サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

高山なおみのはなべろ読書記
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/11/07
  • 出版社: KADOKAWA
  • サイズ:21cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-067140-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

高山なおみのはなべろ読書記

著者 高山 なおみ (著)

料理家・高山なおみが、“嗅覚”と“味覚”で味わった本にまつわる話を綴る。1話ごとに、登場人物になったつもりで作った料理のレシピを添える。『ダ・ヴィンチ』連載を書籍化。【「...

もっと見る

高山なおみのはなべろ読書記

1,620(税込)

高山なおみのはなべろ読書記

1,620 (税込)

高山なおみのはなべろ読書記

ポイント :15pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

料理家・高山なおみが、“嗅覚”と“味覚”で味わった本にまつわる話を綴る。1話ごとに、登場人物になったつもりで作った料理のレシピを添える。『ダ・ヴィンチ』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高山 なおみ

略歴
〈高山なおみ〉1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て、料理家。文筆家。著書に「チクタク食卓」「料理=高山なおみ」「日々ごはん」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2016/05/31 06:05

投稿元:ブクログ

料理を商売にしている人のエッセイはいくつか読んだけど、無理に元気な感じがなくて高山なおみが一番らく。帰ってから…のころより穏やか。高山なおみで原田奈々の写真で、ってとこがずるい。

2016/08/30 23:13

投稿元:ブクログ

わたしが好きな本もあったし
これから読んでみたいと思う本もあった

お料理が登場する物語って
いいなぁー

2016/04/02 05:12

投稿元:ブクログ

一気に読む、、というよりは、空いた時間につらつらっと読むのが合う本、という感じでした◎
日々ごはんよりも、コラムよりな文章のようで、みずみずしい文体からにおいや風景が立ち上がってくるような。
章によってさまざまでしたが、とても好きだなあ。と思えるものがいくつかありました◎料理も、作ってみたいもの、多しです。

「下町のドンペリ」
ミルクが泡立ったちょっと苦めのカフェオレは、厚手のごっついカップで現れた。若いころ、夏になると住み込みでアルバイトをしていた山小屋のコーヒーみたい。女主人は、こちらから声をかけない限り、いつまでも放っておいてくれる。聞いたことはないけれど、好きな感じのする音楽がずっとかかっていて、日本語の歌詞だから最初は気になっていたのだけど、そのうち耳慣れた。カフェオレは本当にたっぷりなのでなかなか減らず、厚手のカップのせいか、いつまでもいつまでも冷めないのだった。

2015/06/02 18:34

投稿元:ブクログ

2015/06/02 読了。
満腹でなく空腹でない頃合いを見計らってちょっとづつ読みました。
半分ぐらいは読んだことある本だったので嬉しく、よだれもじわっとたまりました。
この本にあって気になるのは読んでみようと思います。
2016/04/29 再読。
じわじわお腹が減り、じわじわつばがじわる。

2015/03/15 10:57

投稿元:ブクログ

高山なおみさんの、本とごはんの本とあっては、読まずにはいられません。

写真も言葉もレシピもすてきで、しみわたるよう。
読みたい本や好きな本。そっと生活に寄り添うような、それぞれの本とのつきあい。

あー、おなかがすいた。

2015/04/01 21:13

投稿元:ブクログ

本の読み方(図書館、お風呂、布団の中)や好みに共通点が多いこともあり、「そうなんだよねえ」と思いつつ。
そうか、自分の存在を消して読みたいのか、そうかも!
というのがいちばんの収穫。
取り上げている本は既読のものが多くて、それはそれで面白かった。

2015/02/07 13:17

投稿元:ブクログ

入院中のベッドで時間も気温もわからないままうつらうつら読んでいて、高山さんの読んでる本と、読んでる高山さんと、それを読んでるわたしとがないまぜになって、どこまでが自分かわからなくなった。
なんて生々しいんだろう、なんて、全身で読書するんだろう。読書、て行為でいいのかな。
読んだ本はもう一度読み返したくなったし、知らなかった本も読んでみたく思った。
昨夜のカレー、明日のパン、の引用で、引用なのに涙がでて仕方なかった。月日は巡るけど、日常のピースは似てても同じではないこと。わかってても、知らんぷりして喜んだり驚いたり、していたい。
1話ごとのレシピも簡単そうで、作りたくなる。そんでまた本に潜りたくなる。
高山さんに料理があって、ほんとうに良かったなぁと思う。

2015/02/07 09:00

投稿元:ブクログ

料理を生業とする人なのに、とても生々しい感じが著者にはある。というか本来「料理を生業とする人だからこそ」そうであるはずなんだろうに、オシャレ、かわいい、シンプル、ヘルシー、ロハス、ナチュラルなライフスタイル...なーんてキーワードに彩られた今の日本の"料理(またはクッキング界)"においては、逆に高山さんのような人が異色に映るのではないかな。ともあれ、匂いをかぎ味わってみるというだけではなく、全身(そして全霊)で本に向かっているようなところがとても高山さんらしい一冊だと思う。

2015/10/27 20:16

投稿元:ブクログ

高山なおみさんが鼻とベロで味わった本の話と、そこから生まれた料理の物語。

ぱらぱらとめくった時にちらちらと見えた「家守綺譚」の鶏肉の煮物、「それからはスープのことばかり考えて暮らした」のじゃがいものサラダのサンドイッチ、「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」の卵としらすのチャーハン、「すいか」のおにぎり、「ムーミン谷の11月」の肉桂ビスケ…
わー!!早く読みたいよー!!

読みたい本も増えました。
レシピと写真を見ているだけでなんだかお腹がすいてきます…
読書欲と食欲がムクムク…秋にぴったりの一冊でした。

高山なおみさんのさっぱりしているけど優しい文章、本とご自分の生活、日常とに寄り添って綴られた一文一文にリラックスしながら読むことができました。

2015/02/07 16:16

投稿元:ブクログ

前に別のエッセイを読んで「趣味合うわー」と思ったので、わくわくしながら読んだ。自分もその本を読みたいと思わせてくれる表現がたくさんあったし、本からイメージした料理のレシピがついてるからおなかがすいて、読み終えたらすぐ台所に立ちたくなる。

2015/01/30 00:06

投稿元:ブクログ

読みたいなと思う本がたくさんあった。
本に出てきた料理を食べたいなと思う事はよくあるけど、作ったりした事はないので今度高山さんのレシピで作ってみよう。
それからもう一度この本を読むのもいいだろうな。

2015/01/23 23:36

投稿元:ブクログ

いい感じに混じりあった
高山さんの日常と読書記録。
本の内容と現実を
行ったり来たりしながら
高山さんの感じたままを
ものすごく丁寧に、忠実に
書こうとされているのを感じる。
本ごとに
高山さんが作るご飯あり。
手軽でおいしそう。

2016/04/04 18:36

投稿元:ブクログ

高山なおみさんが読んだ本の感想と、そこからイメージしたお料理のレシピがのっています。

その高山さん、子どものころ、たべものを口いっぱいに頬張って、
息を吸いながら食べるクセがあったそうです。
そうすると、鼻と食べものが近くなるぶん、匂いを直に感じ取れるからだとか…。
まさに”はなべろ”ですね~。

『それからはスープのことばかり考えて暮した』じゃがいもサラダのサンドイッチ
『家守奇譚』鶏肉の煮物
『かの子ちゃんとマドレーヌ夫人』卵としらすのチャーハン
『センセイの鞄』そうめん
『昨夜のカレー、明日のパン』焼売
『家と庭と犬と猫』けんちん汁
『フランシス子へ』バター入り卵焼き
『ムーミン谷の十一月』肉桂ビスケット
他にも、こんにゃくの煮しめ、豚の生姜焼き、豆の煮込み、五目ごはん…、
定番のお料理が続くなかで、驚いたのは焼きそばライス。
(パンじゃなくて、ごはん?!)

温めて薄く膜が張った牛乳と甘食。(あぁ、たまらなく昭和)
夏が来るたびTVドラマ「すいか」を見て、
お風呂のフタをぎりぎりまで閉めて、タオルをしいて本を読む高山さん。
なんか親近感わきます。

お料理本って、眺めるのは大好きなんですが(笑)、
作ってみるのはせいぜい1、2品。
でもこの本は、作りやすそうなメニューが多くて♪
そして、読みたい本がまた増えた…(笑)

2015/04/16 17:12

投稿元:ブクログ

高山さんは、料理の本も良いが、エッセイも書ける才能のある人だ。紹介されている本も読みたくなったが、料理も作りたくなった。

2015/12/07 15:01

投稿元:ブクログ

図書館で借りた本。分厚いなあ、2週間で読み切れるかなあ、が最初の感想でしたが読み始めると早かった。高山さんの文章は静かで淡々としてて、心地いい。本の感想と本に関するお料理が載ってて、読みたい本と食べたいものが増えちゃいます。書き写したレシピを今度作ってみようと思います。

日本のエッセイ ランキング

日本のエッセイのランキングをご紹介します一覧を見る