サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

冬を待つ城

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/22
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/453p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-378809-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

冬を待つ城

著者 安部 龍太郎 (著)

3千vs15万!50倍の大兵力で奥州北端の九戸城を囲んだ秀吉軍。その真意ははたしてどこにあるのか―。跳梁する間者たち、頻繁に飛び交う暗号文。その戦さ、降伏するだけでは済ま...

もっと見る

冬を待つ城

2,160(税込)

ポイント :20pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

冬を待つ城

1,728(税込)

冬を待つ城

ポイント :16pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

3千vs15万!50倍の大兵力で奥州北端の九戸城を囲んだ秀吉軍。その真意ははたしてどこにあるのか―。跳梁する間者たち、頻繁に飛び交う暗号文。その戦さ、降伏するだけでは済まぬらしい…。城主・九戸政実を頭とする四兄弟が結束すれば、形勢は五分と五分。石田三成の仕組んだ謀略に百倍返しする秘策を、今こそ実行に移せ!奥州北端の九戸城を狙った戦国最大級の謀略。直木賞作家、怒涛の歴史小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

籠城か玉砕か。天下統一の総仕上げに奥州北端の九戸城を囲んだ秀吉軍15万。城主・九戸政実は、石田三成の謀略に百倍返しする秘策を胸に、冬の訪れを待った…。戦国最後の大籠城戦を描く。『小説新潮』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

籠城か、玉砕か――否、三成との知恵比べに勝利し、あとはただ冬を待つのだ! 天下統一の総仕上げに、奥州最北端の九戸城を囲んだ秀吉軍、兵力なんと十五万。わずか三千の城兵を相手に何故かほどの大軍を要するのか――奥州仕置きの陰のプランナー石田三成の真意を逸早く察知した城主・政実は、九戸家四兄弟を纏めあげ、地の利を生かして次々と策略を凝らした。あとは包囲軍が雪に閉ざされるのを待つのみ!【商品解説】

著者紹介

安部 龍太郎

略歴
〈安部龍太郎〉1955年福岡県生まれ。90年「血の日本史」でデビュー。「天馬、翔ける」で中山義秀文学賞、「等伯」で直木賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/05 23:41

投稿元:ブクログ

奥州の歴史物は、多分に人間の魅力で面白いのだろうか?九戸政実の豪快で繊細な人柄、南部信直の朴訥さ、薩天和尚の飄々とした佇まい、読んでいて浮かび上がってくるようだ。
途中、手紙の形で挿入される文が、大まかな歴史の流れを説明しつつ、この裏切り者が誰かという謎も残しつつ、最後に仕掛けに使うという技も見せて、とても効果的だった。

2015/05/12 12:25

投稿元:ブクログ

朝鮮出兵を見据えて奥州平定を目指す秀吉、その軍は15万。九戸政実は3千の兵力で地の利と冬の積雪を頼りにこれに挑む。話は文官である政実の弟、政則の視点で進行する。遠い昔より中央から虐げられてきた奥州人の誇りを胸に圧倒的強者に立ち向かう姿は心地よい。最後は少し尻つぼみ。

2015/07/30 11:23

投稿元:ブクログ

九戸家の4兄弟、政実、実親、康実、政則が秀吉の朝鮮遠征に備えて、厳寒地の状況をよく知っている奥州の民を徴収する計画があり、大群が九戸城に向かっている.同じ奥州でライバルの南部家との確執で話しが展開する.最終的には石田三成の民狩りの計画をよく思っていない蒲生氏郷の機転で政実が企画した和議が成立するが、九戸城での戦闘シーンは素晴らしい記述だ.非常に楽しめた.

2015/04/08 23:44

投稿元:ブクログ

東北地方で起こった未だに謎が解明されていない『九戸政実の乱』。南部家の武将九戸政実が、わずか3千の兵力で豊臣秀吉軍15万の大兵力と立ち向かった無謀な籠城戦。

天下統一の為の奥州仕置き(東北地方の支配みたいな感じね)の真の目的が朝鮮出兵に必要な「寒さに強い兵」を東北地方の村々から集めるという人足狩りであったということ。
これを見抜いた藩主九戸政実がある秘策、これが九戸政実の乱であり、結果人足狩りによる奥州壊滅を防いだと言う物語。

素直に面白いと思う、が、ファンダジー感もあり、いやいや、やり過ぎだろwって感じだが、そう言う解釈も有りなんだと感動。
いやー、歴史小説は本当に面白いですね。それではまた。

2015/02/13 10:37

投稿元:ブクログ

アテルイ以来の東北モノ。九戸政実は初めてみみにしました。歴史は勝者が作るということを改めて実感しました。

2014/12/24 12:11

投稿元:ブクログ

直木賞作家安倍龍太郎が九戸政実を描いた作品。この本を読んで東北はアテルイ、藤原三代、幕末に加えて4回中央政府に負けていたことを再認識。唯々諾々と中央に従うのではなく、東北の民の行く末を考えての身を賭した闘いに胸が熱くなる。石田三成が秀吉の朝鮮侵攻のため東北の領民を徴用しようとしていたことや火薬作りのため松尾鉱山の硫黄を狙っていたなど、藤原三代の財力を狙った源氏との共通点があり深い洞察を与えてくれる。また津軽為信の暗躍や伊達正宗との密約、南部信直との確執、蒲生氏郷との敵味方を超えた親交など歴史ファンも大いに楽しませてくれる。岩手県民必読の書として年末年始の読書に強く薦めたい。

2014/12/16 20:46

投稿元:ブクログ

期待していたけど、少し尻すぼみ感があった。九戸康実の変わりぶりも違和感があったし、途中からファンタジーっぽくなってしまった。

2014/11/03 19:39

投稿元:ブクログ

私は大阪生まれ、奈良県在住ですが、歴史の読み方は一律では済まされないことを痛感しました。松尾鉱山はぜひ訪ねてみたいです。

2016/11/16 02:19

投稿元:ブクログ

これを読んでから岩手に行きたかった。
仕事で岩手に行ったとき、たまたま「九戸政実プロジェクト」の方から教えてもらった九戸政実。日本史が苦手なので、全然知らず、簡単に説明していただいてもピンと来ず、その場を後にしたのでした。
その方たちの熱さに押されて、この本を読んで見た。すごい!東北の人の強さの根源を見たような気がする。
ここも独自の文化を持ち、知恵を持つ人たちが住んでいた山があるので、その人たちの力を背後に置く底知れない強さって想像できる。
日本史に疎い私でもぐいぐい引き込まれた。久しぶり一気読み。

2015/10/10 10:54

投稿元:ブクログ

豊臣秀吉の天下統一後に、陸奥で起こった最大の反乱である九戸政実の乱について書かれた本です。
ただ、主人公は九戸政実ではなく、末の弟である久慈政則となっています。

優位な状況なのに数日で降伏したのかについて、反乱を決意した目的と九戸政実に託された想いが分かると、納得できる感じがしました。

もう少し籠城戦についての描写があれば、もっと盛り上がったかなと思いました。

↓ ブログも書いています。
http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-530d.html

2015/02/15 23:45

投稿元:ブクログ

3.8。面白い。でも面白さの七割は後ろ半分より。あと、書く人の少ない題材な為どうしても「天を衝く」と比べてしまい、エンタメ面で後者に軍杯が上がってしまう。無謀な戦いに挑んだ理由が具体的で良。大和朝廷の成り立ちからの説明も面白い。が、何か時々無駄に主人公の為だけに御都合なのが鼻につく。特にラスト。

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む