サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. 岡田英弘著作集 5 現代中国の見方

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

岡田英弘著作集 5 現代中国の見方
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/24
  • 出版社: 藤原書店
  • サイズ:20cm/583p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-89434-986-5
  • 国内送料無料

紙の本

岡田英弘著作集 5 現代中国の見方

著者 岡田 英弘 (著)

シナ史、モンゴル史、満洲史、日本古代史を幅広く研究し、独自の「世界史」を打ち立てた歴史家・岡田英弘の集大成。5は、現代中国の誕生、中国人の意識構造、1972年〜1990年...

もっと見る

岡田英弘著作集 5 現代中国の見方

5,292(税込)

ポイント :49pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「岡田英弘著作集 5 現代中国の見方」が含まれるセット商品

岡田英弘著作集 全8巻 8巻セット

岡田英弘著作集 全8巻 8巻セット

  • 税込価格:47,628441pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

シナ史、モンゴル史、満洲史、日本古代史を幅広く研究し、独自の「世界史」を打ち立てた歴史家・岡田英弘の集大成。5は、現代中国の誕生、中国人の意識構造、1972年〜1990年の時局、発言集などを収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

恐るべき現代中国論の集大成!
岡田史学の眼でこそ見通せる、現代中国の真実。
領土問題、歴史認識をはじめ軋轢の高まる日中関係。今日でこそようやく白日の下に明らかになった中国の真実だが、岡田は既に40年前からこれを見抜き、警鐘を鳴らしていた! 近現代中国をどう見るべきか、日本はどう振る舞うべきか。歴史学が現代において大きな意味をもつことの好例が、岡田の中国論である。
[月報]マーク・エリオット/岡田茂弘/古田博司/田中英道
【商品解説】

収録作品一覧

現代中国の誕生と日本 17−38
中国における少数民族 39−71
中国人の意識構造 75−96

著者紹介

岡田 英弘

略歴
〈岡田英弘〉1931年東京生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒業。東京外国語大学名誉教授。歴史学者。シナ史、モンゴル史、満洲史、日本古代史と幅広く研究し、独自に「世界史」を打ち立てる。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

文化大革命、林彪失脚の同時代考察が秀逸

2014/11/27 20:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の現代中国論、それも1960年代から1980年代の中国論の寄せ集めだが、いまなお古びた感じはしない。むしろ、いまもって刺激的だ。当時、「中国は巨大すぎて、日本人には理解できない」などと逃げ腰のマスコミ論調が多かったなか、明快に中国に斬り込んでいる。著者のさめた見解にようやく日本の一部のマスコミが追いつきつつあるといったところで、著者の世界観、中国観には驚嘆の一言だ。まったく媚びないところが、畏敬に値する。
とくに秀逸だったのは、文化大革命の混乱、林彪墜死事件、とう小平の台頭のあたりを考察したくだりだ。当時、中国で起きた事実をもとに、同時代にあって著者は大胆に推理を試みている。それが間違っているかどうかは、いまだわからない。なにしろ、林彪事件をはじめ文革中の事件は、いまだ秘密のヴェールに覆われているからだ。そんななか、手さぐりながら、中国権力闘争の本質を射抜こうとしているのだ。
とりわけ感嘆したのは、毛沢東の権力さえ失墜寸前であったことだ。毛沢東は軍を掌握できず、林彪に軍掌握を託したが、その林彪も軍を掌握しきれない。そこに軍の実力者とパイプを持った周恩来が、軍をかろうじてつなぎとめることで逆襲、林彪は追い込まれる。権力闘争のなか、一部では、毛沢東批判がはじまり、毛沢東の地位はダモクレスの剣下にあったとは。権力闘争にあって、毛沢東も例外的な超越者ではなかったのだ。
もう一つ、中国の権力闘争は、大国とのパイプが絡んでいるとの話も秀逸。林彪を支えたのは、ソ連のベリヤ、ほう徳懐と太いパイプを持っていたのが、同じくソ連のジューコフ。ベリヤ、ジューコフの失脚が、林彪、ほう徳懐の失脚につながっているという考察は、炯眼としか言いようがない。悪名高い田中角栄訪中も、周恩来、毛沢東の生き残りに重要であった。いかに今世紀、中国が大国化しても、なお大国とのパイプが内部の権力闘争を左右するのだと思う。
また、架空のシンガポール人になりすまし、日本と中国を語るところは、おもしろい。大国を憎むのは小国の権利であり、大国はそんな小国の憎悪にじたばたする必要はないとの見方は、じつに外交の本質をついている。いまなおそれができないのが、日本の問題なのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歴史学 ランキング

歴史学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む