サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ウドウロク
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 44件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/30
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-336631-7
  • 国内送料無料

紙の本

ウドウロク

著者 有働 由美子 (著)

自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけあるシロい部分も、包み隠さず書いてみました。初めての本!書き下ろし。【「BOOK」データベースの商品解説】自他ともに認めるクロい...

もっと見る

ウドウロク

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけあるシロい部分も、包み隠さず書いてみました。初めての本!書き下ろし。【「BOOK」データベースの商品解説】

自他ともに認めるクロい部分も、ちょっとだけあるシロい部分も、包み隠さず書いてみました−。NHKのアナウンサー、有働由美子が、「わたしの好みの男性」「嫌われてもいい、なんて、噓だ」「わき汗騒動」などについて綴る。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

有働 由美子

略歴
〈有働由美子〉1969年鹿児島県生まれ。神戸女学院大学卒業。NHK入局。「サタデースポーツ」などの番組を担当し、紅白歌合戦の司会も務める。ニューヨーク特派員を経て、「あさイチ」のキャスター。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー44件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

有働さんをもっと好きになる

2017/04/27 08:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あずきとぎ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は、スポーツ番組やニュース番組の担当を経て、紅白歌合戦・情報番組「あさイチ」の司会で今や名実ともにNHKの顔の一人となったアナウンサーだ。
彼女初の著書は、エッセイ集。
過去から現在まで、仕事のこともプライベートも、NY赴任中のエピソードから恋愛に至るまで。
縦横無尽に書きつけられた文章が、各章立てによりテーマ別に分けられて収録されている。

書名の「ウドウロク」は「有働録」なのだが、反対から読むと「クロウドウ」になる。
「あさイチ」の放送後、プロデューサーに「出たね、今日もクロウドウ」と言われ始めたのがきっかけという。
本人には特に他意はなかった発言が、周囲には棘があったりちょっとした悪意が感じられたりするように受け取られ、「クロウドウ」と呼ばれるようになった。
ならばと、クロいと言われるような部分も、反面「シロい」と思っている内面も、すべて本音で書き連ねたのが本書である。
この一冊を読めば、彼女の人となりや人物史をよく知ることができ、より親しみが持てるようになるだろう。

彼女自身、「番組が調子いいからって、調子こいてエッセイかよ」と言われるのを承知の上で出版したという本書。
「もしよろしければ、四十半ばの女のひとりごと、読んでみてください」と殊勝な態度で書いてはいるが、そこは硬軟取り混ぜた様々な番組を経験してきたベテランアナウンサー、堅苦しい文章に止まるはずはない。
最初のエッセイが「わき汗」である辺り、読者の要求のツボを押さえ、エンタテインメントを熟知した「分かっている」アナウンサーなのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/08/09 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/10/03 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/30 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/20 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/21 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/07 00:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/11 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/02 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/15 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/29 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/01 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/19 16:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/14 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/21 06:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む