サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 人生とは勇気 児玉清からあなたへラストメッセージ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人生とは勇気 児玉清からあなたへラストメッセージ(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/190p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-745239-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人生とは勇気 児玉清からあなたへラストメッセージ (集英社文庫)

著者 児玉 清 (著)

クイズは人生と同じ。そのときボタンを押せるか押せないか。人生とは勇気、と、毎回思う―心に染み入る言葉が入った、数々のインタビュー。さらに、子供のころの疎開先でのつらい思い...

もっと見る

人生とは勇気 児玉清からあなたへラストメッセージ (集英社文庫)

464(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クイズは人生と同じ。そのときボタンを押せるか押せないか。人生とは勇気、と、毎回思う―心に染み入る言葉が入った、数々のインタビュー。さらに、子供のころの疎開先でのつらい思い出、俳優になった運命的なできごと、本を読むよろこび、などを綴った最後の連載エッセイも収録。正義の人、反骨の人、学究の人、そして何よりも思いやりに満ちた人、児玉清が伝えたかった最後のメッセージ。【「BOOK」データベースの商品解説】

僕が一番ほしいものは、心の自由を妨げられないこと−。俳優・児玉清が仕事と人生について、その胸のうちを静かに語った数々のインタビューと、子供のころのつらい思い出、本を読むよろこびなどを綴ったエッセイを収録。【「TRC MARC」の商品解説】

俳優、司会者、書評家として活躍した児玉清。本物のジェントルマンだった彼が、番組や人生について語ったインタビューの中から、珠玉の言葉をピックアップ。最後の連載原稿も収録。(解説/中江有里)


【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

誠実

2016/04/16 16:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:k - この投稿者のレビュー一覧を見る

誠実そうな見た目通りの男
喜怒哀楽、紳士ぶらないところが素晴らしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

児玉清さんのメッセージ

2016/07/30 09:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mistta - この投稿者のレビュー一覧を見る

私がこんな風に歳を取れたら良いのにと思っている俳優が二人いる。
一人は長塚京三氏。

そして、もう一人が、故人となってしまったが児玉清氏。
アタック25の司会者。その落ち着いた司会ぶり、知性を醸し出す
雰囲気に憧れていた。

「年輪」とはこういうものなのかと思わされた。その氏が書かれた本。
いわば自叙伝とも言える内容。大学卒業時に亡くなったご母堂。
そして、夭折した娘さん の死の悲しみ。児玉氏の赤裸々な思いが
落ち着いた筆さばきで記されている。

この書は、実はもう少し内容が追加される予定が、児玉氏が他界されたので、残念ながら・・・ ということだ。

だが、氏の人生観、我々へのメッセージに読んだ私は勇気づけられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/09/16 22:31

投稿元:ブクログ

大の読書家でも知られた俳優、児玉清さんのエッセイ。穏やかそうな風貌の裏側に、このような哲学者然とした生き方が隠されていたとは。
いじめにあった学童疎開時代、読書との出会い、俳優の世界へ入るまで。そして、どこまでも独立独歩な生き方。とても勇気を与えられた一冊でした。

2014/09/16 19:24

投稿元:ブクログ

祝文庫化!

集英社のPR
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-745239-6&mode=1

2014/12/21 14:23

投稿元:ブクログ

芸能界一の読者家、児玉清さんの最後のエッセイ。子供のころの疎開先での体験や、芸能界入りでの運命的な出来事や、本とのかかわりなどが、読者へのメッセージとともに綴られている。
「『知っている』ことに意味はない。人間にとってはその先の知恵が大事。そして知識は、知恵の底辺になるものです。」
「人間の心はなんでも生み出す、すごいものです。誰しも本当に生きている場所は心の中。だから心を覗けば、その人の正体はわかります。」
じっくりと味わいたい言葉です。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る