サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

野蛮な読書(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745237-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

野蛮な読書 (集英社文庫)

著者 平松 洋子 (著)

“本の海”めがけてざぶんと飛び込み、泳ぎだす。手にした一冊に始まり、次から次へと思いがけず繋がっていく本の世界。時間や場所を問わず、興味の趣くままに読み進めた全103冊、...

もっと見る

野蛮な読書 (集英社文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

野蛮な読書

605(税込)

野蛮な読書

ポイント :5pt / 紙の本より43おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント!

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月13日(金)~2017年1月19日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“本の海”めがけてざぶんと飛び込み、泳ぎだす。手にした一冊に始まり、次から次へと思いがけず繋がっていく本の世界。時間や場所を問わず、興味の趣くままに読み進めた全103冊、読書の真髄と快楽を余すことなく綴った一冊。食や暮らしの分野で人気の著者初の読書エッセイ。時を忘れて読む楽しさや幼い頃の記憶を呼び起こし、「読みたい」欲をかきたてる。第28回講談社エッセイ賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【講談社エッセイ賞(第28回)】沢村貞子、山田風太郎、獅子文六、宇能鴻一郎、佐野洋子、川端康成…。食と生活のエッセイストとして活躍する著者が、海を泳ぐようにして読む103冊。読書の魔力をがぶり味わい尽くす。【「TRC MARC」の商品解説】

一冊の書物から導かれるように読書の世界へ分け入っていく。野蛮なる読書の真髄と快楽を余すことなく綴った1年間、怒涛の103冊。食や暮らしのエッセイで人気の著者初の読書エッセイ。(解説/嵐山光三郎)


【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.8

評価内訳

2015/01/11 21:45

投稿元:ブクログ

読書にまつわる少し長めのエッセイ。読書だけでもないし、生活だけでもない。平松洋子さんの文章は初めて読んだけれど、構成と比喩がダイナミックで迫力がある。「わたしの断食一週間」で子規の『仰臥漫録』を読むっていうのはよーくわかる。私はやたら恋愛ものが読みたくなった、断食中。食を意識せざるを得ないからストレートに食の本に走るか別の欲求で埋めるかは性格が出るところだろうと思う。あと、「クリスティーネの眼差し」!写真集についての章が素晴らしい。実際写真見たことあるのは森山大道ぐらいだけど、恐ろしい鴉の写真を、是非見たいと思いました。宇能鴻一郎って芥川賞作家だったのか、知らなかった。

2014/11/06 11:23

投稿元:ブクログ

読書エッセイを読むと、自分では興味を持たないような本の存在を知れるし、本の読み方を知れます。
”本は本を連れてくる”という表現に共感を覚え、この本は次にどんな本を連れてきてくれるのだろうかと楽しみに思いました。

2014/12/06 17:49

投稿元:ブクログ

うむ。
私にはまだ早すぎたようです。

最初のうちはスラスラ読めて、おいしそうな食べ物のこともたーくさん出てくるので、お腹空いたなー、あ、これも読んでみたいなーなんて、巻末の一覧にチェックつけてたりしたのですが、途中から全然読めなくなって断念……。

もうちょっと年をとったときにまた読んでみたい。

2014/11/13 19:22

投稿元:ブクログ

読書エッセイだけど、文章の味わい方が食エッセイでちょっと驚いた。
“味の記憶”のような“感覚”を文字で説明するのように、本や作家の風味を分析していく共感しやすい読み心地。

2015/10/10 12:37

投稿元:ブクログ

経験も知識もものすごく豊富ですごい人なのに、飾らない、庶民感覚を忘れない、こんな私でも共感できてしまうような文を書けるのがすごい。

2016/06/30 21:38

投稿元:ブクログ

ところどころに面白い本が出てきて、最後まで読んだけど、すごく好みのエッセイストではないなぁ。でも、知識やっぱり興味の深さが面白く、出会えなかったであろう本に出会えるのがよかった。

2014/10/18 08:46

投稿元:ブクログ

野蛮である。

集英社のPR
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-745237-2&mode=1

2015/01/13 16:47

投稿元:ブクログ

どちらかというと食にまつわるエッセイで知られた平松洋子さんのジャンルにとらわれない書評集『のようなもの』。
のようなもの、というのは正統な書評集とはいいにくいからだ。
普通、主題の本を決めたらそれにまつわる感想やエピソードなどで構成するのが、普通の書評ならこの本は一冊から五冊十冊と広がっていく連想ゲームのようなエッセイなのだ。
たとえば冒頭、向笠千恵子さん(この人も有名なフードライター)が『日本の朝ごはん』で紹介されているさかもとという民宿に宿泊し、そのすばらしい経験を書きながら読んでいる本の内容にふれていくのだけれど、無理が無い。
これはかなり難しいテクニックの書評…というより読書日記だ。
一冊の本を読みながら十の本を思い出し、それを織り込みなおかつ日常のスケッチをいれ、なおかつ芯にしている本に最後は帰結していく。
だんだん読みたい本が増えてきてしまうのは、それぞれを的確においしいところを引っ張り出しているから。
俗物の極みと評されそうな叶野恭子お姉さまの著作と山下清の本の内容を同じ章につづる強引さ、しかもそれがしっくりくるという。
一冊読んで、別の本のことを思い出して取りに行くタイプの本読みならこの本はわかるわかるのかたまりだと思う。

2014/12/14 14:18

投稿元:ブクログ

武田百合子、池澤夏樹、森茉莉、沢村貞子、宇能鴻一郎、小山清、開高健、獅子文六、室生犀星、古屋誠一などなど、気になる本がたくさん。メモしながら読んだため時間がかかった。平松さんの生活に本が溶け込んでいて、とてもうらやましく思った。特に好きなのは沢村貞子についての章。

2016/03/21 14:57

投稿元:ブクログ

平松さんと言えば、『サンドウィッチは銀座で』『焼き餃子と名画座』などで、独特の食体験を端正で、かつ息遣いのある文体で表現していた覚えがあります。

この本では、旅行、映画、文学など、幅広く自身の体験を、周囲の人々の観察も交えながらつづっています。

こちらの本は、端正さよりも、より自身の失敗、迷い、感情などがストレートに出ています。もともと雑誌掲載のエッセイをまとめたものなので、幅が広すぎてちょっととらえどころがない感じもします。

2016/01/19 21:17

投稿元:ブクログ

書評集。
最初は合わなかったのか、ひとつの章の中にたくさんの本が紹介されていて、めまぐるしく話が変わるのでだんだん読み疲れてきて、途中で読むのやめよう…でももうすこしと頑張って写真集の章まで読んでみたらこれがすごいよかった…!!
重い話にぐーっと引き込まれて、その写真集がすごく見たくなった。
凄いのは、どんな写真か見なくてもその写真を想像までできたということ。
その写真を見て自分が心震えるところまで想像できた。
頑張って読んでよかった。

2015/03/29 19:22

投稿元:ブクログ

事物の価値を見極めたい。
自慢していたのが後々考えれば恥ずかしいと思うようになった
青年時代に与えられた特権
これから先 みっともない大人になりたくない
「私本好きなんです、蔵書も800冊程持ってます。
 この世界{読書)のうちに入る前には憧れの対象だった人たち
 読書家の分類もしていなかった。ただたくさん本を読めば賢くなれると思っていた。なんて浅はかな考えだっただろうと今では思うのだが、そのような下劣な動機でもこの世界に入れたことは、入ったことは一種の誇りでもある。やり通すこと、諦めないこと、それは取り組んでいるそのものが全部誤っているのではなく部分的であることを知り受け入れ、見落としている部分にも視野を広げ調整をしてつなげていくこと。

いいものもあれば悪いものもある。
本当があれば嘘もある。[それは本当があるから嘘があるかもしれないし、嘘があるから本当があるのかもしれない。だけれども、だけれども、そんなことは生きていくうえでは実にどうでもいい話だ。学問の上ではわからない。高尚なことをしているがゆえに己の過ちを認めたくないのはインテリの最もわるい性だ。そして自己弁解、弁護も同じく。きわめて美しくない。と言うよりも汚いといったほうがよさそうな気もする。]

読書の世界にもこの原理が全部でないにしろあてはまるはず。

 悪害極まりない本読み(それもいい年した)は
 自覚していなくても、むしろ自分はいいことをしているという認識でいる。
 青い... みっともない.... はずかしい...  そして何より美しくない...。


下種な商売して、いい暮らし。募金活動でもしやがれってんだい。

読書の世界に入る前にまず何から読み始めよう、どう読んでいけばいいのだろう?この問いから入っていった。
すでに本を読む方法がこの世界には樹立されていて、それをそのまま汲み取ろうとした。本の種類にはどういうのがあるか、どれだけあるか?さまざまの疑問への答えもこの世界にはすでに存在しているとそう思っていた。

おそらくそうであるのかもしれない。
だけど、空になった。中身を、味を、香りを吹き込んでいなかった。それは内の型・器に

もう少し乱らにしていてもいいかもしれない。
ただそれは副次的なものとして、まだ事物が始まるかどうかわからない位置にいる存在である今。己のうちに秩序を作りだてて制限するのは何か後々のことを考えると口惜しい気になってくる。

2015/09/13 09:19

投稿元:ブクログ

書評。前半は軽い感じで、後半は重量感のある感じで進められていく。日常的だけれどだしとかにこだわった和食を食べてる感じの書評だった。酒井順子の書評はもっと洋食な感じ。

2015/01/14 15:45

投稿元:ブクログ

著者の読書エッセイ。昔の本がたくさん紹介されていた。読みたい本がいくつかあったが、昔の本なので探すの大変そう。でも、見つけ出して読みたい!

2015/03/27 18:59

投稿元:ブクログ

「読みたい」力を掻き立てる、洋子さんが日常に平行して野蛮に103冊の本を紹介していくエッセイ。

フードジャーナリストなだけあって、食の描写が凄いんです。書評も秀逸…。叶恭子の本が紹介されたと思ったら官能小説を紹介したり、平松さんの気取ってない柔らかな文章、クスッと笑えるユーモア。
個人的に"わたしの断食1週間"での断食中のひもじさと断食後の食への感謝と断食中の夜に読む正岡子規が印象的だった。

自分の表現力じゃこの魅力は伝わらない…贅沢すぎて感無量!読みたい本がまた増えました。読書好きな方(そうでない方も)是非是非是非是非絶対読んでみて下さい!平松洋子さんのような母親がいたらなあ…って心から思った。何度も何度も読み返していきたいエッセイでした。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む