サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. サバからマグロが産まれる!?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サバからマグロが産まれる!?(岩波科学ライブラリー)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/10/30
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波科学ライブラリー
  • サイズ:19cm/115p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-00-029631-1
  • 国内送料無料

紙の本

サバからマグロが産まれる!? (岩波科学ライブラリー)

著者 吉崎 悟朗 (著)

サバを代理の親にしてマグロを増やそうという研究が進んでいる。この研究を応用し、凍結細胞から生きた魚をつくることに成功、国内外の魚類の保全に実用化されている。魚をこよなく愛...

もっと見る

サバからマグロが産まれる!? (岩波科学ライブラリー)

1,296(税込)

サバからマグロが産まれる!?

1,296 (税込)

サバからマグロが産まれる!?

ポイント :12pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サバを代理の親にしてマグロを増やそうという研究が進んでいる。この研究を応用し、凍結細胞から生きた魚をつくることに成功、国内外の魚類の保全に実用化されている。魚をこよなく愛する著者が試練と発見に満ちた挑戦を紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

吉崎 悟朗

略歴
〈吉崎悟朗〉1966年鎌倉市生まれ。東京水産大学水産学研究科博士課程修了。博士(水産学)。東京海洋大学大学院海洋科学技術研究科教授。専門は魚類発生工学、魚類繁殖生理学。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

奇想天外に見えるが地道な研究 。

2015/06/01 21:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マグロの完全養殖はすでに商品化して既に有名。なのになぜ?と思われるかもしれない。しかし本書の方法も使えば、もっといろいろの魚(もしかしたら魚以外にも)に活かせる話も多そうだ。例えば「絶滅しかかっている魚類を、別の魚を使って増やす」こと。実際に飼育や遺伝などでデータが豊富なヤマメやニジマス(どちらもサケ科)を使い、マグロに手を付ける前に実験は開始されて成功した。
 「そんなこと可能なの?」と思いそうなタイトルだが、読めば「ここまでできたのか」と感心する。考えてみればiPS細胞も人間への実用化の道を進んでいるし、魚でもいろいろな技術は進歩していて当然なのだ。
 遺伝子の検査やノーベル賞をとったクラゲの光る遺伝子を使う方法など、バイオテクノロジーの最新の知識もたくさん使われている。その一方「数ミリの稚魚に注射する」などの繊細な手作業もそこには必要だということも書かれている。いや、なによりも実験材料の魚をどうやってきちんと飼育するかなどの地道なノウハウが実はとても大事だということだ。

 びっくりするような発見も書いてあった。例えば「マグロのオスだけいれば卵も精子もつくれる」というのである。オスから取ってきた「精子を作る細胞」は雌に移殖されると「卵」をつくる。魚類だけの特徴かもしれないが「オスさえいれば子孫が増える」。単為生殖など「メスさえいれば子孫が増える」というのは教科書にも載っている話だが、こういったとても基礎的な発見も沢山出てくるのが「すごい研究」なのだと思う。

 研究というものはこうやって地道に進める中、時にブレークスルーで加速したりして進んでいくものなのだろう。しっかりした理論と、無謀でも試してみる勇気。とにかく続けるどん欲さ。そんな「研究の実態」が生臭く(しかし新鮮な魚の)伝わってきた。

 ここまで「生命の操作」をしてよいのか?と感じる部分もないとは言えない。だって、「他の種の生き物を借りて生まれてくる」のが魚でなかったら。そしてそれは既にSFではないのだから。良い面もあれば怖い面もあるだろう。専門家に任せるのでなく、少しでも現状を理解して考えていないといけない問題でもあると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/03 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/18 10:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/28 18:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/28 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/17 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/25 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る