サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う(文春新書)
粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う(文春新書) 粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う(文春新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/10/20
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春新書
  • サイズ:18cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660984-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う (文春新書)

著者 中垣 俊之 (著)

脳も神経もなく、形を様々に変えたかと思えば、生物学上の分類さえ融通無碍の粘菌。イグ・ノーベル賞受賞研究者が、迷路を解き、発達した交通網をも独自に作り上げる粘菌の「単純にみ...

もっと見る

粘菌 偉大なる単細胞が人類を救う (文春新書)

788(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

脳も神経もなく、形を様々に変えたかと思えば、生物学上の分類さえ融通無碍の粘菌。イグ・ノーベル賞受賞研究者が、迷路を解き、発達した交通網をも独自に作り上げる粘菌の「単純にみえて賢い」思考と生態を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

単細胞で脳も神経もなく、大きさも性別も、生物学上の分類さえ融通無碍な生物・粘菌。その粘菌が人間でも難しい迷路を解き、現代の発達した交通網をも独自に作り上げてしまう。単細胞生物でありながら、どこまでも賢い。その賢さはどこからやってくるのか。

日々複雑怪奇な思考に挑んでいるようで、実はヒトがいつしか忘れがちな「単純に見えて賢い思考のプロセス」を、今こそ粘菌に学ぶべし。「人びとを笑わせ、そして考えさせる研究」に贈られるイグ・ノーベル賞を2度も受賞した著者が、粘菌の生態と秘密、そして生物の秩序づくりのしくみを明らかに。現代社会をもチクリと風刺する知的興奮あふれる1冊。【商品解説】

著者紹介

中垣 俊之

略歴
〈中垣俊之〉1963年愛知県生まれ。名古屋大学人間情報学研究科博士課程修了。北海道大学電子科学研究所教授。2008年、2010年にイグ・ノーベル賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2014/11/23 15:58

投稿元:ブクログ

これからは粘菌を見習って自立分散型でいくべきだ、と後輩に力説してしまった。
組織のあり方にも当てはまると思った。

2015/01/06 08:55

投稿元:ブクログ

新年最初におすすめする一冊は、単細胞生物である粘菌の知性に迫る
一冊、『粘菌』です。著者の中垣俊之氏は、粘菌の研究者で北大の教
授。粘菌の研究で「人々を笑わせ考えさせる研究」を讃えるイグ・ノ
ーベル賞を二回も受賞したという強者です。

森の中や落ち葉の下にいて、意外と身近な存在の粘菌は、実に不思議
な生き物で、昔から研究者達の心を捉えてきました。奇人で有名な南
方熊楠が、終生の研究対象としていたことでもよく知られています。

この粘菌に迷路を解かせてみると、ちゃんと最短経路で解いてしまう
ということを著者達は発見します。脳も神経細胞も持たない単細胞生
物の粘菌に、なぜそんな「知的」な振る舞いが可能なのか。

著者達の研究によれば、どうやら粘菌の「知性」は、富士山を三角形
と捉えるような大雑把な認識能力(「一次近似を粗くとる」)と、中
枢でコントロールしない「自律分散方式」に秘密があるようです。た
ったこれだけで、意外と早く迷路を解くような問題解決ができてしま
う。おまけに、この「知性」は、突然起こった環境変動に対しても自
在に適応できる「動的最適化」の能力も備えているのです。単細胞生
物にこれだけのことができるなんて驚きですが、逆に言えば、単純だ
からこそ、そこにはあらゆる生命に共通する「賢さの原型」のような
ものがあるとも言える。そういう原型的なものに触れることができる
のが、粘菌研究の面白さだということが本書を読むとよくわかります。

知性だけでなく、不安定性の中から秩序が立ち上がっていく仕組みな
ど、粘菌から教えられることはとても多いのです。そういう粘菌と四
半世紀以上付き合ってきた著者は、人はもっと粘菌に学ぶべきではな
いかという思いで、研究を続けていると言います。実際、「一次近似
を粗くとる」ような、大局をつかむ知性のあり方を保持するのは、プ
ロの研究者として実はとても大切なこと。ともすれば、自分の専門分
野になればなるほど、より細かい部分での間違いに気が行ってしまい、
前提にあるアイデアや現象そのものを否定したくなってしまうのです
が、それでは新しい見方やアイデアは生まれない。まずは一次近似の
レベルで、大きな方向性として意義が見出せれば、相槌を打つ。そう
いう肯定的な態度を保つことが、いかに知的に高度な技なのかを述べ
ているのですが、これは、研究者のみならず、人が生きていく上で、
とても大切な心構えですよね。

粘菌に関する記述より、こういう著者の述懐の部分のほうが、実は面
白く、ためになりました。特に、プロの研究者として生きていながら、
イグ・ノーベル賞のような、いわばキワモノ的な賞でしか自分達の研
究が評価されてこなかった悩みや惑いを率直に打ち明けつつ、それで
も学問をすることの意義や喜びを語る姿勢には打たれました。所詮、
人の評価なんて水物。世の風潮に捉われず、「100年後の科学者に
とっても意味のある仕事とは何だろう」���自問しながら、生きる。そ
ういう大局的な生き方をすることの大切さを本書は教えてくれます。

粘菌という単細胞生物の生き様を紹介しつつ、人の生き様や物の見方
にまで思いを馳せさせてくれる好著です。是非、読んでみてください。

=====================================================

▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

=====================================================

誰かの論文を読んで思わずうなることがあれば、それがたとえ10
0年前のものであっても、著者に共感を覚えずにいられません。そ
れならば、自分の論文を100年後の誰かが共感を持ってうなって
くれるかもしれません。そう考えると、力が湧いてきました。もは
や世の風潮に捉われる必要はない。逆に100年後の科学者にとっ
ても意味がある仕事とは何だろうと自問するようになったのです。

学問の面白さというのは、究極的には「人と共感する」ところにあ
るのではないかと思っています。

どんな学問にも、どこかで何か全く違うところにいた人と共感でき
る瞬間があるものです。そういう時に「あぁ生きていて良かった」
とか「一人じゃなかった」という感じがします。学問は、人間の孤
独を癒す慰めだというような気がするのです。

粘菌の例が示したように、「単純イコール浅慮」ではなく、「いけ
てる単純さ」もありえるのです。粘菌の単純な行動則は、見事な問
題解決法です。数億年にわたる進化の賜物といえましょう。この世
の生きとし生けるものの成り立ちについて、根源的な共通性を示唆
するかのようではありませんか。

粘菌は生物材料として世界中で使われていますから、粘菌のネット
ワークは誰もが見ていたものです。この皆がいつも見ているものに
対して、「粘菌はあちこちの餌場所をどれほど機能的につないでい
るか」という問いかけを提示しました。そうすることで、これまで
皆がただ漫然と見てきたものに、「意味」が生じました。新しい問
いかけが、ただそれだけのものを「意味あるもの」に変えました。

問いかけがあってはじめて答えを探す——。問と答えの順序は多く
の人がそう思いがちですが、必ずしもそうではありません。粘菌の
エサ経路に関しては、すでに答えは目の前にあって、実はそれが一
体どんな問いかけの答えなのかを見つけたのだといえます。つまり、
適切な「問」を発見したわけです。

一般に学ぶとは、「自分自身が今いる世界から外へ出る」ことだと
思われます。その本質とは自分の限界を超克することですから、自
ら進んで困難に立ち向かう強い気持ちが必要です。好奇心や冒険心
をはじめとして、不屈の闘志が、そして独善をしりぞける謙虚さ
(これを持てる人は本当にたくましい)も必要です。ですから学ぶ
という作業は、予想以上に消耗の激しいものです。心身ともに疲労
します。
しかし、その苦しさの後に訪れるであろう、「ああ、わかって楽し
い」とか、「世界観が広がって愉快だ」とか、「人間に対する理解
が深まってしば���コトバを失った」とか、そんな風に世の中の景色
が違って見えること、それが学ぶことのご褒美です。この時はじめ
て、自分が以前いた世界の外に出たことが、つまりもっと広い世界
の中に入れたことがわかります。こういう風に自分自身の足跡を喜
べる心のあり方、これが学びの駆動力ともなり、幸福感をもたらし
てくれます。これは「知的感受性」とでも呼ぶべきものと思います。

科学では、よく「観察」をします。観察することの本態とは、「何
かを見ること」ではなくて、「何を見たらよいか気づくこと」です。

観察対象のことを、自分はよく「わかっている」と思うと、どうも
よくありません。好奇心が低下してしまうのでしょう。新しいこと
に向かう脳活動が高まらなくなってしまうからかもしれません。
「不思議だなあ」、「なんだろうなあ」、「どういうことだろうな
あ」、という心のあり方が肝要です。そうしていると、脳は何かを
探し出してきて、私たちに教えてくれます。「気づく」とは、脳が
無意識のうちに見つけ出したことが意識に上がってくることです。

科学の最前線で踏み出される始めの一歩もこれと同じように、何や
ら見てくれは良くないし、常識はずれであったりすることが多いよ
うです。何もかもがきちんとしているわけではありませんから、や
すやすと批判されます。食い違う部分をあえて積極的に無視して、
大きい方向性を想定することができなければ、肯定的な意義付けは
できません。細部ばかり目がいくと、全体の方向性などというもの
はなかなか意識できません。必要に応じて物事を粗く見るというの
は、非常に高度な知的能力なのです。

相手の意見に異議を述べることはそれほど難しくありません。新し
いアイデアを表現しようとしているのなら、なおさらです。「それ
はちょっと違う」と思うことは大抵あります。しかし、常に一次近
似の粗さで捉えて、まずそのことに相槌を打ちたいものです。実は、
これがたいそう高度な技なのです。そういう相槌で話は弾みだしま
す。その了解の上でなら、二次近似のレベルで率直な議論をしても
大丈夫。一次近似のレベルで十分面白いとお互いに了解し合えてい
れば、その後の議論は安定します。

この世界の不思議について、科学は小声で語りかけてきます。何を
意味するのか、すぐには解せないことばで。

一般的に単純なルールに基づいて物事を時間発展させると、思いも
よらない複雑さや驚異的な秩序が現れることがあります。逆に、一
見摩訶不思議な挙動をとことん突き詰めていくと、すこぶる単純な
からくりに帰着することもまた知られています。

「宇宙万有は無尽なり。ただし人すでに心あり。心ある以上は心の
能うだけの楽しみを宇宙より取る。宇宙の幾分を化しておのれの心
の楽しみとす。これを智と称することかと思う」(南方熊楠)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●[2]編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━��━━━━━━

年末にインフルエンザにかかってしまい、寝込みました。40度の
熱が出て身体が動かず、もうただ寝るだけの日々。一体、どれだけ
眠るのだろうというくらい眠った年の瀬で、方々にご迷惑をかけて
はしまいましたが、心身を休める上では、良い時間となりました。

どうやら身体が動くようになってから、障子の張り替えをしました。
子どもがすぐに破いてしまうことを嫌った妻が、障子は全て取り去
っていたのですが、破れたら張り替えればいいじゃないかと思い直
し、今年は張り替えることにしたのです。恥ずかしながら、実家を
出て以来、障子を張り替えるのは初めてでした。

子どもの頃、母親が張り替えるのは見ていたんですよね。なので、
子ども時代の記憶を辿りつつ、わからない部分はネットに頼って、
張り替えに挑戦。なかなかピンと張れず、いまいちの仕上がりでし
たが、それでも、張り替えたばかりの障子を立てるのは、本当に気
持ちが良いものですね。紙一枚なのに、新鮮で気持ちの良い空間を
しつらえてしまう障子の力に、改めて感じ入りました。

で、障子を張り替えた翌日。小二の娘が、泣き叫んでいます。何事
かと思って問いただすと、「ゴメンなさい」と言うではないですか。
何がゴメンなのかと聞いてみると、障子を破いてしまったと教えて
くれました。掃除をしている時、ぶつけて破いてしまったようです。

あーぁと思いましたが、「ゴメンなさい」と娘が泣いていることの
ほうが嬉しかったです。障子の張り替えを手伝ってくれていたので、
またあの作業をやり直させるのだということに申し訳なさを感じた
のでしょう。物の背後にあるものを知ることが、物を大切にする気
持ちを育てるのですね。障子を張り直すのは手間ですが、手間の持
つ教育効果を考えると、手間を惜しんではいけないんだなと改めて
娘に教えられた気分です。

ちなみに、障子紙を買いにホームセンターに行って驚いたのは、プ
ラスチックの障子紙が売っていたことです。破けないのが売りのよ
うですが、こういうのは、どうなんでしょうねぇ。

2014/11/05 20:25

投稿元:ブクログ

もっと違う題名付けてたらいい本なのに残念。粘菌について知りたかったから購入したのに、読み終わってみて結局粘菌が何なのかさっぱりわからないまま。題名に騙された感。

2015/03/23 17:38

投稿元:ブクログ

別に粘菌が人類を救うということではなく、中央集権的やり方一辺倒ではない、自律分散的(=粘菌的)やり方でも良いのではないか、という提言である。

粘菌の不思議さは、ある意味フラクタルなのかもしれないが、例えば成り行きで整備された首都圏や北海道の鉄道網が、粘菌に作らせた道管網と極めて似ているというように、単純な行動規則により人為的な成果が説明できてしまうことにある。

この本の後半は粘菌についてというよりは、著者が長年の研究活動を通じて体得した人生訓について語られていて、それが非常に興味深い。いわく、適切な問いをすること、ものごとを一時近似で的確に大づかみする、物事は(原理的に)コントロールできない、など。納得。

2014/11/02 17:48

投稿元:ブクログ

発想とはシンプルこそ面白く深い,を地でいく.単細胞に原始的知性を追う点こそ鍵.こういうシンプルで深遠な発想を追い求めたいもの.

2014/12/04 23:55

投稿元:ブクログ

粘菌の研究でイグノーベル賞を2度受賞した作者による、一般向けのエッセイ的新書。
粘菌の説明、粘菌が迷路を解く、粘菌が東京の鉄道網を作る、など、楽しい独創的な研究にページをめくる手も進みました。
イグノーベル賞受賞時の話は、受賞した人にしか描けないキラキラした輝きと、そして爆笑。  
粘菌を通して人間の存在にまでは話は広がります。
はじめは笑いあり、最後は粘菌と科学に対する作者の思いに、「うるっ」とくる本でした。

2014/11/17 09:12

投稿元:ブクログ

ここのところ何か生物で割と珍しい分野のものを読んでいた。気持ちが疲れてくるときにはこういうのはよく効く。私にとっての何か大切なものがあるとよさそうと思う

2014/12/01 00:36

投稿元:ブクログ

副題「人類を救う」という部分は遊んでるのだろうけれど、中身は堂々とした科学読本であり、知的興奮に満ちている。粘菌の鉄道網設計や、粘菌のためらい、の章の面白さは突筆もの。イグ・ノーベル賞受賞の顛末は、他では読めない話でもあり、興味深く読んだ。

2014/10/17 15:23

投稿元:ブクログ

【粘菌の知恵に、今こそヒトは学ぶべき!】単細胞生物と侮るなかれ。複雑な迷路を解く粘菌の賢さに学ぶべし。イグ・ノーベル賞受賞研究者が贈る、粘菌に学ぶ情報処理の極意。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む