サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 日本文学全集 24 石牟礼道子

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

日本文学全集 24 石牟礼道子
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/14
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/531p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-72894-0
  • 国内送料無料
  • フィルムコート不可

紙の本

日本文学全集 24 石牟礼道子

著者 池澤 夏樹 (個人編集),石牟礼 道子 (著)

ふるさと水俣のかつての豊かな自然風景を背景に、幼少時の甘い記憶が叙情的に綴られる長篇「椿の海の記」。阿蘇山に近い村で、渡し守をする千松爺と暮らす少女・お葉が動物や山の精霊...

もっと見る

日本文学全集 24 石牟礼道子

3,348(税込)

ポイント :31pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ふるさと水俣のかつての豊かな自然風景を背景に、幼少時の甘い記憶が叙情的に綴られる長篇「椿の海の記」。阿蘇山に近い村で、渡し守をする千松爺と暮らす少女・お葉が動物や山の精霊、風のささやきや草の声と戯れる「水はみどろの宮」。幕末から西南の役の頃の歴史の変革期における南九州の庶民の生の声が響く「西南役伝説」(抄)。代用教員時代に孤児をひきとった際の自伝的作品「タデ子の記」他、詩十篇、新作能「不知火」を収録。「池澤夏樹=個人編集世界文学全集」に唯一長篇を収録された日本人作家の珠玉の作品群。【「BOOK」データベースの商品解説】

池澤夏樹個人編集による日本文学全集。24は、ふるさと水俣のかつての豊かな自然風景を背景に、幼少時の甘い記憶が叙情的に綴られる長篇「椿の海の記」など、石牟礼道子の作品群を収録する。解説・年譜つき。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

椿の海の記 5−246
水はみどろの宮 247−407
西南役伝説・抄 408−458

著者紹介

池澤 夏樹

略歴
1927年熊本県天草生まれ。生後すぐに水俣に移る。詩人、作家。著書に『苦海浄土(三部作)』『あやとりの記』『十六夜橋』『石牟礼道子全集・不知火(全17巻、別巻1)』、共著に『なみだふるはな』ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/11/24 16:55

投稿元:ブクログ

「椿の海の記」「西南役伝説」(抄)新作能「不知火」は再読です。「水はみどろの宮」は、とても幻想的な雰囲気が充溢し、読み進むにつれてどんどん物語の世界に惹きこまれていきます。日本語のもつ表現の豊かさがみごとに表れています。猫や狐の化身が登場することで、『苦海浄土』を想起しました。日本文学とはこういう作品をいうのだと思います。

2016/05/01 21:10

投稿元:ブクログ

少々読みづらいところはありましたが、
読み進めると、引き込まれていく感じのする作品でした。
熊本の水俣を中心とした地域を舞台にした話。
水俣病の『苦海浄土』が有名な作者ではありますが
その『苦海浄土』とは違って(?)熊本、水俣の
美しい自然風景をふんだんに感じられる物語です。
とくに『水はみどろの宮』は、映画のもののけ姫の
ような感じで、森や山や川の精霊や、動物、猫・犬との交流
が美しく描かれてあって、美しく、引き込まれるような
お話しでした。
その他『椿の海の記』『西南役伝説』『ダデ子の記』。

2016/03/15 09:47

投稿元:ブクログ

『椿の海の記』
チッソがやってくる前の美しい世界。人と動物が共に生き、海と野と、山と、それらに息づく神々、精神を病んだ人もうけ入れるのどかな暮らし。『苦界浄土』の入門書としておススメです。 (榎本 教員)

2014/11/18 18:53

投稿元:ブクログ

名作『苦海浄土』を背後で支えていたのは古代以来の人の営みと幸福であった。美しい文体がものがたる反近代の思想。