サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. コミックエッセイ
  4. 毎日新聞社
  5. 毎日かあさん 11 息子国外逃亡編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

毎日かあさん 11 息子国外逃亡編
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/07
  • 出版社: 毎日新聞社
  • サイズ:23cm/78p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-620-77091-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

毎日かあさん 11 息子国外逃亡編

著者 西原 理恵子 (著)

【日本漫画家協会賞参議院議長賞(第40回)】【手塚治虫文化賞短編賞(第9回)】タイからの留学生、ポム君が我が家にやって来た。そして、息子の留学宣言で起こる大騒動! ますま...

もっと見る

毎日かあさん 11 息子国外逃亡編

905(税込)

毎日かあさん11 息子国外逃亡編(毎日新聞出版)

700 (税込)

毎日かあさん11 息子国外逃亡編(毎日新聞出版)

ポイント :6pt / 紙の本より205おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

毎日かあさん 14巻セット

  • 税込価格:12,820118pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本漫画家協会賞参議院議長賞(第40回)】【手塚治虫文化賞短編賞(第9回)】タイからの留学生、ポム君が我が家にやって来た。そして、息子の留学宣言で起こる大騒動! ますます冴えるサイバラ節第11弾。『毎日新聞』連載に描き下ろしを加えて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

西原 理恵子

略歴
〈西原理恵子〉1964年高知市生まれ。武蔵野美術大学卒。漫画家。「ぼくんち」で文藝春秋漫画賞、「上京ものがたり」「毎日かあさん」で手塚治虫文化賞短編賞受賞。他の作品に「いけちゃんとぼく」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (11件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ずるいぞサイバラ!

2015/10/29 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小市民 - この投稿者のレビュー一覧を見る

連載紙を購読しているから一度は読んだことがあるはずなのに、毎回、単行本の発売が予告されるとソワソワしてしまう・・・。
笑いあり涙あり、退屈しない1冊。
西原単独作品に共通することであるが、意識的に露悪的な書き方をしているけれど、その中に切ない話を入れてくる。
漆黒の中に真紅を入れると、両者が引き立つが、その組立こそがサイバラの真骨頂だろう。
二人の子供が巣立つとき、どのような展開になるのだろう・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

王道

2015/05/01 08:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:o2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新聞連載ということもあり西原理恵子作品のなかでは最も購読層が幅広いであろうシリーズ。ただ「らしさ」は失われずバランスが絶妙(もちろん掲載前にボツになることもあるようだけど)。1巻から読んでいくと子供たちの成長ぶりに長期連載なんだなと感じ入ります。ともかくお子さん二人ともネタにされつつもまっとうにそしてたくましく成長されておりあっぱれだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子どもたちの成長

2015/06/02 07:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもたちが小さかった頃の印象が強かったので、第11巻を読んだ当初は、少しつまらなく感じました。しかし、再読したら、いろいろと面白いところが出てきました。

子どもたちの人間関係の広がりは、面白さの一つです。留学生との交流はもちろん、お兄ちゃんが、絶交していた子と一年後にまた仲良くなっているのは、いいなと思いました。

他にも、味わい深いところが。「生きていれば、金で解決できないことが必ず出てくる。その時に役立つのが経験。だから、頭に経験を貯金する」という高須先生の言葉、いいですね。

第12巻の発売を楽しみにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/12 22:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/13 04:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/29 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/13 16:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/03 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/31 10:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/15 20:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/10 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/17 09:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/15 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/19 16:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る