サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. アートにとって価値とは何か

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アートにとって価値とは何か
  • みんなの評価 5つ星のうち 2 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/17
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:20cm/272p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-344-02641-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

アートにとって価値とは何か

著者 三潴 末雄 (著)

アートの価値とは何で決まるのか? 日本人のアートは西洋人にとって“土人のみやげもの”なのか? 日本の現代美術界において、常に台風の目となってきたミヅマアートギャラリーの三...

もっと見る

アートにとって価値とは何か

1,836(税込)

アートにとって価値とは何か

1,469 (税込)

アートにとって価値とは何か

ポイント :13pt / 紙の本より367おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アートの価値とは何で決まるのか? 日本人のアートは西洋人にとって“土人のみやげもの”なのか? 日本の現代美術界において、常に台風の目となってきたミヅマアートギャラリーの三潴末雄が、その闘いの全てを語る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三潴 末雄

略歴
〈三潴末雄〉1946年東京都生まれ。成城大学文芸学部卒業。80年代からギャラリー活動を開始。ミヅマアートギャラリー東京、北京、シンガポールディレクター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/12/23 08:15

投稿元:ブクログ

 西洋文明が築いた価値観の揺るぎなさは想像を絶するほどに強力で、国内での展覧会への動員数を数えるたびに美は西洋にあると洗脳されているかのようだ。日本の文化は古いものを乗り越えていくスタイルではないし、欧米の評価軸に合わせて発見されるものでもない。海外からの文化的影響を咀嚼しながら脈々と文化的発酵を繰り返し今につながっているものなのだ。

2015/09/14 18:18

投稿元:ブクログ

日本のアート表現の美学についても、きちんと英語で戦えるキュレーターや評論家を育成って…w結局ルールに従って行くってことを前提としている以上、土産物でしょ。
いつまで経ってもスポーツと同じ(ーー;)やっぱり、主導権を取れるものを作ろうとしない。枠から絶対出ない。せっかく主導権を持っているものについては枠を広げようとはしない。
アーティストなんて、スケールが小さいんだよ。
企業の方が面白いんだ、だって結局、付加価値の創造は金をどれだけ稼げるか?なんだもんアート界もそれは同じでしょ。アップルより優れたアーティスト集団はアート界にはいないし、任天堂より優れた集団も日本にはいない。
だから言えばいいのに、一人で企業に対抗出来る魅力あるアーティストなんて今の日本にいないって。

幸福な1人の絵描き自給自足時代はとっくに終わり、分業制になった時点で企業に対抗しなきゃいけないのにまだノスタルジックな閉じた世界すなわちアート界にいる人間なんて、一般受けする魅力ある人間ではないよ。内輪ネタはいらない。
現代アートの価値=Googleの時代です。

2015/03/30 16:07

投稿元:ブクログ

ギャラリストから見たアートの価値。
→http://bukupe.com/summary/13271

芸術・美術 ランキング

芸術・美術のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む