サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

中国語で読む経済学
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:大学生・院生
  • 発売日:2014/10/15
  • 出版社: 麗澤大学出版会
  • サイズ:26cm/140p
  • 利用対象:大学生・院生
  • ISBN:978-4-89205-627-7
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

中国語で読む経済学

著者 陳 玉雄 (著),連 宜萍 (著),下田 健人 (編)

日本人が中国語学習をしながら経済学の初歩を学ぶためのテキスト。ミクロ経済学とマクロ経済学に分け、各15課で構成する。練習問題も収録。書き込み欄あり。【「TRC MARC」...

もっと見る

中国語で読む経済学

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本人が中国語学習をしながら経済学の初歩を学ぶためのテキスト。ミクロ経済学とマクロ経済学に分け、各15課で構成する。練習問題も収録。書き込み欄あり。【「TRC MARC」の商品解説】

中国語学習を通して、経済学の初歩を学ぶことを目的としたテキスト。ミクロ経済学とマクロ経済学に分け、各15課で構成する。学習者のレベルに応じた基本文と発展文を用意し、より深く学ぶために練習問題を付す。【商品解説】

目次

  • 微观经济学
  • 第一课 经济之科学/第二课 需求的形成/第三课 收入、价格与需求/第四课 需求弹性/第五课 供给的形成/第六课 供给与成本/第七课 机会成本/第八课 均衡价格/第九课 完全竞争市场/第十课 垄断与寡占/第十一课 博弈论/第十二课 垄断性竞争/第十三课 市场失灵/第十四课 信息不对称/第十五课 政府的作用
  • 宏观经济学
  • 第十六课 什么是国民收入?/第十七课 GDP与GNP/第十八课 GDP与物价/第十九课 经济增长/第二十课 影响经济增长的因素/第二十一课 通货膨胀与通货紧缩/第二十二课 发生通货膨胀的后果/第二十三课 失业与通货膨胀的关系/第二十四课 失业的种类/第二十五课 什么是财政政策/第二十六课 政府如何决定财政政策/第二十七课 货币与货币政策/第二十八课 央行如何调节货币供应量/第二十九课 国际贸易与比较优势/第三十课 加入WTO后的中国经济
  • 专业用语/参考文献

著者紹介

陳 玉雄

略歴
下田 健人
麗澤大学経済学部教授。専門は、労働経済・人的資源管理。著書に、『働く元気とエグゼンプト』(麗澤大学出版会、2008年)ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/08/06 16:50

投稿元:ブクログ

おすすめ資料 第273回 (2015.2.27)
 
本文が中国語で書かれた、経済学の入門書です。

全30課にわたって、生産・消費・流通といった基本事項から、中央銀行やWTOについてまで、順を追って、中国語と経済学を同時に学ぶことができます。

文学作品や時事だけでなく、研究入門書も語学テキストにできることを体現した、語学学習の幅を広げる好著です。

経済学・経済理論 ランキング

経済学・経済理論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む