サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「本が売れない」というけれど(ポプラ新書)
「本が売れない」というけれど(ポプラ新書) 「本が売れない」というけれど(ポプラ新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/04
  • 出版社: ポプラ社
  • レーベル: ポプラ新書
  • サイズ:18cm/236p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-591-14223-3
  • 国内送料無料
新書

紙の本

「本が売れない」というけれど (ポプラ新書)

著者 永江 朗 (著)

日本の読書は、本は、どこへ向かうのか? 日本独自の流通システム、変わる書店の形、ネットの世界との関係性など、出版業界のこれまでを振り返り、読み手と本をつなぐ新たな出会いの...

もっと見る

「本が売れない」というけれど (ポプラ新書)

842(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本の読書は、本は、どこへ向かうのか? 日本独自の流通システム、変わる書店の形、ネットの世界との関係性など、出版業界のこれまでを振り返り、読み手と本をつなぐ新たな出会いの形を模索する。【「TRC MARC」の商品解説】

ギモン① 本を読む人は本当に減っている?
ギモン② 売れていないなら、どうして出版関係者は忙しい?
出版不況といわれる現在、本はたしかに「売れなくなった」。商い不振で暇になるかと思いきや、本に携わる人たちは、ますます忙しい。日本の読書は、本は、どこへ向かうのか? 日本独自の流通システム、変わる書店の形、ネットの世界との関係性など、出版業界のこれまでを振り返り、読み手と本をつなぐ新たな出会いの形を模索する。

本は誰かに読まれて
初めてその存在の意味を持つ。
出版社も書店も取次も、
「本」を「読者」に手渡すためにある。
著者が10 年かけて書いた本が、書店の店頭から1週間で姿を消し、
多くの読者が知らないうちに断裁されパルプになってしまう状況は、
「本」と「読者」のためになっているだろうか。 ――本文より【商品解説】

目次

  • 【目次】
  • プロローグ――ベストセラーは出したいけれど
  • 第1章 日本の書店がアマゾンとメガストアだけになる日
  • 第2章 活字ばなれといわれて40 年
  • 第3章「街の本屋」は40 年間、むしられっぱなし
  • 第4章 「中くらい」の本屋の危機
  • 第5章 電子書籍と出版界
  • 第6章 本屋は儲からないというけれど
  • 第7章 「話題の新刊」もベストセラーもいらない
  • エピローグ

著者紹介

永江 朗

略歴
〈永江朗〉1958年北海道生まれ。書店勤務、雑誌『宝島』などの編集を経て、フリーライターに。「哲学からアダルトビデオまで」幅広い分野で執筆。著書に「おじさんの哲学」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

本と読者と著者

2016/07/18 11:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:猫目太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「読書離れ」と言われて久しいが、本当に人々は「本」から離れているのか。Amazonやそれに類似するネット書店の展開で、「本を書店」で買う事から「ネットで注文」する事に変化した。読者にわからない、本屋の取り継ぎ任せという事態見えてくる。Amazonで「電子書籍セール」も行われ、電子書籍で読む層も増えてくる。「本を売る」事だけの本屋では成り立たない事も、本書で見えてくる。だが、本当に大事なのは「本と読者、著者をどう繋ぐか」だと著者は言う。本屋や出版会社も商売だが、本と読者を繋ぐ事と「読まれて初めて存在する」本の未来を考えなければいけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/01/02 17:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/30 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/16 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/09 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/11 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/14 09:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/25 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/17 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/30 05:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/16 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/12 15:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/14 07:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/02 21:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/30 10:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む