サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 熱狂、恐慌、崩壊 金融危機の歴史

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

熱狂、恐慌、崩壊 金融危機の歴史
熱狂、恐慌、崩壊 金融危機の歴史 熱狂、恐慌、崩壊 金融危機の歴史
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/09/18
  • 出版社: 日本経済新聞出版社
  • サイズ:20cm/545p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-532-35607-1
  • 国内送料無料

紙の本

熱狂、恐慌、崩壊 金融危機の歴史

著者 C.P.キンドルバーガー (著),R.Z.アリバー (著),高遠 裕子 (訳)

チューリップ熱、南海泡沫事件、世界大恐慌、リーマン・ショック…。なぜバブルは繰り返し発生し、人類はそれをコントロールできないのか? 豊富な事例を引きながら古今東西の金融危...

もっと見る

熱狂、恐慌、崩壊 金融危機の歴史

3,888(税込)

ポイント :36pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チューリップ熱、南海泡沫事件、世界大恐慌、リーマン・ショック…。なぜバブルは繰り返し発生し、人類はそれをコントロールできないのか? 豊富な事例を引きながら古今東西の金融危機の歴史を網羅した世界的名著。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

C.P.キンドルバーガー

略歴
〈C.P.キンドルバーガー〉1910〜2003年。マサチューセッツ工科大学名誉教授。著書に「国際経済学」など。
〈R.Z.アリバー〉シカゴ大学名誉教授。専門は国際経済、国際金融。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/03/14 23:35

投稿元:ブクログ

過去400年金融危機の歴史について経緯を詳述し、そのメカニズムについて説明した書。具体的には、信用供給増加→経済の好転→楽観論の台頭→資産価格の上昇→消費の増大→投資の増大→陶酔感の蔓延→バブルのピーク→バブルの破裂という道筋を辿るようだ。特に目から鱗が落ちるというわけではないが、数々の事例を説明されると、説得力がある。ただ、近年の日本の状況を見ると、信用供給の増大にもかかわらず、一時的な経済の好転、資産価格の上昇があっても、消費の増大につながっていないのは何か別の説明が必要な気もする。

2017/01/02 02:19

投稿元:ブクログ

2014年(原著6版、事実上の補訂版の訳本)刊。著者故キンドルバーガーは元マサチューセッツ工科大学教授、アリバーはシカゴ大学名誉教授。

 バブル発生と崩壊は銀行制度の普及時から不可避的に生まれる経済現象か、そんなふうに思わせるほど、世界中でいつの時代にも起こってきた。
 本書の数多ある経済史的事件から感得できるこの事実や、バブル崩壊頻出を解説する書は、平成バブル崩壊から拓銀・山一・各長信銀破綻の時期以降、それこそ数多刊行済み(幾つかは読破済)である。
 そういう意味で、29年大恐慌、米貯蓄貸付組合破綻、平成バブル崩壊。あるいはチューリップバブルなど、史的なバブル崩壊史はそれほど新味ではない。

 ただし、本書は、かかる歴史上のバブル崩壊事案における、市中銀行や中央銀行、あるいは国際間協調や逆の反発、さらには世界銀行やIMF等の国際機関の果たした(果たさなかった)役割を史的事実を含めて説明し、他書に見ない叙述もある。

 防止策も触れるが、本書はオーストラリア学派に近く、個人的には賛同できないところではある。
 が、先の長所を見れば読む価値は十分あると思える一書といえる。

金融 ランキング

金融のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む