サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

青いバラ(岩波現代文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/18
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波現代文庫
  • サイズ:15cm/552,5p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-602246-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

青いバラ (岩波現代文庫 文芸)

著者 最相 葉月 (著)

“青いバラ”=この世にないもの。その不可能の実現に人をかき立てるものは、何か? “日本のバラの父”との対話を挿入しつつ、バラと人間、科学、それぞれの存在の相克をたどるノン...

もっと見る

青いバラ (岩波現代文庫 文芸)

1,771(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

“青いバラ”=この世にないもの。その不可能の実現に人をかき立てるものは、何か? “日本のバラの父”との対話を挿入しつつ、バラと人間、科学、それぞれの存在の相克をたどるノンフィクション。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間は無いものねだり

2016/12/30 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

バラにこだわらなくても青い花ならけっこうある。だけど青い色素を持たないバラに目の覚めるような美しい青さを求めてしまうところに人間のどうしようもない面と純粋さを垣間見見てしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/12 10:18

投稿元:ブクログ

とにかく・・・長い(550ページ)
ただし・・「青いバラ」についてはこれ以上の解説はないかも。
2009年にはアプローズという青いバラの発売に。
1本3,000円。「夢かなう」が花言葉。
遺伝子組換えによる。
しかし、著者にしてみれば「青いバラ」は「青い鳥」ということなのでしょうか。

2014/11/16 14:36

投稿元:ブクログ

青いバラを目指す行程だけで無く、バラと人の歴史みたいなものが見えて面白い。いつか究極の青いバラと言えるものが出来るのだろうか…

2014/09/13 22:08

投稿元:ブクログ

祝復刊!

岩波書店のPR
http://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-602246
新潮社のPR(電子書籍)
http://www.shinchosha.co.jp/ebook/E010331/

2014/12/19 18:16

投稿元:ブクログ

 今年、浜松で行われた花博で、サントリーとフロリジン社共同開発の青いバラを見ました。正確には青ではないのかもしれませんが、青いバラと銘打ち、来場者の関心も高く、列をなしていました。 透明板の向こうの青いバラから香も感じられなく、感動もしませんでした。 まさに作者の原点、青いバラは美しいのだろうか? という印象どおりでした。
 育てにくいバラに対する興味はなかったのですが、バラの歴史、青に対する神秘性、日本での育成、品種改良等、花卉産業、そして遺伝子操作の話と、縦横に網羅されている本書には圧倒されました。正直読みこなせなかったのですが、鈴木省三という育種家の存在そのものを知ることとなっただけでも、大きかった。
 今人気のあるバラには日本・中国の原種を改良されているということも、新知識となった。

2015/01/20 03:02

投稿元:ブクログ

新潮文庫版を持っているが、岩波現代文庫で復刊されたので購入(……したまま、放置していたw)。
タイトルは『青いバラ』だが、青バラを作る行為(遺伝子組み換えや交配など)よりも、本邦におけるバラの受容史、交配の歴史などにより多くのページが割かれている。
流石に単行本が2001年ということもあり、書かれている内容がやや古びてしまうのは仕方がない。サントリーの青いバラは本書ではまだ『研究段階』。その辺りは岩波現代文庫版のあとがきで簡単なフォローがなされている。
しかし、いつの間にか新潮文庫版は絶版になってたのね。探せば家にある筈なのだが……『絶対音感』は普通に買えるんだろうか?

岩波現代文庫 ランキング

岩波現代文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む