サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人影花(中公文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/17
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-206005-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

人影花 (中公文庫)

著者 今邑 彩 (著)

見知らぬ女性からの留守電、真実を告げる椿の花、不穏に響く野鳥の声…ささいなことから平和な日常が暗転し、足元に死の陥穽が開く。戦慄に満ちた文庫オリジナル短篇集。没後なお読者...

もっと見る

人影花 (中公文庫)

713(税込)

人影花

540(税込)

人影花

ポイント :5pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

見知らぬ女性からの留守電、真実を告げる椿の花、不穏に響く野鳥の声…ささいなことから平和な日常が暗転し、足元に死の陥穽が開く。戦慄に満ちた文庫オリジナル短篇集。没後なお読者を惹きつけてやまない今邑ミステリの精華がここに。【「BOOK」データベースの商品解説】

見知らぬ女性からの留守電、真実を告げる椿の花、不穏に響く野鳥の声…。ささいなことから平和な日常が暗転し、足元に死の陥穽が開く。戦慄のミステリ&ホラー全9篇を収録した、文庫オリジナル短篇集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

私に似た人 7−39
神の目 41−79
81−128

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

はまります。

2015/08/24 17:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TK - この投稿者のレビュー一覧を見る

世にも奇妙な物語のドラマになりそうなものばかりです。作品はどれも面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/11/29 10:36

投稿元:ブクログ

(収録作品)私に似た人/神の目/疵/人影花/ペシミスト/もういいかい…/鳥の巣/返して下さい/いつまで

2014/10/25 18:16

投稿元:ブクログ

1994年から1998年、短編集未収録の作品を集めたもの。
私に似た人 / 神の目 / 疵 / 人影花 / ペシミスト / もういいかい… / 鳥の巣 / 返して下さい / いつまで

どれも面白かった!!
ホラー風味の意外な結末系。
58歳で亡くなられたのが本当に残念です。

2016/02/17 15:02

投稿元:ブクログ

今邑彩の短編をたくさん集めた一冊。
ホラーの要素があるもの、ブラックオチなどが多い印象。
全部で九編ありますが、印象に残ったのは以下です。

・神の目
ストーカーをしていたのは自分だった、というオチが良かった。
探偵役の二人が明るいので必要以上にギトギトせず読後感も良い。

・疵
相棒の「ピルイーター」に似た話というか…。
語り手の女性が犯人だというのはすぐにわかりましたが、殺した理由が同性愛というところまでは気づきませんでした。

・人影花
表題作。人影花とは椿のこと。その場にいる人の分だけ
花を咲かせるところから。
この話のモチーフになっている、鬼と夫婦と椿の昔話が印象に残りました。ちょっと調べたけど元ネタが出てこず。もう少し探してみます。

・返してください
この話が一番怖いかなー。話が全く通じなさそうで。

2014/10/20 22:52

投稿元:ブクログ

ホラーミステリ短編集。単行本に収録されていないものがまだこんなにあったとは……嬉しい限りです。
お気に入りは「鳥の巣」。恐怖が一番じわじわと迫りくる一作でした。ネタとしてはありがちな話なんだけど、そんなことをまったく感じさせない圧倒的な迫力です。
「人影花」もいいなあ。予想できるような展開なんだけど、そこからが捻りもあって見事。そしてラストにはぞくりとしたものが残ったり。

2014/11/08 11:34

投稿元:ブクログ

【収録作品】私に似た人/神の目/疵/人影花/ペシミスト/もういいかい…/鳥の巣/返して下さい/いつまで

2014/10/19 19:36

投稿元:ブクログ

今邑さんの良さが出ている素晴らしい作品であった。短編9編で構成されているが、中でも「私に似た人」と「返して下さい」が良かった。前者は間違い電話に嘘で応じて相手の反応を楽しんでいるうちに、恫喝されるようになり、その後意外な結末を迎える作品である。後者は、「返して下さい」という奇妙な留守番電話が発端で、美人な女性と知り合うのだが、その美人な女性が…、という恐怖の伴う作品である。短編でありながら、しっかりとどんでん返しが含まれており、物語の進むテンポも良い。フジテレビで放送されている「世にも奇妙な物語」に使えそうな作品でもある。個人的に今邑さんの作品を愛読していたのだが、乳がんで闘病されていたらしく、2013年にお亡くなりになってしまったらしい。とても残念でならない。心よりご冥福をお祈りします。

2016/08/06 23:16

投稿元:ブクログ

未収録作品を集めて文庫化したとのことですが、
「語り手が実は…」なオチが続き、少々食傷気味でした。

ただ、解説にもあったように
最後まで、ミステリーで落ち着くかホラーで落ち着くかわからないところは
この作品集の醍醐味だと思います。

2015/04/12 21:31

投稿元:ブクログ

滅多に読まない短編集。ミステリーだったり、ちょっと怖かったり、昔の「世にも奇妙な物語」のような感じです。
短編にも関わらず、構成、展開、よく出来てると思います。でも怖がりの私は、普段なら読まないかもです。

2015/03/28 11:57

投稿元:ブクログ

9話の短編集。
ミステリーの短編で、こんなに面白いものがあるのを知ったのは、日本推理作家協会編のアンソロジーだったと、思う。

題名の「人影花」は、椿の花と、初めて知った。
しかし、この中の昔話をホラーに仕上げ、最後の女の話が、本当か嘘なのか?、、、と、余韻を持たせながら、背中を、ゾクとさせる怖さは、今邑彩氏のうまさなのだろう。
どれもこれも、浦島太郎の様な、開けてはいけない玉手箱の様な、怖さを含めている。
「鳥の巣」のように、作者は、この世を見ているだろうか?

2013年 50代で、亡くなられたのを、惜しむ。
もっと、面白い作品を沢山書いて、読者を、ビックリさせたり、驚かせたり、怖がらせたりした事だろうに、、、、。

2014/12/23 07:26

投稿元:ブクログ

ホラーテイストの短編集。意外なオチが待っているものが多く、面白い。「鳥の巣」が特に傑作。他にも10ページに満たない超短編などがあり、これらもキレがよく充分楽しめた。

2015/07/25 18:21

投稿元:ブクログ

全9編の短編集。

「私に似た人」
「神の目」
「疵」
「人影花」
「ペシミスト」
「もういいかい……」
「鳥の巣」
「返して下さい」
「いつまで」

解説・日下三蔵

2016/06/05 17:33

投稿元:ブクログ

久しぶりに、今邑彩の作品を読んだー!やっぱり、面白い!ちょっと不気味なところもいい。



夫に死なれ、病気の舅の介護をする芳子。ある夜、居間にある電話が鳴った。時刻は夜の10時過ぎ。めったに鳴ることのない電話をぼんやりと見つめ、受話器を取るとただの間違い電話だった。
しかし、芳子は何を思ったのか、その間違い電話に付き合うことに…何度もかかってくる電話に、辟易した頃、恐ろしい展開になり…【私に似た人】


短編小説で読みやすい。そして、少しホラーも入ってるかんじ。だけど、怖いんだけど面白い。
久しぶりに読んだからか、夢中になって読んでしまった。そして、思い出した。今邑彩って亡くなったんだなと。もうこの先、どんなに楽しみにしてても次はないんだなと。少し寂しくなった、そんな作品だった。



2016.6.5 読了

2014/10/20 13:15

投稿元:ブクログ

とっても短い短編も加えることができた、今邑彩短編作品集でしょうか。今邑彩の気味の悪さと小気味良さが出ていて、サクサク読めました。

2016/03/01 19:53

投稿元:ブクログ

*見知らぬ女性からの留守電、真実を告げる椿の花、不穏に響く野鳥の声…ささいなことから平和な日常が暗転し、足元に死の陥穽が開く。没後なお読者を惹きつけてやまない今邑ミステリの精華がここに*
今邑作品はもう読めないと思っていたので、本当に貴重でありがたい一冊。いつになく丁寧に読み込み、改めて著者の素晴らしさを堪能した。

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む