サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ハイランドの戦士に愛の微笑みを

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハイランドの戦士に愛の微笑みを

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/17
  • 出版社: 集英社クリエイティブ
  • サイズ:16cm/631p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-420-32029-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ハイランドの戦士に愛の微笑みを (ベルベット文庫 ハイランド・ガード)

著者 モニカ・マッカーティ (著),芦原 夕貴 (訳)

14世紀スコットランド。イングランドからの独立のため、秘密裏に精鋭戦士団が結成されようとしていた。戦士団の訓練を依頼されたのはハイランダーのトール。彼は謝礼の一部として美...

もっと見る

ハイランドの戦士に愛の微笑みを (ベルベット文庫 ハイランド・ガード)

1,296(税込)

ハイランドの戦士に愛の微笑みを

1,166 (税込)

ハイランドの戦士に愛の微笑みを

ポイント :10pt / 紙の本より130おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

14世紀スコットランド。イングランドからの独立のため、秘密裏に精鋭戦士団が結成されようとしていた。戦士団の訓練を依頼されたのはハイランダーのトール。彼は謝礼の一部として美しい貴族の娘クリスティーナとの結婚を持ちかけられるが、彼女は家出を計画し、修道院へ逃れようとしていた…。命がけで戦う屈強な戦士!花嫁の過酷な運命!名戦士がヒーローになるシリーズ続編も全米で絶賛刊行中の熱く切ない恋物語!!【「BOOK」データベースの商品解説】

純粋無垢な貴族の娘が愛した男は、精鋭戦士団を指揮する屈強なハイランダー戦士だった…。ロマンス・ファンから圧倒的な評価を受ける、NYタイムズ・ベストセラー入りのヒストリカル・シリーズ開幕!


【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/01/30 10:17

投稿元:ブクログ

「ジュリーガーウッドが好きなら好みの本」
まさにその通りだった
最初から最後まで面白かった!
ラストスパートでは泣きそうになり、ハッピーエンドで本当に良かった良かった

2014/11/26 19:15

投稿元:ブクログ

あんまり読んだ事のないジャンルだったけど、予想以上に面白かった!少し前にスコットランド独立の投票のニュースを見ていたせいか、小説のキモでもあるスコットランドの独立心がすんなり頭に入って読みやすかったし、ロマンス部分も自分で苦手なジャンルだと思っていたけどワクワクさせられた。
これは是非続きを読みたいな。

2014/10/20 23:04

投稿元:ブクログ

序章だな・・・途中退場(とはいえかなり後半だけど)彼の肩に刺れられた墨の意味は?彼は脱落したんではないの?それとも何かの伏線?ヒロインは特に困った行動をとったわけではないと思うのだけど、ヒーローの秘密主義のせいで大げさになっていったようにも思えるなぁ。まぁ、悪い方に転がらなかったのでよかったけど、もしそうなら大きな戦になったんでしょうね。ハイランダー、ローランダーは知ってたけどアイランダーがいるとは!アイランダーのアイは島のアイランドの意味ね~

2017/05/08 09:58

投稿元:ブクログ

3作目の前に再読(何度再読したかもはやわからない)ハイランドガード1。イングランドから独立の為結成された精鋭戦士団の指揮官トールと貴族の娘クリスティーナの物語。イングランドやクラン同士の激しい戦闘が巻き起こる中、集まった戦士達が繰り広げる訓練が凄まじい!それぞれ得意分野を持ち個性有りで彼らのスピンオフが待たれる。ロマンス部分も負けてないよ。クラン一筋で生きてきたトールがクリスティーナに惑わされる惑わされる。萌えキュンポイントてんこ盛り。初めてをあんな形で奪われたクリスティーナですがトールに魅せられ、自分もトールの頑なな心を変えていく。3作目レンジャーの予習バッチリ!