サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. クラウドを支える技術 データセンターサイズのマシン設計法入門

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

クラウドを支える技術 データセンターサイズのマシン設計法入門
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/18
  • 出版社: 技術評論社
  • サイズ:21cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7741-6730-5
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

クラウドを支える技術 データセンターサイズのマシン設計法入門 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

著者 ルイス・アンドレ・バロッソ (著),ジミー・クライダラス (著),ウルス・ヘルツル (著),Hisa Ando (訳)

インターネットサービスを提供する「倉庫サイズのコンピュータ(WSC)」。そのアーキテクチャの概要をはじめ、設計で考慮すべき主要素、運用、コスト構造、そして運用するソフトウ...

もっと見る

クラウドを支える技術 データセンターサイズのマシン設計法入門 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

2,786(税込)

ポイント :25pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

インターネットサービスを提供する「倉庫サイズのコンピュータ(WSC)」。そのアーキテクチャの概要をはじめ、設計で考慮すべき主要素、運用、コスト構造、そして運用するソフトウェアの特性などを解説する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ルイス・アンドレ・バロッソ

略歴
〈ルイス・アンドレ・バロッソ〉コンピュータ工学の博士号、電気工学の学士と修士号を取得。GoogleのFellow。
〈ジミー・クライダラス〉GoogleのデータセンターエンジニアリングのDistinguished Engineer。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/10/07 21:26

投稿元:ブクログ

以下Blog(http://opcdiary.net/?p=28847)より転記。

いわば、Googleの中の人たちによって書かれたWSC(Warehouse Scale Computer)と呼ばれるようなクラウドデータセンターの設計方法について、マシンここの部品の選定から、ソフトウェアの役割、ネットワーク設計、電源、冷却装置の設計に至るまで一通り網羅されている。有名なThe Datacenter as a Computer 第二版の翻訳である。原著は以下のURLよりPDF版を入手することが出来る。

http://www.morganclaypool.com/doi/abs/10.2200/S00516ED2V01Y201306CAC024

長い京のことについて書かれた訳者後書きのことは忘れることにして、とりあえず、時間がある程度たってしまったけれどもThe Datacenter as a Computerがこうして日本語として読めることになったことは喜ばしい。

野次馬的興味で読み始めても良いが、普段我々の多くはクラウドを作ったり運営する側ではなく、消費する側ではあると思うが、マイクロプロセッサのアーキテクチャへの理解がプログラミングの技量を向上させるように、クラウドデータセンターという1台のコンピューターのアーキテクチャへの理解がクラウドを使用したシステム開発の技量を向上させるはずだ。従って、データーセンターの構築運営側だけでなく、クラウドを使用する側のプログラマやITPro、企業でIT戦略を決定される方々にも是非読んでほしい。10年代の半ばを過ぎ、20年代に向けて本書がIT技術者の基礎教養の一つになるはずである。

ただし、本書の内容はあくまでも本書が書かれた2013年時点のことだ。ネットワークの構築技術は本書から現状はさらに進んでいるはずだし、ストレージの関係も変わってきているし、本書ではXeon(DP)のAtomに対する有利性が強調されているが、来年以降本当にそのように言えるだろうか。あくまでも本書を読んで満足するのではなく、ここをきっかけに「今」がどうであるのか知ろうとする努力も忘れてはだめだろう。

2014/11/09 16:26

投稿元:ブクログ

クラウドの実態が見える本。

クラウドを支える技術について、物理的な面を中心に解説されています。

全体通して普段意識しない部分が解説されているので面白く読めました。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4773304.html

2014/11/09 21:31

投稿元:ブクログ

1章から3章は大規模インフラに対応したアプリアーキの話だが、ややあっさりした書き方で、アプリアーキ側の話を期待した人にはやや物足りないかと思う。同じWEB+DB PRESSの本で、この辺をもっと詳しく説明している本もあったはず。

一方で、4章以降のまさしく物理的なデータセンタ基盤の話は非常に有益。いわゆる「ITインフラ」の本でも、サーバやネットワークまでで、その下のラックや電源、空調といったところまではあまり書いてくれないもの。この本は、基本的なコンポーネントや最近のトレンド、さらにはコストや信頼性の考え方など、データセンターを手配するにあたっての基礎的な内容を学ぶことができる。

いわゆるインフラアーキテクトの人はまず読んでおくべき。もしかしたら、データセンターの調達や運用に関わる人にとって有益かもしれない。

2014/11/23 01:17

投稿元:ブクログ

大規模データセンタ(クラウドコンピューティング)の内部的なお話。おおまかな設計からコスト面での考慮事項、機器故障とうまくやっていく方法など。

この分野は他の書籍もほとんど出てないので、結構新鮮な内容。
「京」の話として、いわゆるデータセンタとスーパーコンピュータに求められるものの違いについても書かれており、こちらも面白かった。

少しだけ気になったのは、引用している文献がちょっと古いものも散見されたこと。なかなか公開される統計データが無いので、そこはしょうがないことかもしれませんが。

パソコン ランキング

パソコンのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む