サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 芸術・アート
  4. 邸宅美術館の誘惑 アートコレクターの息づかいを感じる至福の空間

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

邸宅美術館の誘惑 アートコレクターの息づかいを感じる至福の空間
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/24
  • 出版社: 集英社
  • サイズ:21cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-781553-5
  • 国内送料無料
ガイド

紙の本

邸宅美術館の誘惑 アートコレクターの息づかいを感じる至福の空間

著者 朽木 ゆり子 (著)

世界有数のアートコレクターの邸宅で往時のままにコレクションが楽しめる“邸宅美術館”。ヨーロッパとアメリカから珠玉の15館を選び、収集の歴史や主な作品を丁寧な解説と美しいカ...

もっと見る

邸宅美術館の誘惑 アートコレクターの息づかいを感じる至福の空間

2,052(税込)

ポイント :19pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界有数のアートコレクターの邸宅で往時のままにコレクションが楽しめる“邸宅美術館”。ヨーロッパとアメリカから珠玉の15館を選び、収集の歴史や主な作品を丁寧な解説と美しいカラー写真で紹介する。地図&ガイドも収録。【「TRC MARC」の商品解説】

『フェルメール全点踏破の旅』の朽木ゆり子最新作。世界有数のアートコレクターの邸宅で往時のままにコレクションが楽しめる“邸宅美術館"。欧州と北米から珠玉の15軒を丁寧な解説と美しい写真で紹介。


【商品解説】

著者紹介

朽木 ゆり子

略歴
〈朽木ゆり子〉東京生まれ。国際基督教大学大学院行政学修士課程修了。コロンビア大学大学院博士課程にて学ぶ。美術ジャーナリスト、ノンフィクション作家。著書に「盗まれたフェルメール」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

こんな美術館があったんだ

2015/08/09 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ベルギー、フランスの美術館ならこれまでに行く機会があったはずなのにまだ行っていない。
特にアントワープは何度もチャンスがあったはず。
次の機会にはぜひ訪問したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

行きたくなります

2015/05/10 11:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はる - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書では、「特徴あるコレクション、物語のあるコレクター、美しいセッティングという三点」(5頁)を基準に選ばれた、欧米15館の邸宅美術館が写真つきで紹介されています。各館夫々に、収蔵されている美術品を集め、展示位置にまで拘って自宅に飾り、美術館として遺したコレクターたちの美意識と主張がこめられていて、憧れずにはいられません。特に米国の4館は、今まで米国本土へ行きたいと思ったことがないにも関わらず、これらの美術館のためだけでも米国へ行く価値があると思わせてくれました。若干ピントの甘い写真があるのが残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/13 00:58

投稿元:ブクログ

15邸の美術館の紹介。いつか行ってみたい夢のような場所だ!特にアントワープの天使の飛んでいるマイヤー・ヴァン・デン・ベルク美術館に行きたい。この本はとても分かりやすく説明されていたが、あともう少し写真のページがあれば、なかなか行けない者にとってありがたいのにと思った。

2016/04/02 14:43

投稿元:ブクログ

いったことがあるのは、フリックと、モルガン図書館&美術館のみです。

フィリップスは、最近ずっと気にしていて、とってもいってみたい美術館でした。他にも、たくさんいくところができてしまいました。

2014/10/29 22:28

投稿元:ブクログ

行く予定は、永遠に訪れそうにないので読んで楽しむ。

集英社のPR
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-781553-5&mode=1

2015/05/16 22:39

投稿元:ブクログ

どこも行ってみたくなる。
内部の写真が結構載っているのだが、有名作品はもちろん、観たことのない有名画家の作品が写っていて興味深い。
借りた本だけど、購入を検討。

美術館 ランキング

美術館のランキングをご紹介します一覧を見る