サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 82件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/24
  • 出版社: 集英社インターナショナル
  • サイズ:19cm/285p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7976-7289-3
  • 国内送料無料

紙の本

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

著者 矢部 宏治 (著)

なぜ戦後70年たっても米軍が首都圏上空を支配しているのか? なぜ人類史上最悪の事故を起こした日本が原発を止められないのか? だれもがおかしいと思いながら止められない、「戦...

もっと見る

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なぜ戦後70年たっても米軍が首都圏上空を支配しているのか? なぜ人類史上最悪の事故を起こした日本が原発を止められないのか? だれもがおかしいと思いながら止められない、「戦後日本」の謎を解く。【「TRC MARC」の商品解説】

戦後70年経つのに、なぜ米軍基地が日本中を支配しているのか。未曾有の大事故を起こした原発を、なぜ止められないのか。米国公文書の資料などの実証をもとに、戦後日本の「謎」を解きあかす。


【商品解説】

著者紹介

矢部 宏治

略歴
〈矢部宏治〉1960年兵庫県生まれ。慶応大学文学部卒。(株)博報堂マーケティング部を経て、書籍情報社代表。著書に「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー82件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

学校図書に推薦

2015/03/25 18:21

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒猫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

沖縄の謎、福島の謎、安保村の謎、そして最後の謎と読み進める構成だが、現在の日本人で普通に高校まで教育を受けてきた人の中で、一体どれだけの人がこの本に書かれている内容を知っているのだろうか。
憲法や安保条約、国連憲章などごく普通の内容が書かれており、外国ならば国の成り立ちとして一番に教育する内容だろう。しかし日本では、この筆者のように独自に調べ始めて初めて理解し驚愕するのがほとんどではないだろうか。国家が、国民に一番大事な条約や成り立ちを教えようとしない教育システムを作り出し、継続し、意味ないものにしている洗脳的教育に、中国や韓国とはまた違った恐ろしさを覚える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最近、最も刺激的な本

2015/03/02 00:00

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:陽治 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近読んだなかで、最も刺激的な本だった。現在の日本がどうして現在のような国になったのかを理解できる。矢野氏の編集した別の本も注文して読み始めている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

丹念な資料集めと分析

2015/08/26 15:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さんぴん - この投稿者のレビュー一覧を見る

とんでも本ともその筋の人には言われそうなタイトルだが、多少偏りはあるものの基本的には資料に忠実に戦後日本の歴史、国連あたりの絡みから基地・原発の関連性をあぶりだし、非常に説得力がある。買い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本から出発しよう。

2016/06/28 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:魚太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「原子力村」と同じように「安保村」がある。日米合同委員会で、官僚たちが日本国憲法よりも上位に位置する「安保法体系」に忠誠を誓っている。これを壊そうとする政治家は失脚させられたという過去がある。なんという国か。暗澹たる気持ちで、無力感を抱かずにはいられない。しかし筆者は絶望していない。「戦後世界において巨大な帝国に占領され、主権を失った国が、主権を回復するための『唯一無二のセオリー』」があり、それは「憲法を自分たちの手で書き、それにもとづき占領軍を撤退させる。」ことであり、「それしかない」と言う。「『この改正憲法の施行後、外国の軍事基地、軍隊、施設は、国内のいかなる場所においても許可されない』この条文を一行、憲法に書き込むことができれば、それでゲームセット。この長い長い戦後の対米従属の物語と、米軍と日本の支配層が一体化した安保村の歴史も、終わりを迎えることになる」と述べている。確かに、それしかないだろう。ただその道のりは、あまりに果てしなく遠いように、私には思われる。しかし…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こういう事だったのか

2016/01/31 19:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bookman - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本のタイトルに惹きつけられて購入しました。こういう事だったのかと、初めて合点がいきました。この本が増刷を重ねているのはいいことです。この事実を知った一人一人がこれからどうするか、これからは、それが問われることになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えるヒントになります

2015/11/02 08:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シログルミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者が以前の著作「本土の人間は知らないが、沖縄の人はみんな知っていること」で提言したことをより詳細に検討している。具体的な提言にあふれており、沖縄というか日本の政治状況を考えるには格好の一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一級の素材、だが肝心の料理人の腕が・・・

2016/12/29 02:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なぜ沖縄の米軍基地は返還されないのか、そして、3.11では福島の過酷原発事故がありまだ帰宅できない避難民が大勢いるのに性懲りもなく全国の原発を再稼働させるために躍起になっているminionがなぜ日本の立法、行政、司法を牛耳っているのか、これらの二つには、実は日本を支配する「同じ」ダークな力学(「特別」な法体系)が働いていることを証明しようとした、野心的な本である。ただし、本書結末にある、米軍撤退をできなくさせてしまっているのは、憲法9条2項のせいだ、と結論付けているところは、完全に論理の飛躍であり、著者は、米国の密約の論理、つまり国連憲章の敵国条項が外されない理由における論理のすり替えに絡め取られてしまっている。このあたりは大変残念で、竜頭蛇尾と断言せざるを得ない。本書の第2弾の「日本はなぜ、「戦争のできる国」になったのか」ではこのあたりの論旨は若干弱まっているが、多くの読者からの批判もあったからなのであろう。護憲には、本書とまた異なる意味の戦略もあるし、米軍撤退も、「琉球独立」のような、別のアプローチもありうるのである。
 それでも本書は一読の価値がある。つまりそれは、我々日本人は昭和27年のサンフランシスコ講和条約以降約65年にわたって日本は主権国家として返り咲いていると公式的には教えられてはいるものの、本当のところは「日本はいまだに米国に実効支配(占領)されている」という点なのである。日本の指導層minionの親玉であるAnunnakiは、米国である。しかし日本の「領民」はそれを「知らされていない」、ということが一番の問題なのだ。読者にその事実を伝えるべく、著者は、戦後日米間で交わされた外交文書群、締結された条約類を詳細にかつ分かりやすく読み解いている。既知の事柄ばかりであるが、一挙に並べられると壮観であり、圧倒的であり、アメリカの日本に対する底知れない支配欲を実感できる資料ばかりなのである。類書に白井聡の「永続敗戦論」等もあるが、これより、外交資料関係に関しては見通し良く解説されているのである。素材は一級なのである。惜しむらくは料理人の腕が仕上げを台無しにしている。
 戦後統治政策上日本の軍部完全解体を当初目指したGHQが、憲法草案に戦争放棄条項を盛り込ませたが、これはダンバートン・オークス提案を引き写したものであった。しかし戦後レジームは、米ソ冷戦構造によって世界を二分する抗争が繰り広げられるようになり、敗戦により平和志向の強くなった日本の国民感情に反して、平和憲法を押し付けたアメリカ自身は、理想主義的な世界平和論をあっさり捨て去って、極東アジアの反共陣営の橋頭保として日本を利用しようと考え、戦争ゲームを延々と繰り返すことになった。従って、占領統治終結にあたり締結した「平和条約」と安保条約はワンセットなのである。軍事的な実効支配については、日本の国民感情に受け入れられそうもない部分は、密約という形をとり、政権が交代しても、その関係を維持するための記憶装置として、日米合同委員会を設け、記憶の増強を図る。原子力政策に関しても、日米原子力協定が、安保条約の原子力版なのだ。密約という裏の外交に関しては、昭和天皇も「沖縄メッセージ」等で数々の大きな役割を果たした...これらの素材を元に、平和な未来を築くために、読者一人一人が、考えを深めるのが望ましい。本書はそのきっかけになりうるであろう。しかし、著者の主張の鵜呑みにするのはちょっと危険である。読者は心するように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/27 13:14

投稿元:ブクログ

矢部さんは、孫崎享さんの『戦後史の正体』などの「戦後再発見双書」を立ち上げた人で、本書はその中に入れてもよかったのではないかと思うが、本書で、沖縄の基地と原発がやめられない原因は同じ、アメリカが超法規的に日本に君臨しているからだという論を展開している。沖縄の普天間が住宅密集地にあることはよく知られているが、そこにある米軍家族住宅地の上を米軍機は飛んで行かないことになっているらしい。それは当たり前で、アメリカ本土でも基地のそばに住宅地があれば軍用機はその上を迂回するらしい。つまり、アメリカは自国では民主主義、日本では帝国主義をふりかざしているのである。なんということだろう。本書では、戦後史における天皇の政治的役割が述べられている。これは豊下楢彦さんの『昭和天皇・マッカーサー会見』(岩波現代文庫)の成果を踏まえているが、戦争遂行に深く関わった天皇が戦後の日本の歩みに関わらないはずはない。それより、ぼくにとってよりショックだったのは、いわゆる最初の安保条約が、日本を守ると言うより、日本の再軍備を警戒するためのものだったということである。日本に向けてのものだったということである。(それだけドイツや日本の再軍備は恐れられていたのだ)それは、国際連合が中国の言うように「連合国」であり戦勝国を中心として結成され、ドイツ、日本などは「敵国」としてその憲章の外に置かれたことである。ドイツに対してはやがて「敵国」条項がとれるが、日本は今もそのままだということである。また、矢部さんによれば、日本国憲法はまさにアメリカによって与えられたものであり、それは当時の、国連に権力を集中し、軍事行動は国連軍が一手に引き受けるという世界の理想を代表したものであったが、その理想は冷戦の開始とともに葬り去られ、ただ、その過渡的措置であった米軍の駐留だけが続いているということである。白井聡さんのいう『永続敗戦論』である。(ぼくは永続敗戦否認論と言うべきだと思うが)2014年末の選挙では、沖縄の基地撤去派がすべて当選するという結果になった。日本政府はいつまで、東西ドイツ、南北朝鮮のような状態を、沖縄と本土の間に続けるつもりなのか。

2015/06/07 13:46

投稿元:ブクログ

歴史じゃ習わない日本の秘密について書かれた本。
沖縄の基地問題に地元住民や日本政府が口出し出来ないことや首都圏周辺に設定された横田空域がなぜ存在できるかについて書かれている。その本質は憲法を含む国内法全体より安保条約が優越する統治行為論を認めてしまっていること。憲法よりアメリカの言うことの方が強いなんてびっくりだし、それが現在も続いている。そのような憲法になった歴史についても書かれており勉強になった。

2016/07/16 22:02

投稿元:ブクログ

読んでいて何度怒りに震えたか、
知らないところで、どれほど勝手なことをされ、
それらの政治家を崇め奉る記述のみが教科書で語られる。

2016/08/10 23:37

投稿元:ブクログ

沖縄の基地問題と、原発再稼働、安保問題などなど、2010年代の問題点の原因を一冊でまとめて理解できます。
右か左かレッテルを貼って攻撃したり、「国益」かどうかで判断しようとすることの無意味さがよくわかります。

「天皇陛下がこう考えているのだから尊重すべき」と言いながら、自分の解釈を強いる行為がこれからどんどん起きることが予想されます。

今、読んでおくべき一冊でしょう。

2014/12/09 10:56

投稿元:ブクログ

本書のタイトルはまさになぜと思っていることだ。

原発事故の結果、ドイツやイタリアでは原発廃止が決まったのに、当事国である日本では再稼働が始まろうとしている。

戦後70年経つのに、米軍基地はなぜ撤退しないのか、沖縄の基地問題はなぜ進展しないのか、

鳩山首相はなぜタイ人に追い込まれたのか、小沢一郎はなぜ失脚させられたのか、

東京もう沖縄も全く同じ、占領軍が在日米軍と看板をかけ変えただけ。

Google、昭和天皇広島巡幸

戦後ヨーロッパでは敗戦国の王室はすべて廃止された、

本当は憲法をより大切な日米地位協定入門、
米軍機は、日本全国で低空飛行訓練をすることで、いつでも日本中の原発を爆撃できるオプションを持っている。

在日米軍基地と憲法9条二項、国連憲章敵国条項の問題は密接にリンクしている。

日本国内で有事、つまり戦争状態になったとアメリカが判断した瞬間、自衛隊は在日米軍の指揮下に入ることが密約で合意されている。

長い長い戦後の対米従属の物語と、米軍と日本の支配層が一体化した安保村の歴史、

2014/12/09 18:06

投稿元:ブクログ

沖縄県普天間基地の移設問題が注目されているが、実は米軍基地の存在が問題になるのはそれだけではない。首都である東京上空ですら、米軍が独占的に使用する広大な横田空域が設定され、日本の飛行機は日本の空を自由に飛ぶことができない。また米軍は協定上では日本国内の「いかなる場所へも」展開できる。つまり日本は到底独立国家の体をなしていないのだという事実。国連(United Nationを「国際連合」と訳しているのは詭弁で、実際は「連合国」である)では日本だけが敵国条項から外されていない。アメリカに次ぐ多額の供出金を払っているのにもかかわらず。

つまり未だ日本はアメリカの事実上占領下にある。そして悲しいことに政治家も官僚も自らの保身のために、それをよしとしているのだ。したがってアメリカがその必要性を失うまでは絶対に「基地」はなくならないし、同じく「原発」もなくならない。これが「美しい日本を取り戻す」と言っている連中の正体である。

ほとんど絶望しか残らない内容だが、これを知ることから始めないと仕方が無い。恐ろしい本である。

2016/04/13 23:07

投稿元:ブクログ

彼はたぶん心情左翼で内田樹と同じ民主党改め民進党支持者なのであろう。天皇陛下を軽んじる記述から私はそのように判断した。それでも読み終えることができたのは、やはり知らない事実がたくさん書かれていたためで、勉強になることは確かである。
http://sessendo.blogspot.jp/2016/04/blog-post_73.html

2015/01/25 16:16

投稿元:ブクログ

プロモーション用のPDFを読み出したら、結局書籍を買ってしまうというマーケティング戦略に負けてしまった一冊w でもベストセラーだけあって、とても面白く、そして怖く読む事ができたました。タイトルの通りの疑問をストレートに分からせてくれるし、日本という国の構造的欠陥を目の前に突きつけられます。

この手の書籍って著者の偏った結論を押し付けられることが多いけどそういうこともなく、陰謀論的な議論の飛躍もあまり感じられるとても落ち着いて読めます。大人の方はぜひ読んでみてください。おすすめ(2014.1.10ごろ読了)

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む