サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ぼくつかまらないもん!

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくつかまらないもん!
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:2014/10/25
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:21×22cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-7515-2712-2
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ぼくつかまらないもん!

著者 マーガレット・ワイズ・ブラウン (文),なかがわ ちひろ (訳),長野 ヒデ子 (絵)

どこにかくれたの?やんちゃうさぎ!そのとき、おかあさんは…?海をこえ、山をわたり…やんちゃうさぎとおかあさんのおかしなおかしなおいかけっこ!【「BOOK」データベースの商...

もっと見る

ぼくつかまらないもん!

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どこにかくれたの?やんちゃうさぎ!そのとき、おかあさんは…?海をこえ、山をわたり…やんちゃうさぎとおかあさんのおかしなおかしなおいかけっこ!【「BOOK」データベースの商品解説】

ある日、ひとりでどこか遠くへ行きたくなった、やんちゃうさぎ。そのとき、おかあさんは? 子うさぎとおかあさんの、おかしなおかしなおいかけっこ! 母子で読むとおもしろさ倍増の、マーガレット・ワイズ・ブラウンの傑作。【「TRC MARC」の商品解説】

あのマーガレット・ワイズ・ブラウンの傑作が、日本人画家の絵で生まれ変わりました。海をこえ、山を渡り・・・やんちゃうさぎとおかあさんの、おかしなおかしなおいかけっこ!【商品解説】

著者紹介

マーガレット・ワイズ・ブラウン

略歴
〈マーガレット・ワイズ・ブラウン〉1910〜52年。アメリカ生まれ。児童書編集者。自分でも多くの作品を発表。作品に「たいせつなこと」等。
〈長野ヒデ子〉1941年愛媛県生まれ。「とうさんかあさん」で日本の絵本賞文部大臣奨励賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

楽しい親子の掛け合い

2016/12/20 17:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

子うさぎがこうしたら、母うさぎはこうする、という掛け合いがずっと続きます。
子どもの発想に、ちゃんと応える母うさぎの優しさを感じます。
結局家出はやめて、ご飯を食べることに。ニンジンまるごとなんですね…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なつかしさ漂う絵本

2016/05/23 21:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

やんちゃなうさぎのぼうやがどこか遠くへ行きたい、家出しよう、と言って様々な「もしも」を挙げると、お母さんうさぎがそれに応じて柔軟な答えを返す。「おかあさんがおいかけてきたら、ぼく、おさかなになる」「ぼうやがおさかなになったらおかあさんは、りょうしになってそのおさかなをとりにいく」というような、「たられば」が続く母子のやりとりがほほえましくもなつかしい。
絵が、それぞれのシチュエーションに応じて細かな設定まで描かれているのも楽しい。ほのぼのという形容がぴったりに感じられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/26 14:51

投稿元:ブクログ

やんちゃなウサギのぼうやと、おかあさんの、追いかっけこのお話。

親子の会話が可愛くて仕方ない。
最後、人間の親子になって「ギュッ」とするシーンで、我が子を抱きしめたくなった。
母親目線で読むと、とても幸せになれる絵本。

2015/04/23 18:12

投稿元:ブクログ

「ぼくにげちゃうよ」を絵と翻訳を変えて再出版された1冊。比べてみると、翻訳というものの大変さを垣間見ることができます。こちらは今風のイラストでかわいらしい1冊。上述の1冊は美しい挿絵なのでぜひ比べてください。

2015/05/07 18:03

投稿元:ブクログ

児童書コーナーで「ぼく、ぼく…」と「ぼくにげちゃうよ」を探している時に見つけた。「原題Runaway Bunny (ぼくにげちゃうよ)」の新訳であすなろ書房から2014年に出版された絵本。
絵も違う人が描いていてまた新たな気持ちで楽しめた。絵が親しみやすく道具も細かく描かれていて、子供が読みやすいし勉強になるなと思った。
しろうさぎお母さんがどう解決するのかがそれぞれ次のページに書かれていてどうなるんだろうとドキドキ考えながら読んでいくのもいいなと思った。

動物たちのおはなし ランキング

動物たちのおはなしのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む