サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ゴースト・スナイパー

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゴースト・スナイパー
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 50件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/30
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:20cm/495p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390156-5
  • 国内送料無料

紙の本

ゴースト・スナイパー (「リンカーン・ライム」シリーズ)

著者 ジェフリー・ディーヴァー (著),池田 真紀子 (訳)

アメリカ政府を批判していた活動家モレノがバハマで殺害された。2000メートルの距離からの狙撃。まさに神業、“百万ドルの一弾”による暗殺と言えた。直後、科学捜査の天才リンカ...

もっと見る

ゴースト・スナイパー (「リンカーン・ライム」シリーズ)

2,592(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アメリカ政府を批判していた活動家モレノがバハマで殺害された。2000メートルの距離からの狙撃。まさに神業、“百万ドルの一弾”による暗殺と言えた。直後、科学捜査の天才リンカーン・ライムのもとを地方検事補ローレルが訪れた。モレノ暗殺はアメリカの諜報機関の仕業だという。しかも「テロリスト」とされて消されたモレノは無実だったのだ。ローレルは、この事件を法廷で裁くべく、ライムとアメリア・サックスを特別捜査チームに引き入れる。スナイパーを割り出し、諜報機関の罪を暴け―ライムと仲間たちは動き出す。だが現場は遠く、証拠が収集できない。ライムはバハマへの遠征を決意する。一方、謀略の隠蔽のため暗殺者が次々に証人を抹殺してゆき、ニューヨークで動くアメリアに、そしてバハマのライムにも魔の手が…【「BOOK」データベースの商品解説】

政府に雇われた狙撃手に暗殺された男は無実だった。この策謀に挑むライムの捜査が始まる。隠蔽工作よりも早く真実にたどり着けるか? リンカーン・ライム・シリーズ第10弾。【「TRC MARC」の商品解説】

リンカーン・ライム、凄腕スナイパーに挑む

政府に雇われた狙撃手に暗殺された男は無実だった。この策謀に挑むライムの捜査が始まる。隠蔽工作よりも早く真実にたどり着けるか。【商品解説】

著者紹介

ジェフリー・ディーヴァー

略歴
〈ジェフリー・ディーヴァー〉1950年シカゴ生まれ。著書に「ボーン・コレクター」「ウォッチメイカー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

表紙がレッド・ヘリングです!

2016/03/14 02:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

リンカーン・ライムものは読んでいるうちに加速度がつく。 二段組みハードカバー500ページ越えも気がつけばあっという間。

バハマで、アメリカを公然と非難していた活動家が暗殺される。 射程距離2000m以上離れた場所から。 その凄腕のスナイパーはアメリカ政府機関の人間ではないか、とある地方検事補がリンカーン・ライムのもとを訪れて協力を依頼する。 しかし現場はバハマで物的証拠がライムの手元には届かず、得意の科学捜査ができない、という歯がゆさからはじまる今回の事件。

スナイパーや殺し屋、秘密組織、という組み合わせはリンカーン・ライムシリーズ初期の作品に見られましたが(『コフィン・ダンサー』とか『石の猿』とか)、お久し振りな感じでちょっと新鮮。 このところシリアルキラー系、多かったですし(まぁその方が面白かったりするんですけどね、実際のところ)。

毎回のように『CSI:科学捜査班』の悪口は出てくるんだけど、今回は『メンタリスト』や『ダウントン・アビー』の話題も出てきて「あぁ、ほんとにアメリカでヒットしてるんだなぁ」とこのシリーズで実感できるのは、そういうリアルタイム感を作者が好んで取り入れているからでしょうか。

また、先日の『シャドウ・ストーカー』が音楽だったのに対し、今回は作者の料理趣味が爆発。 ほんとに貝印の“旬”シリーズのナイフ、全種類持ってそう!
というか毎回のようにちょこちょこ日本ネタも入れてくるのは「作品が日本でも売れているから」という彼のサービス精神故なのでしょうか? 普通に「日本が好き」ぐらいならうれしいけど・・・。

指が前より動くようになってはしゃぎ過ぎの感のあった最近のリンカーンですが、今回の事件でちょっと落ち着いてくれたようでよかった(もはやあたしは介護士のトムのような心境になっているじゃないか)。 というか、アメリアはいつまで関節炎を放っておくのか!、というこっちの心配(?)に一応けりをつけてもらえたので、よかったです。 ダメダメ新人だったプラスキーくんもいつの間にやら確実に成長してるし。
これだからシリーズ物は・・・キャラクターに愛着が芽生えてしまって困るわ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/28 21:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/23 09:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/13 23:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/22 22:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/14 08:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/27 01:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/11 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/29 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/17 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/11 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/05 19:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/02 06:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/12 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/21 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る