々に、しかも僅かな登場でもイラっと感が半端ないぜ☆直の意向に従った七人岬氏の話もちょっと読みたい。柒ってどこかで出てきたっけかな。

2014/10/16 18:59

投稿元:ブクログ

2014.10.15
発売おめでとうございます!ありがとうございます!竹さんの美麗イラストで描かれる人識の人間関係文庫本待ち望んでおりました!こんなにも可愛い人識ちゃんを拝めて目が潰れそう!ドキドキで壊れそう!出夢くんなにこれ!エロい!

飛縁魔から出夢くんのピンチを聞くや否や駆け出して行く人識が印象的でした。何だかんだ言いながら出夢くんの事は家族のように思っていた人識にはもっと素直になって欲しかったです

2014/11/15 15:26

投稿元:ブクログ

ああ、そうか、それが原因でこうなったのかという人間関係。人類最悪の名は伊達ではないのか。しかし彼の理屈から言えば、彼が「原因」とするのは本来ではなくて、遅かれ早かれ、いつかこの二人は敵対関係になっていたわけで。出夢や最悪を見てると、人識が単なる甘っちょろいお人好しに見えてくる。

こういう人間関係の妙、複雑怪奇な世界の構図は〈物語〉シリーズでは描けないわけで、やっぱり俺は戯言シリーズが好きだなぁと改めて思う。

2015/05/06 11:54

投稿元:ブクログ

いつか読まねばなぁと思ってたシリーズ。正直結構惰性で読んでる。
最初読んだの10年近く前だもんなぁ。読んでる間の感覚は随分変わってるとおもう。
戯言シリーズスピンオフ、「殺し名」零崎一族のあれこれ。導入の幸せに関する禅問答から西尾維新っぽい。
キャラクターの個性を起点にあくまで論理的にストーリーを展開させてくとこがやっぱ好きだな。結末もやむなし。
このシリーズに関しては思わせ振りと使い捨てに定評があるので、伏線ぽいものも特に気にせず読み進めよう。テンポが大事。

2015/01/17 16:33

投稿元:ブクログ

 再読。今回印象的だったのは冒頭の潤さんと小唄の会話。不幸な人間に共通するのは人間関係が満たされていないということだ、という話。これはサン=テグジュペリ『人間の土地』に出てくる箴言を逆の視点から述べているようで面白い。

2014/10/16 10:17

投稿元:ブクログ

戯言シリーズの人間シリーズの関係四部作、ついに零崎人識。匂宮出夢との関係。

どれから読むか迷ったけど、確かに一番気になってた関係の二人から。

中学生の弱っちい人識くんもかわいいな!お人好しの殺人鬼。

一瞬の恋愛関係より永遠の敵対関係に。
最悪によって運命を捻じ曲げられてしまったことは、幸か不幸か。
これはなかなかに良いバッドエンドだ。

ひょっとしたら実ったかもしれない、小さな恋の物語。

2014/10/19 10:26

投稿元:ブクログ

10/18/2014 読了。

久々に続きが出ましたね。
一気に4冊とか、財布に大ダメージです(笑

ノベルズで読んでないので、
初読みでしたが、如何せん期間が空きすぎてて、
いまいちキャラクターの思い出しに時間が…。

とりあえず、4冊読み切って
もう一回始めから読もうと思います。

戯言シリーズも読んだ方がいいかなぁ…。

2014/10/15 16:13

投稿元:ブクログ

『人間関係』シリーズ、匂宮出夢編。
久し振りに再読すると、割とストレート(?)な冒険小説っぽい雰囲気だった。こんな話だったか……。意外に覚えていないのは年を取ったせいかw

2015/08/16 23:21

投稿元:ブクログ

結末が決まっていたとは言え、なんとも切ない出夢との関係性。
序盤が良好だっただけに、ラストはなかなか辛いものがある。
これも一つの人間関係と言えるけど、もっと普通な感じの二人も見たかったかも。

なんだかんだで相思相愛だった二人が好きだった。

出番が全然ないのに評価を上げる双識流石やでぇ。

2015/03/09 17:30

投稿元:ブクログ

人を愛して命を知り 人を殺して命を知る 命を愛して人を知り 命を殺して人を知る 人を命に愛しかたを知り 人を命に殺しかたを知る そんな澄んだ夢のように 何も知らないひとり遊び

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む